ベースの3フィンガーをギタリストに教えてみた

3フィンガーの実験

 

強い力が必要に思われそうなベース。

やたら難しいイメージがありそうな3フィンガー。

自分を含めその認識をなるべく変えていきたいもの。

 

友人のギタリストが遊びに来た為、ちょっと実験に付き合ってもらいました。

 

意識してもらったことは以下の三点。

 

①薬指は持ち上げて使おうとしないこと

②弦の触れてはいけないポイントを知る

③弦の丸みを利用して指を使う

 

これを伝えて実践してみてもらってみたところ、ま~、びっくり。

いくらギターやってるからって、いきなりあんなに指が動くとは思いませんでした。

 

音がカスッカスということもありません。

しっかり低音も音程感も出てて驚き。

弾いてる本人もまさかの手応えだった様子。

 

想像以上の結果に教えた自分も手応えを実感した次第。

 

【スポンサーリンク】

 

 

①薬指は持ち上げて使おうとしないこと

 

個人的な問題か?

それとも生物的な問題なのか?

 

その真相は分かりませんが、実は一番弱い指、動かしづらい指は薬指なんじゃないかと自分は認識している部分があります。

 

ピアノを構えるようにして指を置いてみると分かりやすいかもしれません。

この状態で薬指だけを持ち上げようとするのは実に困難。

小指の方がよほどに自由が利く印象。

 

つまりは薬指を必死に持ち上げようとしたり、振りかぶった反動を利用して弾こうとするのはかなり無謀なことなんじゃないかと。

 

だったらもう下に落とす力、素早く握ろうとする力などに集中した方が話は早い。

 

「それが出来ないから苦労する!」なんてツッコミもありそうですが、『じゃんけん』ができれば問題ありません。

 

あんな一瞬で5本の指をコントロールしてるんだから大丈夫。

指で数をあらわす行為も当たり前のように皆やっているはず。

 

だから本当、いきなり難しく考えたり一生懸命に使おうなんてせず、まず指の動かし方を認識、弦を鳴らすことに意識を持って行くべきだと考えました。

 

それをより強く実感するためにも指が弦に触れている状態からスタート。

そこから力を加えて弦を振動させることに集中してみるべき。

 

②弦の触れてはいけないポイントを知る

 

これはちょっと説明が難しいところ。

縦振動のタッチの実践にも絡んできそうなポイント。

 

要約すると、

 

・弦を持ち上げない

・弦を横に引っぱらない

・指を遠回りさせない

 

こんな感じになるかな?

 

欲しいサウンドに対して指が触れるべき場所を間違っている、力を入れる方向を誤っている、そんな点に気を付けてもらう趣旨。

 

弦の抵抗を強く受けてしまうと難易度は一気にアップ。

3フィンガーの実践はかなり難しくなっていってしまいます。

 

その課題を手っ取り早くクリアーしてもらう為、

 

「ここには触れるな!」

 

と教えてみました。

 

分かりやすく言うと、

 

『ピック弾きのアップ時に当たる面』

 

これかな?

 

そこに頑張って力を加えても弦を横に引っぱるだけになってしまいがち。

もっと効率良く弦を押しこむ方法を伝えてみることに。

 

③弦の丸みを利用して指を使う

 

これも②と強く繋がりのあるポイント。

 

・引っぱりすぎ

・たわみすぎ

・暴れすぎ

 

弦の扱いの多くがこうなってしまう為、そこに注意してもらった次第。

 

このあたりの課題について分かりやすく伝えようと思って出した結論が、

 

『弦の丸みを利用』

 

これになります。

弦の抵抗をもろに受けようとするのではなく、弦を利用して指を加速させる感じ。

 

太い音、力強い音を出そうとした場合、ついつい乱暴に弾いてしまいがちですが、意外と音程感がなかったり、ベチベチと情けなく潰れた響きだけが強調されてしまうから難しい。

 

それを防ぐため①~③までを意識、指をいつまでもひっかけてしまうのではなく弦の丸みを利用、指がスムーズに離れるように弾いてもらうことに。

 

【スポンサーリンク】
 

 

音は太くなり指は速く楽に動く

 

冒頭でも伝えた通り、結果はびっくりです。

 

本人の経験と感覚が優れているのも当然あるだろうけど、いきなりあんな3フィンガーができるものなのかと驚き。

 

人間、ちょっと認識を変えるだけで急成長することも可能なのかもしれません。

目の前でああやって見せられると色々考えさせられるものがありました。

 

・太い音を出す

・速く弾く

 

相反するようで意外とそうでもなく感じたり、実はやるべきことも目指すことも同じに思えたり、そのあたりが興味深い。

 

実際、自分の場合、

 

「音を太くしようとしてたら速くもなってた」

 

この実感ありますもんね。

 

脱力や体の使い方、弦への認識など、そういったことを考えていくと共通項が数多くあることに気付かされます。

 

矛盾してるようだけど、どうやらそうでもない。

実は繋げていくこともできる、この気付きと発見が本当に楽しい。

 

ギタリストにベースの3フィンガー教えたって大した意味はないだろうけど、見るべき点、論ずるべき点はそこではないかなと。

 

指弾きをしない人間でも太い音を出し、速く動かすことができた事実。

その意味は絶対にあったと考える次第。

 

いや本当、非常に有意義な実験でした。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com


www.pompombass.com

 

www.pompombass.com