ジラウドの新ジャズベースが超良かったらどうしよう!?

ジラウドの新作?

 

以前から話だけは聞いていた新型のジャズベース。

これの登場で今までの価値観がひっくり返ってしまうのだろうかと注目しています。

 

と言っても恐らく、見た目はそのまんま普通のジャズベ。

ジョイントもディープジョイントではなくノーマル仕様。

要するにフェンダースタイルのそれ。

 

「なんでわざわざ?」

 

と逆に不思議になるジャズベが登場しそうだから面白い。

 

予測される美味しさ

 

その新型ジャズベースの何が凄いか?

 

・デッドポイントがない

・ボディがめちゃくちゃ鳴る

・個体差によるバラつきが少なくなる

 

こういう感じかと想像しています。

 

ジラウドベースの中でも特にそういった面に優れているのが、J-BASSとブラッククラウドだと自分は考えるところ。

 

「どのベースであれエージングされてこそ」という面においては変わりないとも言えそうですが、新品時から高次元のバランスを有している楽器なのは間違いありません。

 

このあたり、なかなか他のベースでは真似のできない領域にあると感じます。

 

フェンダースタイルをディープジョイントにしたメビウスシリーズも素晴らしいベースである一方、その安定感やバランスの良さという面から考えるとやはり、J-BASSとブラッククラウドに勝る楽器はないと認識。

 

まさに完璧なベースと言えます。

 

そんな素晴らしいJ-BASSやブラッククラウドですら、もしかしたらおびやかされてしまう可能性があるのが、新型ジャズベースの恐怖とポテンシャル。

 

・ディープジョイントじゃないのに最高の鳴り

・普通のジャズベにしか見えないのに完璧なバランスとサスティーン

 

いやほんと、こんなことが有り得るのだろうかと戦々恐々。

知ってる人なら余計にひっくり返っちゃいそうな話ではないかと。

 

このアレンジを施すことでJ-BASSやブラッククラウドがより完璧で最高になるのか?

それともノーマルのジャズベースでも十分な結果になってしまうのか?

 

さすがなブッ飛ばしっぷりだとわくわくしてしまいます。

 

やっぱりジラウドはいつでも新鮮

 

「ここに来てまだ進化するの!?」

 

どこまでもびっくりさせられますね。

 

過去の製品だっていずれ劣らぬ化け物ばかり。

シリアル001のジラウドベースを持っている自分が身を持って知っています。

 

でも、そこで止まらないのがジラウドの凄さ。

 

さらに踏みこんでしまうのか、まだまだやれることがあるのか、いつだってそのクオリティに驚かされ、新鮮な発見があるから素晴らしい。

 

変わらぬ良さと頑固さがありながら、常に前に進んでいこうとするその姿勢に脱帽するしかありません。

 

物欲をガンガン刺激されてしまうという意味では非常によろしくないところでもありますが、ま~、こればっかりはね~?

 

一生使えるであろう良いものを知れば当然欲しくなってしまいますし、変に脇道に反れるぐらいだったらドカン!と一発行ってしまうのも正解。

 

真面目な話、新型が超良かったらどうしようかってなっちゃいますね。

 

ただでさえ4弦に惹かれつつあるのを感じているわたくし。

超弾きやすくて超軽くて超良い4弦が目の前にあったりしたらマジであかんです。

 

いや本当、おっかな楽しみ!

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】