ベースと速弾き (13) ミディアムスケールの効果を実感

ベースと速弾き (13)

 

History SZP-2M

 

先日、格安で手に入れたミディアムスケールのプレベ。

 

デフォだとかなり弾きづらい面が多かった為、自分なりにあれこれ調整。

結果、別物なぐらいに弾きやすくなって一安心。

 

何はともあれ、まずはセットアップ。

楽器の価格や仕様に関係なく、やるべきことはやった方が良い。

 

入手当初は正直、違和感の方が勝っていましたが、だいぶ良い感じです。

 

そしてやはり、慣れてくると色々と気付かされることがありますね。

速弾きに対して大きな効果を望めるのも間違いありません。

特に指を広げる必要がある場合など、その差を強く実感。

 

当たり前のようだけど現実問題、違うものは違うってことだなと。

良くも悪くも、いつもとは確実に感覚が異なります。

 

実験動画

 

たとえば、3フレットから7フレットまで指を届かせるとか、そういうフレーズと場面。

ま~、こんなに違うものかとビックリしましたね。

 

試しにスウィープっぽく動画を撮ってみました。

 

www.youtube.com

 

こういうフレーズを弾くとなると、圧倒的に楽な印象があります。

必死こいて左手を伸ばそうとしなくてもいいって感じ。

 

その意味では、1フレット1フィンガーのフィンガリングなども、その印象がかなり変わりましたね。

 

Cメジャースケールを3弦の3フレットから始めるとなると、通常のスケールでは指を広げる意識をする必要性を感じます。

 

それがミディアムスケールなら、かなりスムーズに自然におさまってくれることに。

 

これも試しに動画を撮ってみました。

 

www.youtube.com

 

最後のは完全に悪ふざけですが、ローポジションからハイポジションまで上がるのもとにかく楽。

 

あまりに近くなったように感じたり、フレットの感覚も狭い為、逆に違和感があるのも正直な話だけれど、これに完全にハマっちゃう人がいても何もおかしくないと思います。

 

試す価値ありますね。

短いスケールの世界もやっぱり面白い。

 

左手への影響だけではない世界

 

「スケールを短くする」

 

と言うと、左手の方にばかり意識が行ってしまいがち。

実際、その効果を実感していますし、何も間違いではありません。

 

一方、右手の方への影響も見逃せないのがスケールの変更。

 

弦の張り具合も振幅も変わるのだから、それ専用の感覚を身に付けるべきなのではないかと思うところ。

 

単純な話、でっかいものを細かく小さく動かすってのはやっぱり、ちょっと難しいような気がしてきちゃいますね。

 

短いスケールのベースでドーン!と大きく長く音を出すってのは条件的に不利そうですが、その逆を考えてみれば良い面もいっぱいあるように感じます。

 

低音弦側に張りを求めるのは確かに分かる話。

しかしその影響で高音弦が過剰に張りつめてしまうのも考えもの。

 

そのあたりの考慮か、低い方と高い方でスケールの異なるベースなどもありますが、あれって気持ち分かりますよね。

 

単純に大型化すればいいってもんじゃないし、長くするほどベースは良くなるってわけじゃないことを示した存在だと感じます。

 

完全に好みの領域の話だけど、短くすることでいい感じの発音になるような、タイミングもおさまりも良くなるような、そういう印象もあって面白いですね。

 

ただ単に楽を求めるってだけの問題ではない、非常に奥深い世界がある。

 

これはほんと、弾いてみた方が話が早いでしょう。

この場では速弾きな方向性でおすすめしてるようですが、そうでない面から見ても発見があるはず。

 

今さらなようですが、33インチを愛用する人が増えている理由が分かったような気がします。

 

プレイアビリティを求めるだけではない感覚、それならではの世界が存在するという、そこにハマってしまうのだろうと想像。

 

速弾きにおけるベースの音色、その美味しさを求める意味でも、あえてスケールを短くするのは興味深い方向性かもしれません。

 

また新たな楽しみが見つかった気分です。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】