ミディアムスケールのベースでやりたい事・やってみたい事

ミディアムスケールのベース

 

ブリッジの交換 弦の裏通し

 

「張りを出す」

「締まった音が欲しい」

「鳴りを良くしたい」

 

こういった効果を狙うであろう弦の裏通し。

 

ただ、個人的にはその点に過度な期待はしていません。

 

それよりも、

 

「普通の弦を張りたい」

 

これを目的に裏通しにしたいところ。

 

短いスケールのベースの問題点は、この画像を見てもらえると分かりやすいでしょう。

通常の弦を張ると太い部分まで巻きつけることになってしまう為、それがいただけないわけです。

 

f:id:bakibakibass:20181011224432j:plain

 

ミディアムスケール用の弦を買えばいいってツッコミもありそうですが、選択肢がとにかく少ないから嫌なんですよね。

 

過剰に太くても細くても困るし、できることなら慣れた太さであってほしい。

いつもの弦をそのまま張れるのであれば、それが一番無難で嬉しいなと。

 

まぁ、この解決するために裏通しにするというのもなんだか変な話ですが、鳴りや張りに対するメリットにも一応の期待をするとして、これが方法としてベストかなって気がします。

 

裏通しの穴にしても駒に超接近してる位置にあるのでは困りますし、そのあたりを考慮したブリッジの取り付けもしたいところ。

 

PUは直線タイプの1PUにしたい

 

「直線タイプ」という言葉が適切かどうかはともかく、ジャズベタイプやミュージックマンタイプなど、一直線になっているものにしたいかと思いました。

 

要するにプレベタイプ、スプリットスタイルのPUではない方が良さそうかなと。

 

先日手に入れたヒストリーのプレベ。

非常に巧みなダウンサイジングだと感心した次第。

 

一方、弾いててなんとなく違和感があったのは、低音弦と高音弦側の音の違い。

 

プレベの構造上、仕方のないことなんですが、ミディアムスケールだとその違和感がちょっと強めに出るような、そんな印象がありました。

 

PU自体はフルサイズのものと同様のサイズの為、もしかしたらその分だけブリッジの方に近付いてしまうことになるのかもしれませんね。

 

断定、拒絶をするほどの違和感ではないけれど、バランスを良くする意味ではやはり、直線タイプのPUの方が理にかなってるんじゃないかと感じます。

 

サイズが小さくなる分、大きいPUを二つ付けちゃうとザグリばかりになっちゃいそうだし、やるなら1PU、もしくはシングルコイルでJJでしょうね。

 

音がボヤけるのを回避する意味では、より干渉が少ないであろう1PUにしたいかな?

オールラウンドとかバリエーションを狙うより、そっちの方が良さげ。

 

ヘッドの軽量化・小型化

 

フェンダーの音からは遠ざかってしまう可能性も高いですが、自分としてはよりバランスが良くて扱いやすい方を歓迎したいですね。

 

フェンダースタイルでペグも大きく重い場合、やっぱりヘッド落ちしたり、弾いてて違和感があっていまいちな印象。

 

慣れの問題ってのもあるとは思いますが、それで放置もしたくない部分だなと。

 

ヘッド側の干渉を露骨に受けてしまうのも困るし、それでデッドポイントが発生してしまうのはいただけない。

 

このあたりについては、ネックそのものの強度や様々な要因が考えられるのも確かだけれど、なるべく設計の段階で良い方向にクリアしたい問題でもあります。

 

ジョイントの方も含め、やりたいことが色々存在してますね。

 

やっぱり面白いミディアムスケール

 

自分のわがままの期待通りと言いますか、なかなか良い感じの手応えを感じるミディアムスケール。

 

誤解を承知で言うならば、

 

『中途半端』

 

これが非常に魅力的。

 

「何言ってんだ?」って話なようですが、絶妙に半端で使える面白いベースってのがないものなので、逆にそこに光るものを感じてしまったり。

 

自分の中で完成されたベース、理想形ってもう、ジラウドしかないと決定してます。

これだけ理にかなってて納得もできる存在は他にありません。

 

音楽的な意味でも経済的な意味でも、賢く生きるのであれば他を探す意味も必要もない。

 

しかしまずいことに自分、

 

『幼稚なオタク』

 

これなんですよね。

 

時にはギターっぽくなりたかったり、めっちゃくちゃ速く弾いてみたくなったり、地味に尽くすだけのベースは嫌だとか、そんなチンケなものを抱えてしまっています。

 

そこにすら応えてくれるのがジラウドベース懐の広さ、想像を絶する自由度でもありますし、実際、10年近く弾いていても飽きません。

 

ただ、残念ながら6弦ベースは製作してないのが痛い。

スケールの変更をお願いするのも気が引けてしまうのが正直な話。

 

まぁ、ジラウドに限った話ではなく、これやろうと思ったらフルオーダーしかないんですが、その現実がちょっと寂しく感じてもしまうわけですね。

 

5弦ベースの完璧な解答は見つかったけれど、6弦ベース、コンパクトなベースの答えはまだ分かっていません。

 

中学時代から続く未練、その答えがほしいというのもありますし、ミディアムスケールで何かをしたいなぁとずっと考えてる次第です。

 

33インチも30インチもなんか違うんですよね。

欲しいのはやっぱり、32インチのミディアムスケール。

 

それでガツン!と来たら最高。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】