楽器に愛着を持たなかった話・ベースを買い替えまくって出た結論

楽器と愛着

 

音色を楽器側に依存していた

 

「こいつが最高!」

「もう次はいらない!」

 

こんなのを何回繰り返してきたことか、思い返すと青くなるわたくし。

メインにしたつもりが二年と持たないのが当たり前。

本当にそんな人間でした。

 

それも今考えてみると、

 

『音作りは楽器頼み』

 

これをやっていたからなんだろうと猛省します。

 

要するに、「自分の手で音を生み出す!」という姿勢ではないんですね。

その肝心の部分を楽器側の方に丸投げ、依存しようとしていた結果がそれだったのかなと。

 

これの何がまずいって、

 

『飽きたら終わり』

 

気分の問題でめっちゃくちゃブレやすくなってしまうから怖い。

 

・音が悪いのは全て楽器側のせいにする

・常に音にも楽器にも不満を感じている

・創意工夫というものがどこにもない

 

大げさではなくこんな状態。

 

元々、「楽器は道具」と割り切るタイプである自分。

それもあってか、長く弾いた一本というのがまったくなかった。

 

そのあたりについても今考えてみると、

 

『自分の音へのこだわりがなかった』

 

これを表しているんでしょうね。

だからすぐ手放しちゃうし、育てる気もなかったんだろうなと。

 

「武器を持ったら強くなった気になっちゃう!」

 

こういう感じだったんでしょう。

 

それが証拠に、「何を弾いても俺の音になる!」みたいな自信なんかこれっぽっちもありませんでした。

 

常に迷いっぱなしな癖にオタクな知識はあるから機材にはうるさい。

それが中途半端に分かってるからまたコンプレックスを抱いたり、自虐的にもなっていたという面倒くささ。

 

楽器探しに終わりが見えない時期がとにかく長かった。

あれこれ手を出して迷走しまくりです。

 

上達した分だけ良い音がする楽器

 

ジラウドのブラッククラウドの入手。

これで旅が一つ終わった実感があります。

 

このブログで何度も繰り返し話してきたこと、振り返ったこと。

だからこそ、まだまだ語れてしまいますね。

 

来年で十年かな?

まぎれもなく最長の愛機です。

 

このベースの何が魅力って、

 

『弾いたまま音が出る』

 

そんな馬鹿正直さが最高に良い。

情け容赦なく下手なところも粗さも再生してしまいます。

 

こんなことを言うと、

 

「音楽的じゃない!」

「そんな解像度は必要ない!」

「ベースらしくない!」

 

こんなツッコミも聴こえてきそうですかね?

 

確かにそう言いたくなる気持ちも分かります。

実用的で扱いやすいのはもっと普通の楽器かもしれません。

 

ただ、その考え方ばかりするのもちょっと良い子ちゃん的で物足りない。

「会社組織のために己を犠牲に」みたいな感じが嫌だなと。

 

その方が良い結果が出るのが分かりきっている、期待に貢献できるとしても、つまらない意地を張りたくなってしまう、不相応な領域にもついつい焦がれてしまう。

 

フルチューンブラッククラウドの何が良いか?魅力か?

 

「上手くなりてぇ!」

 

この欲望に全力で応えてくれるということですね。

 

EQをカットしていけばスタンダードな音も出せるし、めちゃくちゃバランスの良い扱いやすいベースにすることもできるのも強みの一つではあります。

 

でも、それだけじゃやっぱり退屈になってしまう。

プレイヤーのエゴ丸出しの部分まで受け入れてくれるのが素晴らしい。

 

良い音は出ないのは誰のせいか?何のせいか?

 

『自分のせい』

 

はっきり割り切れるから楽でいい。

 

落ち着いた音を出すのも嫌われる音を鳴らすのも選択するのは自分。

ローファイだろうが超ハイファイだろうが思いのまま。

だから難しくて楽しくて飽きない。

 

その有り得ないぐらいの自由度がたまりません。

 

こういう感覚がある楽器って本当に今まで出会ったことがありませんでしたね。

上達すればするほど良い音が出せるようになる。

 

つまりは、

 

『買い替える意味も必要もない』

 

上を見るなら自分を高めるしかありません。

 

良い音が出る楽器を探すのではなく、自分の成長が分かる楽器。

これを見つけられればそれこそ、一生付き合っていける可能性もあります。

 

積み重ねが分かる楽器、自分に返ってくる楽器って素晴らしい。

 

さすがに愛着が芽生えた

 

自分で言うのもなんですが、10年同じ楽器を弾いてるって考えられませんでした。 

 

楽器は弾きこむほど音が良くなる、いわゆる『エージング』をこの上なく実感できた意味でも特別な存在です。

 

楽器に愛着とか持たない方でしたが、さすがにここまで来ると違いますね。

 

弾いたそのままの音がするということを考えると、

 

『自分の音も弾き方も好きになる』

 

これに繋がるから、ま~、弾いてて楽しいですよ。

やっぱり、そこを否定しちゃったらどうにもなりませんからね。

 

「エゴを捨てろ!音楽とバンドのために尽くせ!」みたいな考え方も分かるんですが、それを受け入れるにはまだ自分は未熟すぎ、青臭く若いってことなんでしょう。

 

たとえ、もっと上手く聴こえる楽器があったり、馴染みやすいものを弾く方が賢く音楽的だったとしても、自分は自分の好きな楽器を弾いていたい。

 

楽器側に丸投げして依存するみたいなのも終わりにしたい。

それをやってしまうと一生楽器探しに困り続けることになりそうなタイプなので懲りました。

 

楽器選びに困った場合、自分が上手く聴こえるものを探すのはいったんやめて、

 

「数年後に凄い良い音がしそうだ!」

 

と可能性を感じるものを手に入れることを意識してみるのは本当におすすめ。

 

ずっと同じ良い音がしてくれるものを選ぶのではなく、自分の成長と共にあるだろう一本を見つけてみようということですね。

 

自分が下手に聴こえるかもしれない楽器、周りの評判も悪化してしまう楽器を買うことにもなりそうな、ちょっとおかしな話でもあります。

 

でも、100人が弾いて100人それぞれの音がするって超面白いですよ。

 

自分の音が欲しい、自分の手でつくりたいと願うならば、それに応えてくれる楽器を見つけると絶対変わります。

 

自分の音、その楽器の音にすぐ飽きちゃう、不満を感じて別に乗り換えたくなるという、これを何十年も続けていくのは不毛極まりない。

 

新しい楽器を買うのって確かに楽しいです。

いつだってワクワクしてしまうのも分かります。

気分新たにモチベーションも上がるというのもめっちゃ理解できます。

 

だからこそ、薄~い付き合いで終わっちゃう楽器選びは推奨できません。

 

楽器の強烈な癖や個性を取りこみ、完全に自分と一体化してるなら何も言うことはありません。

「他は有り得ない!」というぐらいに気に入った一本を持ち、それで勝負するのは最高に格好いい。

 

一方、音づくりを完全に楽器側に依存、自信も楽しみもなく悩んでいるなら、それは考え直した方がいい。

 

自分の音も弾き方も好きになれていない可能性が高い。

だから愛着が持てない、あっさり放棄してしまうのではないかと考える次第。

 

正直言うと、飽き性で愛着も薄い人間なのは変わってないかもしれないわたくし。

そんなやつでも10年使える楽器がある、さすがに意識が変わってきたという事実。

 

せっかく手に入れた楽器と未熟ながらも手に入れつつある音。

やっぱり大事にしたいし育てたいですよね。

お金が欲しいからとあっさり手放せるものではありません。

 

まさに財産!

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】