失敗したベース選び 失敗しない・失敗したくないなら原因を把握する

失敗を恐れるならばこそ

 

ダメージを恐れるあまり、

 

「失敗したくない・・」

 

こういう方向で考えてもしまいがちな楽器選び。

 

でも、これというのはちょっと後ろ向きな姿勢ですよね。

一生の愛機になるかもしれない存在を選ぶのに、リスクばかりを意識するのも寂しい話。

 

そこで今回、

 

『明確な失敗』

 

実体験からこれを語りたいと思います。

これを把握しておけばそれだけ失敗の確立も減るはず。

 

ゆえに、

 

「失敗したくない・・」

 

こう意識する必要も減るでしょう。

より前向きに好きな楽器を手に入れることができるようになるんじゃないかと。

 

 

失敗したベース選び

 

めっちゃ重い

 

これは本当にアカンです。

どんなに音が良くても実用外になってしまいます。

 

でも、買う時はそんなこと考えなかったりするから恐ろしい。

 

「ちょっと重いけど・・・」

「慣れれば大丈夫だろ!」

「この音にはかえられない!」

 

こう思うものなんですよね。

 

で、慣れた結果どうなるか?

 

「どうにもならない」

 

これに気付きます。

全然大丈夫でもなんでもありません。

 

心が折れます。

 

「ストラップを良いものにすれば!」とか考えるのもお約束。

しかし、悪あがきしても現実も事実も変わりません。

 

『重い物は重い』

 

弾力のある人工素材系のストラップとか良いだろって手を出しましたが、重すぎる楽器だと変に伸びちゃって逆に弾きづらくなって参りました。

 

じゃあ、本革製の良いやつにしてみるかと買ってみたら、そのストラップ自体もけっこう重くてさらに重量が増すなんてこともあります。

 

自分が持っていた最重量のベースは6kg。

ケースと小物と全部含めて10kgオーバーの荷物になっていた時期もありました。

 

試奏の際に怖いのは『移動』についてを見逃してしまうこと。

徒歩移動が多い場合、あまりに重いとその時間が地獄と化します。

 

車移動が主、スタッフに任せちゃうなんてことができる人ならまだしも、全部一人が基本であるならば、常にリスク・デメリットと隣り合わせ。

 

体力・筋力に自信がないんじゃおすすめできません。

 

自分の基準で言うと、5kgオーバーはそれだけでアウトですね。

現実的なところで、4.5kg以内。

贅沢を望むのであれば、3kg台で済めばそれが一番かなと。

 

小さすぎる・軽すぎる

 

前項とは一転、これも問題あり。

要するに、あんまり極端な方向に行っちゃうと駄目なんですよね。

 

楽器って人間が弾くものです。

バランスを無視してるとか、人体の構造を無視など、条件的に良いはずがありません。

 

たとえば、低音弦側のボディホーンが極端に短いものには注意。

 

1フレットが遠く感じる、腕を変に伸ばす必要がある印象を受けるなら、それは弾きやすい楽器とは言えない可能性が高い。

 

小型なほど楽かと言うと、やはりそう単純な話ではない。

 

体に全然フィットしない、腕から何からまったく安定しないなど、それじゃ楽になるどころか負担が増えてしまいます。

 

・楽器がフラフラするから支えないといけない

・無理にでも固定しないと弾きづらくて仕方ない

・根本的にしっくり来るポジションがない

 

これで楽になるわけがありません。

 

いざ大型の楽器を弾いた際に、

 

「すげぇ安心する!」

 

こんなんじゃ本末転倒。

 

どんなに軽くても小型でも、それが利点になるとは限りません。

実際に弾くことが考慮されてないのであれば、楽器として優れてるとは言えない。

 

音がスカスカすぎて使いものにならないようなら論外。

前回の失敗を活かそうと極端な方向に行くのも考えものです。

 

【スポンサーリンク】

 

 

木目で買う

 

これもやっちゃいましたね~。

そして見事に手放しました。

 

「トラ目バリバリだ!」

「これ絶対最高!」

「良いに決まってる!」

 

このパターンで特に怖いのはネック。

状態が安定しているものを選ばないと悲惨です。

 

実際、ぐにゃぐにゃに捻じれて曲がって、どうにもならなくなった個体に当たったことがあります。

 

これはまぁ、木目に限らずの話でもありますが、そのあたりをすっ飛ばして判断してしまう可能性があるから、木目に惹かれるって厄介なんですよね。

 

前述の重量についてもそうですが、その場のノリと憧れだけで決める感じになると、冷静になった時に凄いリスクを抱えてることに気付くはめにもなるから怖い。

 

音的な面を考えた場合、薄っぺらくてしかも軽い木をトップに貼るとか、その合理性と目的はどこにあるのかと疑問になります。

 

硬質で目の詰まった材を厚めに貼るのならともかく、接着剤と合わせた余計な層が生まれることになるとか、ちょっと勘弁というものではないかと。

 

木目に限らず、珍しい材料、木工を駆使した構造など、このあたりを売りにしているものには気を付けた方が無難でしょう。

 

ケンスミスやMTDなど、長年のノウハウが蓄積されて実績もある工房ならともかく、「テキトーに豪華にしときゃいいんだろ?」って感じにごちゃごちゃさせてるようなものは危険。

 

『楽器は楽器』

『絵画や宝石ではない』

 

この意識が大事。

そういうのが好きなら完全に割り切った方が良い。

 

見た目はどうでもいいって話ではありません。

ステージパフォーマンスの核になるなら凄く健全。

それこそブッ飛んだ変形とか潔くて格好良い。

 

問題なのは何のメリットもない木目重視みたいなの姿勢。

こればかり気になるようであれば、好みの方向性が相当おかしくなってると考えた方がいい。

 

ツマミが無駄に沢山ある

 

これもありがちでしょう。

 

売り文句にもよくあります。

 

「ジャンルを選ばない」

「多彩な音作りが可能」

「オールラウンド!」

 

多機能な楽器のお約束ではないかと。

 

でもこれって思うんですよ。

それを真に決めるのは、

 

『 自分 』

 

なんでも弾けるかどうかは楽器に委ねるものじゃない。

プレベ一本だってロックでもジャズでもイケるんだから核心部はそこじゃない。

 

『絶対使える音』

 

これが一つあるかどうかが楽器選びの最重要ポイントだと考えます。

 

その魅力が全然ない、肝心の芯がぼやけてるんじゃ何をやっても無駄。

 

ツマミをいじっても、エフェクターを通しても、アンプ側で頑張っても、大本がしけてるんじゃどうにもなりません。

 

「アクティブ・パッシブ切り替え可能!」

「シリーズ・パラレル・シングル切り替え可能!」

「3バンドEQ+帯域の変更可能!」

 

こういうに惹かれるのも分かりますし、実際にバリバリ使いこなせるなら問題ありません。

 

一方、自信がないとか保険のつもりで手に入れると、迷いばかりが生まれてどうにもならなくなる可能性が高い。

 

下手すると、作ってる側がそんな感じに迷いまくってる可能性もある為、音を出して何やってもピンと来ない楽器はやめた方が無難ですね。

 

ツマミの数や多機能で解決できる問題ではありません。

100使えない音があるより、たった一つ使える音があれば良い。

  

いつか使うはず

 

これも典型ですかね~?

気持ちすごい分かりますよね。

 

そして大体において、

 

『使わない』

 

これで終わっちゃうから実に悲しい。

 

よっぽど惚れこんだ素敵な楽器、それを使う場面があるとか、積極的にその場面をつくっていくなんてことでもない限り、他に欲しいものが出てきた時に高確率で手放します。

 

サブの楽器を用意しておこうとか、微妙な違いがあるから両方使い分けようとか、大体は上手くいかないですよね。

 

と言うか、必要性がない。

同じスタイルの楽器を複数所有していたって結局、弾けるのは一本。

 

備えあれば憂いなしってのは大事ですが、明らかに過剰な備えに苦心するというのは疑問が湧くところ。

 

大枚犠牲にするのはもちろん、それを管理していく手間も増えるとなると、まぁやっぱり、心折れてしまうのがオチかなと。

 

確かに、なんでもカッチカチに目的重視にするのは考えもの。

遊びがない楽器選びは堅苦しくつまらないないのも事実。

 

しかし、消費することの快感を得るために楽器を買うのはどうなのかって話。

衝動的、中毒症状のように楽器が欲しくなるのは要注意と言えるでしょう。

 

そこに自問自答や罪悪感があるようなら尚更ですね。

悪い癖だと思いつつ買ってしまうのはかなりの重症。

 

絶対に来ない

 

『いつか』

 

これのために時間もお金も犠牲にするのはよろしくありません。

 

「お!」

「安い!」

「欲しい!」

「買った!」

 

「売るわ・・・」

 

この無限ループも本当に不毛。

 

毎日のネットサーフィン、物色は本当に中毒になります。

楽しくて好きなだけに、実は凄く怖いものだと痛感する次第。

 

【スポンサーリンク】

 

 

オーダーメイド

 

一見は最高の選択肢。

しかし、無限地獄になりかねないのがこれ。

 

ほぼフルオーダーで3本作ったことがありますが、諸事情も含め、現在は全て手放しています。

 

これの何が怖いって、

 

「もっとこうしたい!」

 

この欲が出てきてしまうことですね。

 

最初はマジで「最高!」と思うんですよ。

これ以上はない、まさに俺の為の楽器だって。

周囲の評判も良ければ有頂天というもの。

 

しかし、どこまでも欲深いのが人間という生き物です。

 

上を見過ぎていつしか、

 

「物足りない・・」

 

こう不満を感じるようになってしまうんです。

 

例に挙げるのは不謹慎か、お角違いというものかもしれませんが、たとえばアンソニー・ジャクソン。

 

あの人のフォデラのコントラバスギターとか、何回変わってるんでしょうね?

 

10年以上は使ってるであろう最終形にしても、結局は新型に持ち替えてしまいましたし、ま~、本当にとんでもない話だと思います。

 

どこまでも自己の理想を追い求める姿勢が素晴らしいのは確か。

生涯をかけて挑み、誰も真似できない高みに到達している偉大な音楽家。

それだけの実績があるのも間違いない事実。

 

一方、どれだけの時間をかけたのか、財産が必要になったのか?

そのあたりを冷静に考えてみると、恐ろしいものが見えてきそうですよね。

 

それを追及してるからこそのアンソニー。

支持する人、協力してくれる人、出資してくれる人などもいるのかもしれません。

 

でも、そうでない無力な個人の場合、仕事や信頼の積み重ねにはならない可能性の方が高い。

それこそ100万単位、1,000万単位での犠牲が必要になる可能性もあるわけですね。

 

まぁ、これはちょっと極論じみてますが、オーダーメイドの歓喜と絶望、恐怖を味わったことがあるオタクな身から言うに、手放しではおすすめできない面があるのは確か。

 

目的も曖昧、お金の使い方も下手という場合、この道はかなりリスキーです。

 

実際に楽器店の中古査定で言われたこと。

 

「個人のオーダー品はねぇ・・」

「特殊だからなぁ・・・」

 

「需要ないんですよね」

 

元が何十万だろうが店に売ると5万円かそれ以下の見積もりでした。

 

物にもよりますが、本当にこういうことがあります。

と言うか事実、あったんです。

個人間の売買ができないと手放す時が本当に悲惨。

 

オーダーするならセミオーダーが無難ですね。

フルオーダーにしても基本形をグズグズにするのはそれだけリスキーになる。

 

余程に信頼できる工房、自分の目的に絶対の自信がない限り、難しい世界。

その絶対の自信にしても、それがさらに高まって次に行きたくなるから恐ろしい。

 

フルオーダーは自身の道の果てしない追求。

相当な覚悟か考えなしのダッシュ力、実力が要求されます。

 

「やっぱスタンダードだよな!」のリスク

 

あれこれ疲れると定番に落ち着きたくもなるから面白い。

も~ほんと、この心地よさったらありません。

 

実用的でバンドの評判も良い。

もっと早く弾けば良かったと後悔・歓喜します。

 

ただ、これはこれで落とし穴があると感じるのも本当のところ。

 

何が怖いって、

 

『ハズレを引く』

 

これですね。

 

特に状態に関しては本当に気を付けた方が良い。

 

いくら良い音だと言っても、管理しきれない、根本的にネックが終わってるなど、楽器として致命的です。

 

これについては、楽器店の管理状態の方にも気を付けるべきでしょうね。

実際、新品なのに指板が割れっちゃってるものとか見たことがあります。

 

元からなのか管理の問題かを断定することはできませんが、いずれにせよ、楽器の扱いが悪い信頼できない店で買うことにリスクが伴うのは事実。

 

そんなテキトーな中でもビクともしない頑丈なのを見つけるという、それも量産品から当たりを探す楽しみと醍醐味と言えるかもしれません。

 

まぁでも、普通に考えて茨の道ってもんでしょう。

 

百戦錬磨で自分で調整も管理できる人。

本能的に良い楽器を掴むことまで鍛えられているような人。

そうでもない限り、やる気を感じない店で買うのはおすすめしません。

 

そのあたりをどう判断するか非常に難しい話でもありますが、とりあえず、こちら側とのあまりに遠い距離を感じるような店は避けたいかなと。

 

また、そのままの意味で、

 

『距離が遠い』

 

これに該当するお店は色々辛いものがあります。

 

通うことが困難であれば、近場の良いリペアショップを見つけておくか、自分で調整・管理するしかない。

 

管理・調整不足で名品も失敗作にしてしまう可能性があるから怖い。

 

定番に何か加えたい!

 

これもありがちなパターンかと想像。

 

「定番の良さは分かった!」

「でもちょっとだけアレンジしたい!」

「自分らしくしたい!」

「豪華なポイントが欲しい!」

 

ついついこうしたくなっちゃうんですよね。

 

その結果、つまらない欲を加えて失敗。

イメージしてるものとは違っちゃう、いまいちになるという、実に悲しい流れに。

 

このあたりについては、前述の話もかなり絡んできますね。

 

・弾きやすさ重視

・派手な木目にこだわる

・ツマミがいっぱい

 

こういう要素を加えていくと大抵、よろしくないことになるかなと。

 

・ネックを薄くする

・ジョイントを削る

・配線を複雑にする

・小型のボディにする

・なぜか変な木材にこだわる

 

これってもう、定番じゃなくて別の楽器です。

 

大本がボヤけてしまうと結局、その後が修正不能になってしまう。 

本来欲しかったはずの実用性や力強さがどんどん薄れてしまうと悲惨。

 

そのリスクを取ってでも必要になるのだったら問題ありません。

それもまた一つの完成形と言えます。

 

一方、表面的なことばかりを気にして安易な楽を求めるのはまずい。

大した意味もない主張でリスクとデメリットを抱えるのはよろしくない。

 

定番を自分好みに料理するって本当に難しい。

貧弱化または過剰武装になると大抵は失敗します。

 

アレンジするにしても、

 

『別の何か』

 

これにならない絶妙な塩梅の見極めが勝負ですね。

それか潔くその『別の何か』にしちゃった方が良い。

 

あれもこれも半端に求めると一兎をも得ないことになりがち。

楽器選びとはこの欲望との闘いかもしれません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

頑丈かつ直球は強い

 

淡白なようですが、

 

『道具』

 

これとして優れているかどうか、まずはそこ。

 

芸術性だの個性の追求に行くのも良いけど、根本的に耐久性に難がある、フニャフニャなんじゃ困ります。

 

ここで失敗するともう悲惨。

 

常にストレスとの闘いか、細かいことを一切気にしない大物になるしかない。

その大物なサウンドを出すにしても、頑丈な楽器の方が音に芯が出るかなと。

 

やっぱり、強いネックは強いネックの音がするもの。

スカスカでチープな楽器を長く使うというのは、現実的に見て色々厳しい面があると思います。

 

「うちの楽器使ってください!」とか提供してもらえるような身分ならいいんですけどね。

 

そうじゃないなら、楽器・道具が頑丈なのに越したことはありません。

メンテする必要もなければその手間も出費もいらず、演奏に集中できます。

 

・弱い

・重い

・弾きづらい

・音が悪い

・高い

 

こんなのは問答無用で戦力外通告。

愛着もクソもありません。

次に良いのを買っちゃえばそんなのすぐ忘れます。

 

それどころか、

 

「くそ!もっと早く欲しかった!」

 

こっちに後悔するぐらいのレベル。

 

楽器選びで失敗したくないなら、スタンダード路線が一番分かりやすい。

そして頑丈、軽量、使える音が一つある、これで十分。

 

弾きやすさに関して言えば、自分が上達すればどうにでもなるものか、それとも感覚的に致命的に合わないかどうか、それを判断すればよし。

 

そこで楽な方ばかりに行くと肝心の音に悪影響が出たり、かえって弾きづらく扱いにくいものにもなる可能性があるから要注意。

 

ま~、あれこれ遠回りするのも楽しいし、わくわくするのも確かなんですけどね。

 

本音を言えば、

 

「失敗しまくってこそ」

 

これもあると考えます。

 

ただ、何を買ったらいいか分からない、自分の好みも把握してない、なんとなく消費だけしたいとか、そういう状況でいることが良いとは思えません。

 

ストレス解消、自分へのご褒美だとお金を使う。

飽きたら売って、また新しいの買って、それを延々繰り返す。

 

これは本当、不毛です。

何百万円とベースに使ってきた身だからこそ、負のループは断ち切りたいですね。

 

「もうちょい賢くなった方がいい!

 

「このままだと一生苦しむ事になるぞ!」

 

こう猛省している次第。

油断するとすぐ色々欲しくなってびびります。

 

「そんなの甘い!俺は一千万円使った!」とか、そこだけ強調して自慢するような人がいたら、そりゃあんま相手にしない方がいいかな?

 

結果、何にたどり着いたか? どんな失敗をしてきたか?

それがものすごく曖昧、気分に流されてるだけだったら、寂しい話。

選ぶ楽器の一貫性もない、好みについて話せないようなら、あまりに虚しい。

 

10万円前後ぐらいだって使えるやつはめっちゃ使えるでしょう。

それでタフで弾きやすいんだったら最高。

楽器としてどうケチを付けるのか分かりません。

 

『 直球勝負 』

 

これがやっぱり強いですよね。

好み云々を超えた優れた使える道具。

 

遠回りしたくないなら直球の一本。

そいつをバシバシ弾きまくるのが一番。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】