個性派ベース10本のレポ 記憶に残る強烈さ 試奏だけでも分かるその面白さ

 

【個性派ベースの試奏】

 

所有してきたメイン級のベースは軽く20本以上。

遊びの分を含めれば軽くその倍かそれ以上。

 

試奏については何百本か千本単位で弾いてきたかと思われます。

 

その結果たどり着いたのが、今のジラウドベース。

自分に最も合っている楽器だと確信しています。

 

一方、まったく違うタイプのベースがたま~に欲しくなるのも事実。

それも生半可な違いではなく、極端なぐらいに違うのが良いですね。

そうじゃなきゃ意味がないと認識しています。

 

そこで今回、試奏してきた中でも記憶に残っている一本、いまだにちょっと興味のある楽器について話してみようかと。

 

縁がないであろうだけに惹かれるものがあります。

 

 

個性派ベースの試奏レポ

 

Fodera AJP コントラバスギター

 

アンソニー・ジャクソンが好きだということもありますが、純粋に楽器として興味を惹かれてしまうのも大きいこの楽器。

 

ま~、もはやベースって感じじゃないですよね。

 

『でっかい低いギター』

 

まさにこんな感じ。

 

アコースティックなエレクトリックベース、完成された新種のギターと申しますか、感覚的に本当に別物なところがあります。

 

36インチスケールということもあり、低音弦はグランドピアノみたいなニュアンスも出せるように感じるから面白い。

 

28フレットの指板、高音弦の超ハイポジションとか、もうベース弾いてる感じがしませんし、それでいて力強いサウンドが魅力的。

 

これについては1PUであるのと、その位置が絶妙なのと両方あるんでしょうね。

 

2PUだから良いかと言うと必ずしもそうでもなく、干渉の問題を考えればむしろ不利だったり、そこに粗悪なプリアンプを搭載するのも考えもの。

 

PUからジャックに直結するという、それが本当に意味のあることかと個人的には疑問を抱く面もありますが、でもやっぱり、潔さの面で言えばこれ以上の仕様はないのも確か。

 

自分のタッチで楽器がどうにでも変化するという、その面白さを味わえる意味でこれ以上の楽器はなかなか存在しないでしょう。

 

後、忘れちゃいけないのが、この楽器は意外とヤンチャな音がすること。

 

ゴーン!と弾いたらゴーン!と出るという、これが良い。

 

ピックでガンガン攻めるにも良さそうとか、そういうエレクトリックならではの魅力とか迫力、アコースティックな生々しさがあるから楽しい。

 

いやねぇ、もうちょい安かったら手を出す可能性もありそうなんですけど、ちょ~っと現実的じゃないですよね。

 

今は200万円とかじゃとても届かないのかな?

 

ま、縁のない存在です。

 

F-Bass AC7 7弦フレットレス

 

 一回だけ弾いたことがあるF-BASSの7弦フレットレス。

 

AC6という時点でかなりコアな楽器なのに、その7弦バージョンという、なかなか無茶なことをやってた存在。

 

いやほんと、あれには驚きましたね。

ハイFまであんなに使えるものかと、そのクオリティに驚愕。

 

大体の場合、高音弦は腰砕け。

ピンピンした感じで使いにくいのもお約束。

低音弦との方までバランスを取るのは困難を極まりない印象が強いもの。

 

そんな中、あのAC7はまったくの別物でびっくり。

 

元々、その独自のサウンドとクオリティに定評のあるACシリーズですが、まさか7弦で出してもその魅力あるままとは驚かされました。

 

指板のサイズにもびびりますし、あまりの自由度にわけが分からなくなるのも正直な話ではあるけれど、ま~、なかなかあんな楽器には巡り合えないでしょうね。

 

アンソニー・ジャクソンのコントラバスギターとはまた異なる方向で完成している、アコースティックなエレクトリックベース。

 

エレクトリックでありながら箱物のニュアンスも有している希有な存在。

 

それがさらに、ギター的な音域と世界にまで足を踏み入れるという、もうわけが分からない興奮があったかもしれません。

 

尋常ならざる楽器でした。

 

Citron アコースティック6弦ベース

 

スリークエリートさんでPLEKをお願いする際、めちゃくちゃ気になってしまって弾かせてもらったのがこのベース。 

 

元々、シトロンに強い憧れを持っていた時期もありましたし、良いアコースティックベース、6弦への未練もまだ持っているのが我が身。

 

そんなやつの目の前にこんな楽器があったら、そりゃたまらないわけですよ。

 

「 弾かずに帰れるか!」

 

って感じです。

 

で、ま~、凄い楽器でしたね。

放っておいたらずっと弾いてたであろう、素晴らしい魅力ある存在でした。

 

さっきからアコースティックなニュアンスを持っている楽器の話ばかりしているようですが、前述の通り、多弦とアコースティックベースへの憧れと未練が自分の中にあるゆえでしょうね。

 

アコースティックそのものすぎる場合、ピエゾで貧弱な音がしたり、音が腰砕けになって使いものにならない印象を受けることが多いのですが、さすがにこのクラスになるとちょっとわけが違います。

 

このシトロンの場合、オプションなのかマグネットPUも搭載されていましたし、意外と重量もある印象もあってか、華奢で小綺麗なだけとかそんなものではありませんでした。

 

エレクトリックベースとアコースティックギター、その高度な融合とでも申しますか、なんちゃってで作られたものとは次元が異なります。

 

唯一、弦間ピッチが狭いことだけが懸念事項でしたが、ああなると発想を変えてピックをメインに弾くのもありかなって気もしたり。

 

まぁ、こう言うとスティーブ・スワローまんまのようにも聞こえそうですが、マグネットPUの存在が面白いこともあり、スワローとはまた違った攻撃的なサウンドか、重さを出すのも良さげに感じた次第。

 

いや本当、こういう楽器を日本の工房が出せないものなのかと、いっつも思っちゃうんですよね。

 

アコースティックベースがギターのおまけみたいな感じで作られるのが非常に悲しい。

こんな魅力的な世界があるのに手を出す人がほとんどいないという、それが残念でなりません。

 

シトロンはやはり、魅力溢れるベースです。

なんと言いますか、我が道行く独特の器の大きさを感じます。

 

Status オールグラファイト ヘッドレス6弦ベース

 

アコースティックな流れから一転、これほど人工的でエレクトリックなベースもないだろうという存在。

 

自分が弾いたのはしかもオールグラファイトだったかな?

木の温かみもクソもない楽器でした。

 

しかしま~、だからこそ魅力がありましたね。

こんな方向に進化するものなのかとワクワクしてしまう何かがある。

 

ひたすら音の活きが良く、濁りのない主張が素晴らしい。

好き嫌いがハッキリ分かれるだろうけど、自分的には『有り』

 

ライブでこんな頼れる存在もないだろうってぐらいな印象。

 

と、テンション上がる一方でそのメリットを冷静に考えると、これがまた実に興味深かったりします。

 

やっぱり、6弦ってその時点で色々無理があるんだなって思いましたね。

大きなヘッドがあってそこにペグが6個。

これが絶対避けられないストレスって相当なものなのかもしれません。

 

いざヘッドレスの6弦を弾いたらマジでビックリしました。

 

とにかく音の均一感とバランスが素晴らしい。

多弦においてこの心配事がなくなるだけでもそのメリットは計り知れません。

 

「こ、こんな楽なの!?」

 

大袈裟ではなく驚愕のレベルで実感できます。

 

音的な好みの違いがあったとしても、身体的なことを考慮した場合、それすら帳消しにするぐらいの魅力が備わっているように感じました。

 

いくら多弦が好きだ、6弦にも慣れてて問題ないとは言うても、やっぱり現実は厳しいみたいですね。

 

洗練され無駄を排除した楽器がいかに快適か、軽量で実用的、合理性に特化させたものがいかに道具として優れているか、それを思い知らされた次第。

 

ただ、なんでしょう?

 

こう言ってばかりだといかにも「冷たい」とか「味気ない」みたいな印象で占められてしまいそうですが、昔のグラファイトとは違うってことなのかな?

 

なんだか空気感があるような、軽量ゆえの鳴りっぷりの良さがあるような、そんな印象も受けるのが面白かったですね。

 

ギッシリ詰まってるのか実は空洞なのかとか全然知らないけど、食わず嫌いは良くないことだと思わせるポテンシャルがあるのは確か。

 

せっかくなら、食ってから徹底的に嫌うべし。

本当に面白い楽器でしたよこれ。

 

MTD 7弦ベース

 

18~19歳ぐらいの時だったかな?

楽器フェアか何かで初めて弾いて驚愕したのを覚えています。

 

当時、6kg以上あるクソ重い6弦を弾いていたのもありますし、PUからプリから何から、発展途上な印象が強かったんですよね。

 

まだ全然弾き方も分からなかったし、親指の付け根や手首も痛めたり、けっこう散々な思いをしながら6弦を弾いていた記憶が強いです。

 

そんな中、MTDの7弦のあの弾きやすさにはマジでひっくり返りましたね。

 

「6弦より弾きやすい!?」

 

本気でこう思いましたもん。

 

全音域タイトでバランス良いし、弾いててめちゃくちゃ楽。

綺麗でお上品なのではなく、パンチも十分。

 

そして何より、

 

『 軽い 』

 

これがとにかくショック。

 

「ベースは重い方が良い!」

 

当時、こうやって思いこんでたのもあるし、それもあって我慢して6kgの6弦を弾いていたんですが、いやほんと、価値観も世界も一変って感じです。

 

今でもたぶん、MTDより優れた7弦って存在しないんじゃないですかね~?

それぐらい別格と言うか、好み云々を超越したクオリティを有していた印象。

 

あれは色々な意味でインパクトありました。

 

21フレットモデルがあったらオーダーしていた可能性もありますし、実際、見積もりをお願いしていた時期もあるのがここだけの話。

 

本当に実現してたら一体どうなっていたのか?

 

恐ろしい楽器です。

 

K.Yairi YSB-1 アコースティックベース・フレットレス

 

国産のアコースティック屋さんと言えばヤイリ。

現実的な値段も含め、まずはここの楽器に触れてみるのが良いんじゃないかと思います。

 

その中でも自分が惹かれたのがこのYSB-1。

 

見た目にも何やら良さげな雰囲気が漂っていますし、弾いてみるとアコースティックならではの魅力に引きこまれるものがあります。

 

音を出した瞬間に「おっ!?」と思えるベースって少ないものですが、これがアコースティックベースになると余計にそうですね。

 

大体がペラッペラのジャキジャキ、アコギのオマケ扱いみたく作られている印象が非常に強かったりします。

 

そんな中このベースはまさに、

 

「 おっ!?」

 

と感じる存在。

 

「これいいんじゃね?」

 

思わずこう言いたくなる、素直に耳に入ってくる魅力があります。

 

現実的なことを考えれば大音量には向かないんじゃないかと思いますし、低音をどれだけ出して大丈夫か、ハウリングの心配はどうかと考えてしまうものはあるのも正直な話。

 

完全アコースティック構造なベースがどこまで実用的な楽器なのか、それすら未知数であるのがいまだ現実なのかと感じるところでもある。

 

でも、そればっかり言って音色に魅力がなくなっちゃうのも辛いですよね。

 

そもそも、大音量であることをまず前提にしているのもおかしな話かもしれないし、それをアコースティック楽器に対して完璧なクリアーを求めるのはなかなか無茶というもの。

 

「結局ソリッドでいいわ!」

 

なんて割り切るのもやっぱり寂しいし、アコースティックな世界のベースをコントラバスにゆだねるのも個人的には抵抗があります。

 

そんな中、素直な魅力と可能性を感じるアコースティックベースが出てきてくれるというのは、非常に意味があることだと考える次第。

 

真面目な話、こういう楽器増えてほしんですよね。

 

「弾いてみたい!」

 

と思わせる何かがあるアコースティックベース。

 

その時点で超貴重。

 

K.YAIRI YSB-1

K.YAIRI YSB-1

 

Jiraud New Klein

 

世界に二本しか存在しないベース。

プロトタイプでシェイプの違いがある意味ではそれこそ一本ずつですね。

 

数多くジラウドのベースを弾いてきましたが、これほどレアなモデルもなかなか存在しません。

 

その為、試奏できたのもほんの数回。

 

かなり高額だからそうは売れないだろなんて静観してたら、あっと言う間に売れてしまっていたという、なかなか恐るべき魅力と魔力を秘めたベースです。

 

どんなベースか一言で評すならば、

 

『アコースティック』

 

バイオリンシェイプのボディとヘッドの見た目にしてもそうですし、サウンドの方も驚愕のディープなものでした。

 

シリアル001のW-BASSを所有している身としては、これ以上の深いサウンドのエレクトリックベースは存在しないだろぐらいに考えていたんですが、いや、このNew Kleinには参りましたね。

 

ネックがさらに極太なのもありますし、前述の通り、ボディもネックもシェイプが凝ってて、よりアコースティックな方向で作られているのも大きいのだと想像します。

 

で、この楽器の何が恐ろしいかって、

 

『ソリッドボディ』

 

木工スペック的にはほぼエレクトリックベースのそれだということ。

 

指板が15mm厚であるとか、コントラバスのようなRが付いているといった特徴はありますが、ボディは本当にソリッドでラミネートもなしの潔い仕様。

 

おまけにこのベース、

 

『マグネットPUのみ』

 

ピエゾなんて付いてないし、そのブレンドなんてことも考えられていません。

 

それでいてディープなアコースティックサウンドを実現、弓で弾くことも出来てしまうという、ちょっと有り得ないような存在ですよね。

 

いや、欲しかったですねぇ。

W-BASSを持ってなかったら、借金してでも買ってたでしょうね。

 

この楽器は現在、DEZOLVEの小栢君が所有していてバリバリ活躍しているはずなので、興味のある方はライブに足を運んでみてはと。

 

バンドのPVの中でも粋に美味しく使用していますし、凄いプレイヤーの元に凄い楽器が行ったんだなぁと納得する次第です。

 

ばすてく 全部強烈

 

この工房のベースを一本に絞ると言うのは無理ですね。

こんだけ尖がった工房は存在しないってぐらいのレベルかも?

 

ま~、どれを弾いてもインパクト絶大です。

 

二回ほどお邪魔しただけな身ですが、たったそれだけでも一生の記憶に残るであろうぐらい、強力な熱意と全力感が伝わってきた次第。

 

・既製品じゃ満足できん!

・やりたい事やってやる!

・とにかく作りまくれ!

 

ほんと、こんな印象。

 

例に出すのであれば、エボニーネックにはひっくり返りましたし、リグナムバイタ指板のフレットレスってのも凄かったですね。

 

また、自分が行った頃はそのほとんどが1PUでジャック直結。

 

「タッチで何とかせぇや!」

 

って仕様です。

 

一般では有り得ないような超絶ブッといネックも驚き、困惑、感動。

 

当時、超軟弱仕様のベースしか弾けなかった自分ではまったく使いこなせる気がしなかったのが残念ですが、でも、その潔さと魅力はめっちゃくちゃ伝わってきましたね。

 

ベーマガの表紙にもなった7弦も弾かせてもらったり、弓で弾けるベースなんかもあったり、何十本とあるオリジナルのベースに囲まれ取っ替え引っ替え弾くあの時間は本当、なかなかの至福のひとときだったなと。

 

現在では、あの頃からさらにとんでもない進化を遂げているようですし、ヘッドレスモデルもあったり、さらに未知数なベースが多くなっているみたいですが、それでも根本はあのばすてくのままだろうと確信するところ。

 

超~長い音符を鳴らしたいとか、問答無用のゴン太サウンドのフレットレスが欲しいなんてことだったら、ばすてくは最強に良いかもしれませんね。

 

独自路線という意味において、ここに勝てる工房はそうそう存在しないでしょう。

 

「市販品とはちょっと違うよ?」なんてレベルじゃありません。

 

ばすてく弾きたきゃ、

 

「ばすてく弾くしかない」

 

まさに圧倒的独自の世界。

 

Fender 60年代前半 ジャズベースフレットレスカスタム

 

某所で弾かせてもらったオールドのジャズベのフレットレス。

 

まぁ要は、

 

『ジャコ仕様』

 

これですね。

 

ただのヴィンテージベースやコレクターアイテムとして売るのではなく、その店独自にフレットレスに改造、バリバリの実用品にしてしまったという、なんともとんでもない一本。

 

ま~、あれは痺れましたね。

ジャズベのフレットレスであんだけブッ飛んだことってありません。

 

「フェンダーのジャズベ」

 

こう聞くだけだと、「なんだよ定番じゃん。つまんね!」って思ってしまいそうですが、いやいやもう、そんな次元の話じゃありません。

 

あれ弾いちゃったら、「フェンダーじゃ個性が出ない!みんな使ってる!」とか絶対言えなくなっちゃいますよ。

 

たとえ何かしらの欠点や弱点はあったとしても、それはもう些細なこと。

 

あれが欲しけりゃあれを弾くしかない。

欠点から何から全てを含め、素晴らしい楽器として完成されているしか言い様がありません。

 

ただのパッシブのジャズベのリアPUであんだけぶっとくパンチの効いたサウンドを出せるとか、マジでよだれもんです。

 

弾いたそのままが出る、音色の豊かさに圧倒される、感動する、そんな楽器。

 

『原点にして頂点』

『王道にして邪道』

『邪道にして最高』

 

まさにこんな一本だった次第。

 

Godin A4 アコースティックフレットレスベース

 

18~19歳の当時、音楽学校に通っていた自分。

 

そこでジャズトリオなんてものをやっていたんですが、ま~、このバンドの仲が最悪だったのなんのったらありません。

 

「エレキとか楽器じゃねぇ!とっととウッド買えよ!」

「他に出来るやつがいねーから仕方なく使ってやってんだ!」

「スイングしねぇクソみてぇなベースがよ!」

 

これを毎日のように言われたもんです。

 

あれです、学校の中で上手いやつ同士の利害が一致しただけ、互いに上達のためだけに集まったバンドとかそんな感じ。

 

自分は特にジャズ好きじゃなかったけど、せっかく学校行ってるんだから知らないことを勉強したいというのと、これも挑戦だってつもりでやっていました。

 

正直、血尿出るぐらいのストレスもありましたが、自分が下手なの分かってて文句を言えないところもあるから、「やるしかねぇ!」って歯を食いしばって弾いてた思い出。

 

それが本当に良かったのかどうかはともかく、なかなかの時間を過ごしたのは間違いありません。

 

で、ここからが本題。

そんな中で自分が結構な衝撃を受けたのがこのベース。

 

当時、その嫌味の嵐にさらされていた一方、

 

「エレクトリックじゃピンと来ないのも事実なんだよなぁ・・・」

 

なんて悩みも抱えて苦しんでいた自分。

 

「くそが!馬鹿にしやがって!」と腹わたが煮えくり返っているんだけれど、実際問題、このサウンドの馴染みの悪さはどうしたものかと大きな課題だと受け止めていました。

 

で、何気なく入った楽器店でこのGodinのフレットレスを見つけて弾きまして、

 

「これだっ!!」

 

めちゃくちゃピンと来てしまったわけです。

 

・持った際の違和感がなく弾きやすさはエレクトリックのそれ

・サウンドはしっかりアコースティックで生々しさも十分

・ネック寄りで弾くと望んでいたコントラバスライクなサウンドが出せる

 

ま~ほんと、「やべぇ!これしかねぇ!」って感じでしたね。

 

そして、

 

「なんであいつに合わせなきゃいけねぇんだ!?」

 

と気付き、結局、卒業までソリッドのベースオンリーで過ごした次第。

5万円ぐらいで買ったバッカスのフレットレスが大活躍してくれました。

 

ただ、真面目な話、Godinが面白くて良い楽器なのは確かです。

 

・アコースティックながらもエレクトリック

・エレクトリックながらもアコースティック

 

この道を歩んで確かな成功を収めた希有な存在なのは間違いありません。

 

値段もそんな馬鹿高いわけじゃないし、モデルチェンジしてからはブリッジ寄りの位置にマグネットPUも搭載していたり、さらに実用性を上げている印象。

 

これでねぇ、6弦があったら買ってかもしれないし、今でも買っちゃうと思うんですけどね~。

 

残念ながらこのベースは5弦モデルまでしか出してないんですが、それでも十分なのは確かだし、ハイC仕様にして弾くなんてのも面白そう。

 

アンプを通して実用的なアコースティックベースが欲しいのであれば、まずこれを弾いてみるのが良いんじゃないかって一本。

 

個人的な憧れと怨念のこもったナイスな存在です。

 

GODIN GUITAR  A5 ULTRA FRETLESS

GODIN GUITAR A5 ULTRA FRETLESS

 

 

まとめ・振り返ってみて

 

 こう見ると自分が求めている傾向は明らかと言いますか、

 

・6弦ベースか7弦ベース

・アコースティック

・独自のフレットレス

 

これに憧れ続けているのかなと感じるところ。

 

今持ってるベースに心底満足しているのが大きいんでしょうね。

そことはまったく違うタイプ、独自のサウンドの楽器が欲しいのだなと。

 

コントラバスについては正直、自分が弾くべき楽器ではないと認識していますし、サイレントベースにしてもそれは同じでした。

 

その中にはもしかしたら、ギター的な楽しみや遊びがあってほしいというのもあるのかもしれませんし、そういう意味でもコントラバスのそれは感覚的に何か違うのだろうと思います。

 

いずれにせよ、尖がった楽器、夢と理想と欲望の詰まった楽器というのは面白いですね。

 

親しみやすい温かいサウンドを持つ楽器にも惹かれますし、アコースティックとエレクトリックと高度に融合したサウンドにもたまらないものを感じます。

 

一方、「アコースティック=温かみ」みたいなのも実は違うと言うか、箱鳴りや唸り、パーカッシブで箱が軋むようなサウンドなど、そういうものもあってほしいところ。 

 

それこそ、攻撃的なニュアンスやその生々しさまで含め、エレクトリックな面とアコースティックな面と、そこまで融合している楽器は文句なしに魅力的。

 

なかなか存在するものではありませんが、でも本当、そういう楽器が国内からもっと出てこないもんだろうかと考えちゃいますよね。

 

ベースの世界、まだまだ知らないこといっぱいだろうと期待する次第。

 

【ブログカテゴリー】