NAZCA ベース用ギグバッグ 変形にもおすすめ 超軽量・便利なケース

NAZCA ベース用ギグバッグ

 

f:id:bakibakibass:20180831214903j:plain

 

最高のケース

 

今まで所有してきた中でここまで自分に合ってるケースはありませんでしたね。

 

「とにかく軽い!」

「とにかく便利!」

「とにかく楽!」

 

声を大にしてしまいます。

 

このブログでIGIGやサドウスキーのケースなども紹介しましたし、こちらも非常に良いものではありますが、重量の点から見るとNAZCAの圧勝。

 

ま~、びびるほど軽いですよマジで。

なんたって、2kgを切ってますからね。

移動がこんな楽なケースはありません。

 

言うまでもなく、楽器の保護能力も十分。

 

そりゃ、ハードケースと同等ってわけにはいきませんが、この軽さでこれだけしっかり守ってくれるケースはそうそう存在しないでしょう。

 

自分が所有しているものについては、ヘッド角がある楽器のための枕もありますし、収納時の心配もありません。

 

安定、安全、安心って感じですね。

 

f:id:bakibakibass:20180831214947j:plain

 

ストラップも適度な厚みと弾力があって肩に優しい。

個人的に必須部分な前面の取っ手もある。

収納スペースも十分。

 

f:id:bakibakibass:20180831215039j:plain

 

f:id:bakibakibass:20180831215108j:plain

 

そして繰り返します。

 

「超軽い!」

 

移動の負担が減るってそれだけで最高!

 

MOORADIANとどっちが良い?

 

同じく超軽量で定番なのがムーラディアン。

自分も実際に所有していたことがあります。

 

あれも良いケースだったんですが、ちょっと自分には相性がよろしくなかった。

めちゃくちゃシンプルな仕上がりになっている分、細かいところを求めると不便を感じてしまう面があったなと。

 

いくら軽量とは言えやはり、ストラップが自分に合ってるかどうかなどで負担の感じ方はだいぶ変わるもの。

 

このあたり、IGIGとかは凄く良かったですね。

ケース自体は割と重めなんだけど、そこまでの負担を感じないのはストラップのクオリティにあると感じます。

 

ヘッド角のある楽器の場合、そのまま入れるとどうも安定しないような、楽器に負担がかかっていないかと不安になる面もありますし、これも判断のポイントですね。

 

フェンダースタイルのようなストレートなネック・ヘッドの構造になっているならそこまで気にならない話だけれど、ギブソンの楽器みたくかなりの角度が付いている楽器だとやっぱり不安になるかなと。

 

余計なものがない意味でムーラディアンは潔くて良いですし、これも素晴らしく軽量で魅力的なのは間違いない一方、ちょっともう古いかなって印象も否めないかもしれません。

 

NAZCAはバリエーション豊富 

 

自分が所有するものは、ジャズベースサイズに合わせて作られた特注品。

縁あって譲ってもらうことができたものでして、けっこう長いこと使用しています。

 

以前、スタンダード仕様のものも持っていましたが、こちらは知人に譲った次第。

いずれにせよ、もう10年ぐらいNAZCAユーザーをやっていることになりますね。

 

ちょっと高級なのも間違いありませんが、「その分の価値はある」なんてレベルではなく、他のものを使う気がなくなるぐらいの魅力とポテンシャルを秘めているかなと。

 

最近だと、イケベオリジナルのものが非常に良さそうな印象。

ネック枕が標準搭載、ポケットの容量が増えているなど、これもまた使い勝手が良さそうですね。

 

NAZCA IKEBE ORIGINAL Protect Case for Bass “Dark Gray” 【即納可能】

 

また、NAZCAの面白いところは、変形タイプのケースも作っていること。

 

サンダーバードなどを使用していて専用のケースが欲しいなんて場合、それこそNAZCA一択な感じで選ぶのも有りでしょう。

 

後述しますが、オーダーできる強みと確かな技術力を感じます。

 

NAZCA Protect Case [“Thunderbird/IMPULSS Bass”用] 【受注生産品】

 

ちなみに、ネック枕単体で売っていたりもするので、途中からヘッド角付きの楽器に買い替えたりした際にも安心ではないかと思います。

 

ありそうで意外とないですよねこういうの。

 

NAZCA Neck Support

 

このNAZCA、実は国産であるというのもすごく嬉しいポイント。

何か疑問やトラブルがあれば問い合わせしやすいのも大きな魅力でしょう。

 

フルオーダーも可能

 

なんと、完全オーダーも受け付けるというのがNAZCAのまた凄いところ。

 

自分の所有するケースも恐らくはそれによるものでしょうね。

同じタイプのものを見たことがありません。

 

カールトンプソン的な楽器を所有する知人も専用に作っていましたし、その自由度が素晴らしい。

 

実際にオーダーはしませんでしたが、6弦アコースティックベース用のケースをお願いしようと考えていたことなんかもありました。

 

そのベースを購入したお店で話を聞いた時はびっくりしましたね?

 

「えっ!?ケースのオーダーなんて出来んの!?」って感じです。

 

これは本当、技術と品質への自信のあらわれと言えそうだなと。

どこまで出来るのか、めちゃくちゃ興味が湧いてしまいます。

 

NAZCAに不満なし!

 

楽器を常にぶん投げたり、扱いが超絶荒いとか、そういう人の場合どうなのかは分かりませんが、 普通に使用するギグバッグとしては本当に最高クラスの逸品になってくれるはず。

 

でかくて重くて頑丈とか、そりゃ当たり前の話ですからね。

超軽くて使い勝手も良くてここまでやるかという、それがとにかく素晴らしい。

 

自分の使い方としては、背負うのはベース本体とNAZCAだけ。

他の荷物はリュックなりバッグなりに入れ、別に収納するのが好きですね。

 

とにかく背中を軽くするという、これが超~良いわけですよ。

 

荷物が多い時は別でリュックやバッグ、キャスター付きの旅行かばん、カートを使って運んだり、そうやって上手く分散すると移動が非常に楽になります。

 

もちろん、ケーブル・ストラップ・チューナーなどだけで荷物が済むなら、NAZCAだけでも十分。

 

軽いってだけで移動はめっちゃ楽になりますね。

イコール、雨の時とかでも助かります。

ちなみに、防水仕様なんてのもあるそうな。

 

NAZCA IKEBE ORIGINAL Protect Case for Bass 防水仕様 (Black) 【受注生産品】

 

ま~ほんと、プレイヤーに優しいという、それだけで嬉しい事この上なし。

気の利かない製品だとガサツでいまいちですからね~。

 

超頑丈そうなのを買ったはいいけど、実際使ってみると駄目だこりゃってのもやっぱりありました。

 

・ストラップが酷い

・荷物が入らない

・クソ重い

・持ちにくい

 

こういうのは一瞬で嫌になります。

 

逆に言えばNAZCAというのは、そういうポイントを一つ一つ丁寧にクリアーしていったケースという印象。

 

実際に使うのにこれほど便利で優れたケースはありません。

ケースの重さとか移動の負担に悩んでいるなら、NAZCAは超おすすめ。

 

笑えない肩こりとか腰痛など持っている場合、こういうところから変わってくるかもしれません。

 

「俺に優しいケース!」

 

こう叫びたくなります。

 

【ブログカテゴリー】