変なジャズベース  60年代?70年代? コンポーネント? 寄せ集め?

寄せ集めジャズベース

 

f:id:bakibakibass:20180329232106j:plain

 

スペック

 

ボディ:フェンダージャパン・アッシュ2P

 

ネック:ベースエクスプレス・メイプル

 

指板:ローズウッド

 

フレット数:20F

 

ジョイント:70年代タイプ三点止め

 

PU:60年代位置・無名JJシングルコイル

 

コントロール:ジャック直結・パッシブ

 

ブリッジ:安物楽器に付いてた重めのやつ

 

塗装:オイルフィニッシュ

 

普通かと思いきや違った

 

「普通のパッシブも一本ぐらいね」

 

と思って所有しているこのベース。

 

好き勝手に組み合わせて作った遊びの一本とはいえ、音を聴く分にはやはり、ジャズベースのそれです。

 

しかしよく考えてみたら、めちゃくちゃ変な仕様だったと気付きました。

もしかしなくても、同じ仕様のベースはこの世にない可能性が高い。

 

ネックとボディで会社が違うのはともかく、アッシュボディにローズ指板って組み合わせはフェンダー本家じゃあまりないのかな?

 

と言うか、存在してないんですかね? 

 

アッシュもそこまで重いわけではなく、かと言ってけっして軽くはない。

自分でオイルフィニッシュにしたこともあり、これ、ほんとよく分かりませんね。

 

PU位置とジョイント含め、60年代も70年代もクソもない仕様です。

 

PUについてもこれからOPBタイプに変えてみようかとか考えてますし、こうなるとさらにわけが分からなくなること間違いなし。

 

全然意識してませんでしたが、実は貴重な一本を持ってるのかなと変に興味が湧いてきてしまった次第。

 

はからずもオリジナル?

 

頂き物やネットで手に入れたパーツを寄せ集めたってこともあり、このベースにかかった費用って2万円ぐらいなんじゃないかな?

 

市場価値はほとんど存在しない一本でしょう。

 

そこはでも、古いフェンジャパのボディにベースエクスプレスのネック。

PUがまともだったら相当良くなるんじゃないかと想像。

 

たぶん、軽く10万超えのベースぐらいの存在にはなってくれるはず。

OPBのPUにはせず、まともな方向にするのも捨てがたいかなと。

 

アッシュボディとローズ指板の組み合わせとか、フェンダー的にこの組み合わせは有りなのか無しなのか、そのあたりはよくわかりません。

 

でも本当、この仕様はけっこうお気に入りですね。

 

重くて鈍くさいアルダーとか使うんだったら、こっちの方が遥かに良い。

柔で跳ね返りの悪いメイプル指板とか使うだったら、色の濃い指板の方が好みです。

 

ジャズベだったら70年代のPU位置より60年代の方が好き。

変なサーキット入れるならパッシブの方が断然いい。

 

コンパクトなシェイプよりフルサイズの鳴りが欲しい。

一本ぐらいは20フレットのベースがあってもよい。

 

な~んも考えてませんでしたが、これ、ありなベースだと認識。

 

実は恐ろしいパッシブジャズベース

 

これまでもこのブログ上で触れてきましたが、こいつ、凄く怖い存在なんですよねぇ。

 

自分の所有してきたベース達をことごとく打ち破って潰してきた実績があるやつなので、いつだって軽視できないから困ります。

 

ちゃんと使い出したら一番良くなる可能性があるんじゃないかとか、そんなことを想像して怯えるものがあったりするというね。

 

いくらなんでもジラウドのブラッククラウドに勝てるわけがないだろって一方、バンドの中とかで評判良いのって意外とこういうベースだったりするから侮れない。

 

なんでしょうね~?

 

欲張らないと言うか、帯域が狭く寄ってるからこそ逆に強いと言いますかね?

その絶妙な味わいとか良さがあるのがフェンダースタイル、パッシブベースの魅力かなって思い知らされます。

 

単体で考えるとそんなに良いわけじゃないんだけど、いざバンドで弾くとやたら音が活きてくるとか、そういう楽しさと難しさがあるから奥が深い。

 

無条件に良い音が出たりしやがったりもするから困ります。

 

やっぱこいつ、嫌なベースですよ。

自分がやってることをあざ笑うかのようなポジションにいるからタチが悪い。

 

売ったって金にならないし、人にあげられるほど気安い存在でもない。

一方、文句があったら安物・寄せ集めだからって逃げちゃうこともできる。

 

「徹底して楽器である」

 

とでも評すべきか、その純粋さにやられてしまうことがありそうなのが怖い。

 

また、ジラウドのJFDT-HAとDr.Simをパッシブベースで鳴らすとめちゃくちゃ良いんですよね。

「もう何もする必要ないやんけ!」ってボリュームを上げるだけで満足できたりするから参ります。

 

なんの因果か、ベース始める前から知ってて、今は我が手元にあるこの楽器。

まだなんかやらかしそうな雰囲気があるから厄介極まりない!

 

【ブログカテゴリー】