究極のエレクトリックベースとは何か? その絶対的存在について考える

究極のエレクトリックベース

 

そりゃあれしかないでしょ

 

結局、これなんじゃないですかね?

 

『 FENDER 

 

もっと言うならば、

 

『プレベとジャズベ』

 

この2本を持ってれば何も問題なし。

それで完結可能と言っても過言ではないはず。

 

自分のことを話すならば、元々はバリバリのアンチフェンダーな人間です。

 

「サンバーストとかだせぇ!

「おっさんの象徴だろ!」

「絶対使わねぇ!」

 

ぐらいに考えてました。

 

それがま~、変わるもんですね。

その嫌いだったサンバーストのジャズベを今は持ってます。

 

若き日のポリシーを完全に曲げちゃってます。

ジラウド製というのがせめてもの抵抗だったりして?

 

原点にして頂点

 

フェンダースタイルの存在そのものを否定するのは不可能だと考える次第。

 

現実問題、欠点も多い

 

・デッドポイントがある

・パッシブそのままだと不安定

・ボディバランスに難がある

・ネックの調整が面倒

・現代的、先進的スタイルには音域が狭い

 

簡単に思いつくところだとこんな感じかな?

正直、完璧は言えない楽器だと認識しています。

 

このあたりをもっと洗練させ、実用的にした代表例がサドウスキーなんでしょうね。

 

音域的には同じようなものですが、どのポジションでも安定、使える音色が増えるという意味では、音域も音色もより幅広くなっていると言えそうです。

 

アクティブが基本でローインピーダンス出力、耐久性も考慮、演奏性を向上させるバランスへの配慮もかかさないなど、非常に扱いやすくて安心できる存在。

 

自分が使用するジラウドのベースは、フェンダースタイルをさらに独自に進化させた存在と言いますか、オリジナルな要素も詰めこんだ凄い楽器になっていますね。

 

フェンダーそのものと比較した場合、完成度で言えば比較にならないほどトータルで向上された存在かなと。

 

誤解を承知で言うならば本当、フェンダーって隙だらけな楽器だと考えてます。

 

だがそれがいい

 

ま~、困った話ですよね。

そのゆるゆるな要素があるからこそ、なんかフェンダーっていいんですよ。

 

・音はつまるしレンジも狭い

・安定しないし生意気な気もする

・もっと何とかならんのかって文句を言いたくなる

 

では、それを全て改良して綺麗にした結果どうなるか?

 

「つまんない」

 

こうなっちゃんですよね~。

ぜ~んぜん面白くない楽器になっちゃう。

 

そのあたりの隙と暴れみたいなのを残してるものは良いんだけれど、本当に全部カチッとやっちゃってる感じのジャズベとかプレベって何かいまいち。

 

完璧な方向にしつつもオリジナリティを詰め込んでるからこそ、自分はジラウドのベースが好きなんですが、これでただ綺麗に真面目に作ってるだけだったらあまり魅力は感じないでしょうね。

 

完璧なフェンダーってそれはもうフェンダーじゃない。

と言うか、楽器自体がそういうものだって気がしてしまう。

 

実にファジーで変な話なんですが、まぁ、人間自体がそういう存在です。

音楽もそういうものだし、そこをなくしちゃうって駄目なんだろうなと。

 

まずはFENDERあってこそ

 

『究極』

 

この言葉をどう考えるかは人それぞれ。

安易に一概に言えるものではありません。

 

それでもあえて言うならば、

 

『概念的存在』

 

ここにたどりついた楽器はそう呼んでいいんじゃないかと思います。

 

・エレクトリックベースと言えばまずフェンダー

・基準はそこからできてるしそれ自体を否定するのは無理

・歴史に組みこまれている存在であり人類に適した楽器

 

大袈裟なようですが、これって事実ですよね。

基準とか共通認識としてフェンダーが根底にあるという、とんでもない話。

 

そりゃ細かく見れば世の中いろいろあるだろうけど、世界規模・人類規模で考えた場合、明らかにフェンダーの存在って異常なものであるはず。

 

あれこれ反抗したり欲張った結果、最後にはフェンダーにたどりついてしまったとか、そういうパターンも決して珍しくはなさそうです。

 

始まりも終わりもフェンダー。

そういうことがあっても全然不思議じゃない。

 

オールドへの幻想がこじれて失敗する可能性もあったり、難のある個体に手を出してしまうリスクもありますが、まぁなんと言いますか、こういうのも含めて『らしい』楽器だと思いますね。

 

「一度はプレベでガツン!」

「迷ったらジャズベ!」

「良いフェンダーは最高!」

 

知っておくと絶対違います。

 

それでもなお、真っ向から逆らえるんだったら、それは本物って気がしますよね。

自分が求めるものはフェンダーの外にあると堂々と個性にすべき。

 

それもまさに究極!

 

【ブログカテゴリー】