Hallstatt EUB 激安アップライトベースと改造の思い出

Hallstatt WBSE-850

 

f:id:bakibakibass:20180820152731j:plain

 

 

激安エレクトリックアップライトベース

 

5万円以内で買えるという、とんでもないEUB。

この値段だと欲しくなった時に躊躇するものがありません。

アップライト熱が高まった時に迷わず購入した思い出。

 

とは言えまぁ、購入前の期待感は正直なかったですね。

「どうせオモチャだし?」みたいな感じで侮っていました。

良い音なんかするわけないだろうと。

 

ところが弾いてビックリ。

意外とそれっぽい良い音がするんですよね。

 

「でっかいフレットレスだろ?」なんてイメージを真っ向から裏切ってくれるという、嬉しい誤算。

 

作りの甘いポイントとか欠点が丸分かりだったのも当然な一方、それ以上に可能性を感じてしまった次第。

 

弓でも弾けるのもポイント高し!

 

www.youtube.com

 

まず調整・ナットの溝切り

 

この手の楽器のお約束。

デフォルトだと弦高が高すぎてどうにもなりません。

 

加えて自分はエレクトリックベース専門。

アップライトを弾くハードルをどう壊すかをまず考えてしまいます。

 

そうなると必然的に毎度の作業になるのがナットの溝切り。

通常のベースにおいてもそうですが、ここがろくに調整されてないものは色々な意味で嫌い。

 

音詰まりが発生しないか確認しながら限界まで下げていきます。

 

f:id:bakibakibass:20180820153602j:plain

 

バズが大嫌いとか弓もちゃんと使いたいなんて場合、この調整はちょっと問題がありそうですが、そのあたり自分にはあまり関係ないので、この方が圧倒的に弾きやすくて良いですね。

 

これは楽器のランクや値段に関係なく、絶対チェックすべきポイントでしょう。

実際、定価40万超えのサイレントベースでも自分で削りました。

 

ナットの溝は本当に大事。

弾きやすくしたいのであれば、この調整は必須ですね。

 

後、弾きやすくという意味で大事だったのが、

 

『ポジションマーク』

 

邪道中の邪道ですが、遠慮せず貼っていました。

 

弊害があるって意見もよく分かりますが、本格的にコントラバスを弾くわけでもなし、別にいいじゃないかと利用していた次第。

 

ボディレストが気に入らなかったので自作

 

お手軽感の元なので一概に否定もできないのですが、元のやつは本当、使ってて良い印象というのがほとんどありませんでしたね。

 

冗談抜きに、グニャグニャ曲がっちゃうんですよ。

頼りないバーと言うか、太いハンガーとでも言うか、そんな感じ。

腕の重みとか体重も利用したいのに、それに応えてくれない。

 

通常のエレクトリックベースみたいなタッチで弾く分にはそれでも良いのかもしれませんが、そこはやっぱり、せっかくのアップライトベース。

 

がっつり弾かなきゃ気持ちよくないだろうと。

 

そんなわけで、ボディレストを試しに自作してみることに。

材料は使ってなかったジャンク品のベースのボディ。

要するにブッた切りました。

 

そしてとりあえず出来たのがこれ。

 

f:id:bakibakibass:20180820155349j:plain

 

しかし、いくら何でもこのままじゃいかんだろってことで、綺麗に仕上げたのが以下。

 

f:id:bakibakibass:20180820155529j:plain

 

こう見ると激安の印象もだいぶ変ってくるのではないかと。

 

f:id:bakibakibass:20180820155658j:plain

 

可動式ボディレスト?

 

作ってる時にはなんにも考えてませんでしたが、これ、意外と便利なんですよね。

がっちり固定しているわけではないので、こうやって収納が可能。

 

f:id:bakibakibass:20180820160121j:plain

 

動画にもしてみましたが、ボディレストが動くことを確認するだけではなく、楽器のブレにも注目していただけると嬉しいところ。

 

やはり、元のボディレストとはホールド感が全然違います。

 

www.youtube.com

 

これだけでも良かったんですが、しょせんは普通のベースのボディが元な為、幅が足りなくて安定させるのが難しかったのも正直な話。

 

元のボディレストも活かそうという結論に達し、以下の感じに仕上がりました。

 

f:id:bakibakibass:20180820161126j:plain

 

裏から見るとこんな感じ。

 

f:id:bakibakibass:20180820161224j:plain

 

ちょうど弓置きみたいになるのも良かったですね。

状況によって姿勢も変えるのも楽だったし、作って正解でした

 

コントラバス用アイテムの追加・・・が

 

f:id:bakibakibass:20180820162101j:plain

 

・中古のスピロコア弦

・アンダーウッドPU

・フィッシュマンBP100

・EMGマグネットPU

 

なんかもう、気になるものはとりあえず試してましたね。

知識も何もないのによくやってたもんだなと。

 

ま~ほんと、だからこそ言いますが、これらはまったくおすすめしません。

駒の規格とかサイズが全然違うので、そのまま取り付けるのは無理です。

めっちゃくちゃ加工しまくったり、無駄な実験を沢山繰り返すはめになります。

 

また、取り付け場所から何から違うので、コントラバス界隈のレビューとは違ったサウンドになるのも厄介なポイント。

 

つまりは、

 

『音の予測ができない』

 

博打でしかないこの事態を招きます。

 

弦についてはそうでもないかもしれませんが、これもあれです、ペグはエレクトリックベースのものと同一かと思われるので、太く硬く強力なテンションを持つ弦だとどうなるかは分かりません。

 

チューニングや強度についても含め、安心して張りたいのであれば、ペグ交換を視野に入れておくのも選択肢としてありではないかと。

 

色々やって面白かったし、実際、良い結果にも落ち着きましたが、それでデフォルトが大きく劣るかと言うと、これが意外とそうでもなかったんですよね。

 

『弾きやすく調整するだけ』

 

これが案外、一番の正解のようにも感じました。

 

迷いと手間を生まないための意味でも、PUや音の選択肢は無闇に増やすべきではないなと痛感。

 

まぁ、このタイプのEUBであれこれセッティングしたいんだったら、ARIAの【SWB LITE】とかにしちゃった方が話が早いですね。

 

あれは専用のマグネットPUも付いてるし、フィッシュマンのピエゾものってます。

必死こいてPUの調整をする必要がないとか、それだけでも天国というもの。

 

改造に凝りすぎて予算オーバー、着地点を見失うのは本末転倒だと学んだ次第。

 

ARIA SWB-LITE2

 

ARIA SWB-LITE2

 

上を見るかそのまま遊ぶか?

 

これがこの楽器最大のポイントかと思われます。

 

前述の通り、あまり変に凝りすぎてしまうと、予算から手間から尋常じゃないことになっていっちゃいます。

 

それこそ、もっと良いやつが買えちゃうとか、けっきょく失敗してデフォのままが良かったとか、そんな事態も招きかねません。

 

自分の場合、アップライトベース初心者ってことで舞い上がってしまったこともありますし、先に繋がることをやらなかったのが良くなかったと反省するところ。

 

・お手頃価格=簡単に弾ける

・改造するほど良くなる

・凝るほどに使える楽器になる

 

残念ながらこれは成り立ちませんよね。

 

特に楽器がシンプルな分、もっと根本的なところに向き合った方が良い、じっくり付き合った方が良いだろうという、そんな印象を強く受けた次第。

 

基礎も固めずいい加減に力づくで弾いた結果、指が痛くてどうにもならなくなったことなどもあった為、目先の効果に踊らされず、地道に長い目で見て向き合ってみた方が良いかなと。

 

激安と侮るなかれ 実に楽しい楽器

 

終盤、なんだかシリアスな話になってしまいましたが、これは自分が方向性を誤ったってだけのことでもあるので、楽器の魅力と可能性を否定するものではありません。

 

むしろ、物凄く面白い存在だと思いますね。

 

激安と馬鹿にしていたらとんでもない反撃を食らったと言いますか、意外なほど奥が深く、使い方で大化けするポテンシャルを秘めているかもしれません。

 

実はこれ、4~5年前にやっていたことでして、今ではこの楽器はもう所有していないんですよね。

いや本当、こうして思い出してみるとめっちゃ面白い楽器だったなと、手放したのを後悔させられます。

 

まぁ、値段が値段なんだからまた買えば良いって話ですし、今度使うとしたらあまり小細工なしでなるべくシンプルに行きたいところ。

 

不満点があるのも確かだけど、そこはやっぱり、言うだけ野暮。

 

本格的なのが欲しければヤマハのサイレント。

それかコントラバスそのもの。

もう別の楽器だと認識した方が早いでしょう。

 

何気に独自の存在、新しいベース、実はあるべきエレクトリックベースの姿と見るのも面白いんじゃないかと。

 

Hallstatt WBSE-850 (BLK) [アップライトベース]

 

自分の場合、ちょいとオタクな方向に振りすぎて失敗してしまいましたが、 激安のオモチャだろうと切り捨てるには惜しい魅力とポテンシャルがあるのがこの楽器。 

 

逆にオモチャと割り切り、そいつで高級な楽器をブッ飛ばしたり、地鳴りがするような低音を叩き出すのも快感なはず。 

 

実に異端でナイスな存在ですね。

 

【ブログカテゴリー】