ベース・4フィンガー奏法 4本指の使用とその魅力・習得を考える

ベース・4フィンガースタイル

 

フィンガーランプが必須

 

f:id:bakibakibass:20180716225306j:plain

 

あくまでも自分の場合ですが、ランプがあった方が圧倒的にやりやすいですね。

賛否両論あるのも分かる一方、道具を使うのは邪道だのなんだのって言い出したらキリがありません。

 

PUフェンスも否定、ピックガードも否定、スポンジミュートも否定、ピックも否定、弓も否定などなど、道具を使うこと全てを否定しなければいけない事態にもなりかねない。

 

それを使うことでより効率的に都合よく弾けるなら遠慮せず使うべき。

諦めてすぐ挫折しちゃうより、続きそうな希望と楽しみを得た方がいい。

 

その結果、「必要ない」と判断したならそれで良いんじゃないかと。

 

動画

 

以前にも載せましたが、あらためて。

 

www.youtube.com

 

4フィンガー初心者ですが、ランプがあれば何とかそれっぽくは弾けます。

 

元々、【薬・中・人差し指の3フィンガー】【親・人・中指の3フィンガー】をやっていた身なので、ちょっと動かす分にはそこまでの違和感はありません。

 

弦飛びなども高度に使いこなすとなると話は違ってきますが、超絶難度なイメージをする必要はなく、やってみれば意外とできるものだと認識しています。

 

実は速弾きに向いた奏法ではない気もする

 

やってて強力に思ったのがこれ。

 

爽快感のある速弾きという意味においては3フィンガーの分かりやすかったり、サウンドとして力強くもあるかなと。

 

www.youtube.com

 

4フィンガーにおける問題点を簡単に考えると、

 

・弦を押しこんで弾くのが難しい

・どうしても軽いタッチになりやすい

・音程感も粒も悪く団子になりがち

 

こんな課題が出てきます。

 

太く充実した音との両立は困難を極める印象。 

全ての音をボトム豊かにしっかり鳴らすというのは、ほぼ現実的ではなく思えた次第。

 

加えて前述の通り、速弾きという意味においてもそこまで爽快ではないように感じるんですよね。

 

と言うのも、複雑な動きになってしまう分、自由を確立するのがめちゃくちゃ難しいわけです。

奏法としてシンプルなほど、かえって複雑なフレーズに対応できるという面は絶対あるはず。

 

「2フィンガーとかもう古い!」

「こんな効率の悪い奏法なんか必要ない!」

「2本指じゃ難しい事は出来ない!」

 

こういう発想にはなりませんよね。

 

そのあたりを考えてみてもやはり、4フィンガーという奏法は速弾きにおいてけっこう限定的な奏法になってしまう面があるかもしれません。

 

案外、魅力は速度そのものではないのかなと感じています。

 

パーカッシブなサウンドとドライブ感

 

前述までの流れだと、「じゃあ何が魅力なの?」ってことになりますが、そこで自分が感じたのがまさにこれ。

 

・打楽器的なニュアンスと弦楽器ならではの唸り

・この二つが音程を持って絶妙にミックスされた気持ちよさ

 

これが4フィンガーの大きな魅力なのではと感じた次第。

 

このあたりについてはやはり、マシュー・ギャリソンがめちゃくちゃ上手いですね。

 

4フィンガーによるコードワークも素晴らしいけど、グルーブのアクセント・ニュアンス付け、「ここぞ!」って時に駆使する4フィンガーの迫力がとにかく凄い。

 

綺麗にアルペジオするだけとかそういうのとはまた違う、エレクトリックベースならではのサウンド要素が詰まってる奏法という印象。

 

そう考えていくと、ただ単に太い音を出そうとか音程感よく綺麗に鳴らそうとか、これを目指すのはちょっと方向性がずれている面もあるのかもしれません。

 

極端に言えばスラップの打音、プル時のアタック感など、実音だけとは異なるニュアンスも求めた方がより面白いことが増えそうです。

 

細かい音が一つの塊になって炸裂するとか、そういうサウンドも魅力的ですよね。

 

「2フィンガーでも同じスピードで弾けるから必要ない!」という話ではなく、別の表現方法、別のタッチと考えるのも一つにはありなんだろうなと。

 

2フィンガーを基本と認識するのはいいんですが、それと同じサウンドやニュアンスを求めてしまうから何かしっくりこなかったり、使い道も分からなくなってしまいそうな感じ。

 

自分がまさにそうと言うべきか、半端に綺麗に弾こうとしてつまらないタッチとサウンドになってしまっていたという、それが過去の取り組みにおける挫折の原因だったのかと考えさせられます。

 

「器用に全部の指を使う!」ではなく、

 

『4フィンガーならでは』

 

これをもっと理解すべきだったと反省。

 

目の前で観たマシュー・ギャリソン

 

ブルーノート東京で行われた来日ライブ。

 

真ん中、前から2番目の席だったかな?

ま~、貴重なもん見れたって感じです。

 

びっくりしたのはそのタッチコントロールの上手さ。

小さな音も大きな音も音質も自由自在。

 

「ランプ付きでそんなダイナミクス出せるの!?」と驚愕した次第。

 

その時の印象で強烈に残ってるのは、

 

「あ~、上も使うのかぁ」

 

という感想。

 

どういうことかと簡単に言いますと、『弦を持ち上げる』って意味ですね。

 

ランプ付きの場合、弦を押しこむことが物理的に難しくなるし、限界量も決まってしまう面がありますが、「だったら横も上もあるわい!」ということか、それを物凄く上手くコントロールしていた印象。

 

でもって、もう一つ強烈なインパクトを感じたのは、

 

『ピーキーなサウンド』

 

これですね。

 

もうほんと、スラップの時とか耳に痛いぐらいでしたし、ほんの軽く触れただけでも音が飛ぶような抜けていくような、そういうセッティングにしているのかもしれません。

 

言うまでもなくこれってコントロールがめちゃくちゃ難しい。

下手なプレイヤーが弾くとうるさいだけで最悪。

聴けたもんじゃないことになるリスクと常に隣り合わせ。

 

それをああまで見事に操るかというね。

 

『超一流』

 

まさにこれを実感したライブでした。

 

ちなみにですが、自分が通っていた音楽学校の恩師の一人、その方がバークリー時代にマシューと一緒に授業を受けていたことなんかがあったらしく、その話も印象的だった次第。

 

と言うのも、

 

「グルーブ凄ぇんだよ!」

 

ってことしか聞かされてなかったんですよね。

 

自分がマシューのことを全然知らなかったのもあって、「へぇ~、そんなグルーブが凄い人がいるんだ~」と認識してましたし、テクニックがどうとかそういうイメージをまったくしていなかったのが面白い話。

 

いや本当、単なるハッタリプレイヤーとは別次元の存在だと痛感します。

実際に観てもそうでしたが、その音の強烈さが全然違いましたね。

 

そりゃ簡単に真似できるはずないわなと。

 

どうやって身に付ける?4フィンガー?

 

とまぁ、奏法についての具体的な解説をしてませんが、それもそのはず、まだ自分もよく分かってません。

 

前述の通り、速弾きへの利用よりはパーカッシブなサウンドとドライブ感のあるニュアンス付けに活かした方が魅力的に思えますし、これからまた色々研究してやり方を探っていく段階だなと。

 

ただ、それで話が終わっては面白くないので、個人的に強く感じたポイントでも。

 

『左手のコントロール』

 

これですね。

これを絶妙に行わない限り、微妙な奏法で終わってしまいそうです。

 

パーカッシブなサウンドを得るにも、レフトハンドミュートは必須テクニック。

 

もちろん、余計な音をミュートするためにも必須ですし、他の弦に触れてしまいがちな4フィンガーを攻略するのであれば、左手との連携をより高める必要があると考えます。

 

強力なセッティングを自在に操りたいのに左手が弱いんじゃ話にならないですよね。

音程感、アタック、立ち上がりなど、実に多くの面で左手の強さが問われてくる。

 

ついつい右手のことばかりを気にしてしまいがちですが、ま~やっぱり、ベースって両手を使って弾く楽器です。

 

その絶妙なコンビネーションが不可能を可能にするわけですね。

 

または考え方を変えると、

 

「いかに両手の動作を単純作業化させるか?」

 

みたいに考えるのもありかなと。

 

全部バラバラに独立させようとしたり、超複雑な動きをしようとするから難しいのであって、一回そこをシンプルにまとめてみるのも良い方法だと考えます。

 

例えばの話、まず手をパーに開いてみましょう。

そして親指をたたみます。数字の4を表している形ですね。

次に人差し指、中指、薬指と順番にたたんでいきましょう。

これって特に何も考えずにできる動作ではないかと。

 

ということは、4フィンガーもできないわけがない。

人間の体ってそうやって動かすことができるんだから無理じゃない。

拳が握れる、数字を表せる、ジャンケンができる。

この時点で指が動くことは確定。

 

後はゆっくり地道に取り組めば習得できるはず。

 

親指から薬指までの一連の動作を体に馴染ませてしまえば、感覚としては意外とシンプルな奏法にできる可能性もある。

 

そんなこんな、4フィンガーにも楽しく取り組んでいきたいところ。

独自の魅力がある面白い奏法ですね。

 

【ブログカテゴリー】