ブログ累計アクセス10万PV突破 継続は力なりと努力は報われるは違うと思う話

今年1月から今日までの累計

 

あくまでも累計ですが事実は事実。

本当にこんな数字が出るもんなんだなとビックリです。

 

特に8月になってからの伸びが凄いですね。

 

一日1000PV行くとか以前ではまったく考えられないってか、「不可能だろ!」なんてぐらいにすら思ってましたが、いやはや、なんとも驚愕な次第。

 

始めて数か月は50PVすらなかなかいきませんでしたもんね。

100PV行ったら「今日は凄いな!」とか思ったものです。

 

それを考えると、実にありがたい話でもあるなと。

 

【スポンサーリンク】

 

 

継続は力なり 何度も言いたくなるこの言葉

 

ちょっと綺麗事っぽくも聞こえるような、本音を言うと安易に使うのも抵抗があったりするのが『継続は力なり』

 

「努力は報われる」とかそういうのも同じかな?

実のところ、基本的にはあまり好きではない言葉だったりします。

 

でもなんでしょうね?

 

『継続は力なり』「努力は報われる」って、個人的にはかなり違うように捉えている部分があります。

 

後者はなんと言いますか、『願望的』なのかな?

 

こんだけやったんだから良いことがある、きっと何とかなるさみたいな不安が表れているように思えたり、周りも世の中もそうあってほしいというニュアンスがある気がするんですよね。

 

一方、『継続は力なり』というのは、実感があるからこそ出る言葉なんじゃないかなと。

努力や消耗に幻想を抱いたり、過剰な期待・結果を要求するのとは違う印象を受けます。

 

結果はどうあれ力になるし糧になる。

やればやるほど自分の中にストックされていく。

そういう強さが手に入るのが分かるって良いものです。

 

要は無駄にならないんですよね。

残酷なようだけど、『無駄な努力』ってやつはこの世にいっぱいあるものだと感じるんですよ。

 

形にならない、力にならない、財産にならない、それはやっぱり悲しい。

 

「捉え方一つで変わるものだ!」って考え方もありますが、冷たく見てしまうとそれも一つの願望か現実逃避と言うか、明らかに無駄だと分かる消耗は避けたいところ。

 

積み重ねにならない努力ってしんどいなと。

 

ブログの継続と結果の実感

 

自分の積み重ねが分かるその点、ブログってのは良いですね。

 

やればやるほどストックされていくのが分かるし、それが自分の想像を超えた結果になったりもするから凄い。

 

まぁ、そんなシリアスに考えずにテキトーに遊んでるのが本音ですが、その遊びがストックされていくという感覚もまた面白いものです。

 

そういう意味じゃ、「努力の賜物」だったら自分は続けられなかっただろうし、良くも悪くも『必死さ』ってこのブログにはないと認識してます。

 

そんなんでもほんと、ちょっとした数字が出るってのが凄い。

 

遊びを継続してそれが溜まっていくだけ、なのに今までなかったことが起きるという、こんな都合の良い話があるかいなって驚き。

 

『継続は力なり』

 

それが本当に形のように実感できたってだけでも、ブログを始めた甲斐がありました。

 

汗臭く努力したつもりはないけど、継続は心掛けたって意味ではやっぱり、ある程度の努力もしたと言えるのかな?

 

その努力が形として残る意味でも、ブログってのは優れた存在ですね。

 

継続も努力もちゃんと報われる可能性があるとか、それだけでもとんでもなく美味しい時代、世の中になってきていると言えるんじゃないかと。

 

【スポンサーリンク】
 

 

楽器の上達もタッチの向上も継続から

 

このブログでずっと触れてきているのがタッチの話。

これもまさに継続がものを言う世界ですね。

 

 『縦振動のタッチ』にしても、特殊な奏法だったり魔法のようなものを期待してしまう人もいそうなところですが、まぁ、そんな都合のいい話はありません。

 

と言うか、意識して習得しようとすればその時点で良いことずくめになるはずなんですが、一日はおろか、ちょっとしたお試しだけでマスターできるものだと考えてしまうから話がおかしくなる。

 

一攫千金・宝クジ的なものを期待するとか、根本的に狂ってますよね。

そんな人に限ってオカルトだの宗教だの胡散臭いとか言うのかと想像すると、滑稽に思えて仕方ない。

 

これは本当、縦振動のタッチや楽器の話に限らず、何の世界にしてもそうかなと。

 

継続も積み重ねも努力も何もなく素晴らしい結果だけを求めるという、まぁ、気持ちは分からんでもないけど、そりゃいくらなんでもきつくねーかとツッコミを入れたくなる。

 

気合、努力、根性、こういう言葉が好きではない身ですが、さすがに妄想がすぎる魔法は求めません。

 

継続して成果を得られる見込みがないのが嫌だからこそ、実際に目の前でブッ飛ばされたサウンドを出すための方法を教わったり、自分なりに習得しようとするわけですね。

 

努力をするんだったら積み重ねが分かる方がいい。

その積み重ねが楽しいし効果も実感できるからこそ続く。

つまりは継続が確実な力になってくれる。

魔法じゃないけど、こんな都合のいい話もありません。

 

継続とは惰性でも無駄な努力でもなく1の積み重ね。

 

それを楽しむことこそが何よりだと確信する次第。

 

自分の成長が具体的に分かるって素晴らしいことです。

 

【ブログカテゴリー】