ボツ奏法 バーチカルピッキング ピックで音を太くする方法

THE・ボツ奏法

 

バーチカルピッキング

 

「どうやったらもっとピック弾きで太い音を出せるか?」

「縦振動のタッチのように弾くことができるか?」

 

そこで考えたのが、ピックを弦に対して垂直に当てる方法。

極端に言うと、ピックを立てて弦を切るような感じですね。

 

こうすることにより、ピックでも指弾きと同じような感覚で弦を押しこめるようになるし、それだけ音も太くなります。

 

アタックや倍音ばかりが目立つピック弾きとは異なるサウンドを出したい場合、面白い奏法になるんじゃないかと。

 

ちなみに、

 

『バーチカルピッキング』

 

というこの名前。

 

今、テキトーに付けました。

言葉として本当に合ってるかどうかは知りません。

 

動画

 

毎度のごとく、簡単な動画でも。

 

今回もミニアンプを使用していますが、音の違いは分かるんじゃないかと。

実際に聴くともっとビックリするぐらい太さが異なります。

 

※ヘッドホンなど推奨

 

www.youtube.com

 

あんまり使い道がなかったぜ

 

「ピックでもっと太い音を出してみたい!」

「指弾きみたいな音は出せるのか?」

 

こう考えていく内に一つの結論に辿り着きました。

 

「指弾きでええやん」

 

はい。

 

結局、どこまで行っても自分のメインの奏法って2フィンガーなので、せっかくピックを使うんだったらまぁ、まったく別のサウンドになってくれた方がいいんですよね。

 

よりアタックや倍音を効かせたり、ギター的なタイムやニュアンスを出したり、自分にとってはそういう方向性で使いたい奏法なわけです。

 

他にも、

 

・立ち上がりのタイミングが掴めてない

・弦の縫い目?巻き目?その形状の意識が難しい

・どうやって指弾きとの差別化をするか?

 

こんな課題があるなと。

 

ピッキングの種類と表現方法を増やす意味では面白い一方、この弾き方を真剣に長く追及していこうってのは正直しんどいなと。

 

自分がピック弾き専門の人間であったなら、もっと真剣に追求したいところでもありそうですが、現段階においては限りなく必要性が微妙な感じです。

 

音を太くしやすくなるのは確か

 

使い道は何も想定していませんが、音を太くするにはどうするか、タッチとピッキングの変化でどれぐらい変わるのかを証明する意味では、凄く良い方法であるとは考えています。

 

動画じゃ大した違いはないようだけれど、実際は完全に別物なぐらいの太さになってますし、ミニアンプなんかじゃ到底再生できないような低音が出ている次第。

 

「ここぞ!」

 

って時の必殺技、最大の音量と迫力を得る為に使うなど、そういう場面や目的のために使用するのは良いと思いますよね。

 

スラップとはまた異なるアタックと太さを演出できるはず。

 

基本的にはボツなんだけど、もう一つ進んで考えてみれば何か使える気がしないでもない、そんなモヤモヤする弾き方かなと。

 

ピックの選択によってもまた違いそうですし、可能性は眠っているかもしれません。