LANDSCAPE SWB アップライト・EUB 納浩一さんのセミナーの感想

【2009年の記事をリライト】

 

某SNSに上げていた記事を読み直してみたら、これがなかなか面白かった為、せっかくなのでリライトしておこうかなと。

 

ランドスケープのアップライトは一時期すごく憧れましたね~。

なんと言っても、あのルックスが素晴らしい。

まさにスマートコントラバスって感じ。

 

一方、音の方は意外とモダンなんですよね。

ヤマハのSLBと比較すると、だいぶキャラクターが違う印象。

 

明らかにクラシックな風貌、アコースティックなルックスをしているランドスケープの方が新しい音がしてる気がするという、なかなか面白い話。

 

でもだからこそ、コントラバスの代用品というポジションとは異なる、EUBの一つの完成形、方向性を示しているかもしれません。

 

正直言うと、今でもちょっと興味ありますし、その意味でも今回、ランドスケープについて触れた過去記事をまとめておこうかと思います。

 

 

LANDSCAPE 納浩一さん アップライトセミナー

 

LANDSCAPEのデモイベント

 

イケベ楽器・秋葉原店で行われた納浩一さんのセミナーに参加してきました。


と言っても、本日の主題はランドスケープのEUB。

この楽器のデモイベントという感じの内容です。

 

その為、エレベとウッドの出番はなく、納さんが実際に使用しているランドスケープの紹介、それを使用しての演奏と質疑応答がメイン。

 

イベントの趣旨からは脱線だったとしても、ファンとしてはやっぱり、御馴染みの機材での演奏も聴きたかったところかもしれません。

 

でもあれです。

 

「さすがは納浩一!」としか言いようがありませんでしたね。

 

エレベでも相当きついだろってテクニック。

まだ使い慣れてないであろう楽器でそれをバンバン叩き出す姿に驚愕。

 

見応えも聴き応えもあまりに十分。

非常に満足できる内容のイベントだった次第です。

 

実はEUBには興味がなかった?

 

納さんがランドスケープを使うようになったキッカケについて。

 

なんでも、ベーマガの企画でEUBを10本ぐらい試奏する機会があったらしく、その中ですぐにピンと来たのがランドスケープだったというお話。

 

で、実はかなり以前、某社のEUBのプロトタイプを試されていたことなどもあるそうでして、経験に基づく色々なアドバイスを送ったり協力もしていたとのこと。

 

ただ、EUBなんてほとんど存在していなかった時代の話です。

製作のノウハウがほとんど0の状況からの出発と楽器だったみたいなんですよね。

その為、プロが第一線でバリバリ使うには厳しい印象を受けた様子。

 

面白いかもしれないけど自分にとっては必要なさそうだという、EUBに対するそんなマイナスなイメージがその際に出来てしまったと。

 

しかもそれは、最近の進化してきた数々のEUBを弾いても、心境にあまり変化が生まれなかったそうです。

 

言うまでもなく、本物のウッドをバリバリ弾くまくれる人ですから、単なる便利品・代用品レベルじゃ駄目だってことなのかもしれません。

 

実際、納さんがEUBを弾くイメージってありませんでしたし、だからこそ、ランドスケープが気に入った理由というのが尚更気になってしまうわけです。

 

LANDSCAPEの魅力

 

そんな厳しい印象を持ってしまった中、なぜランドスケープのベースに惹かれるものがあったのか?

 

・とにかく出音とサスティーンが良い 

・ボディがしっかりあるから生楽器のニュアンスが出せる

・代用品としてだけではなく新しい楽器としての可能性を感じる

・ルックスも良い 

 

ベーマガの試奏企画の後、担当者の方とすぐ連絡を取ったという話も実に印象的。

驚きと言うべきか、こんな絶賛するぐらいの話でした。

 

そして、その後の打合せや提案の結果、

 

『SWB-Master』

 

この最上位機種が誕生したようです。

 

いや、ウッドの方をバリバリ弾ける方がこれだけ積極的に動くという、それが本当にビックリですよね。

 

余程の魅力と可能性を感じたんだろうなと。

 

驚きのセットアップ

 

納さんが使っているランドスケープ。

 

弦高などのセッティングは、御自身のウッドとほぼ同じぐらいのセッティングにしてあるらしいのですが、これがま~、結構な衝撃でしたね。

 

実際に弾かせてもらいましたが、とにかく、あまりにも弾きやすくてビックリです。

 

エレベ顔負けの低弦高かつ音詰まりせず、痩せてる感じもないってのが凄い。

それだけでも本当、あの楽器のクオリティと素性の確かさを感じました。


で、またまた驚いたのが、そのPUとプリのセッティング。

 

意外にも、ほとんどマグネットPUの方がメインだったんですよね。

割合で言ったら、『マグネット8:ピエゾ2』ぐらいのセッティングで使っているとのことでした。

 

勝手なイメージですが、ウッドをずっと弾いてきた納さんのことですから、EUBでもピエゾをメインに使っているのだと思ってました。

 

その為、これがかなり予想外の事実だった次第。

 

しかもそれに加え、本体のベースをかなりブーストしているという、その音づくりにもびっくり。

 

このあたりやっぱり、自分のようなウッド素人には想像もできませんでしたね。

浅はかなイメージと先入観の未熟さ、それを思い知った気がします。

 

実際、マグネットオンリーでも普通のエレベとは明らかに異なる音がしていたのが非常に印象的。

 

これに関しては、自分が所有するジラウドのW-BASSの音にも繋がるものを感じたかもしれません。

 

あれも本当、ただ単にソリッドのエレベに同じPUをのっけただけでは、ウッドのようなサウンドにはまったくならないとのこと。

 

生音からして別物であり、だからこそ、オリジナルサウンドになるのでしょう。

 

ヤマハSLBとの違いは?

 

さすがは楽器店でのイベントと申しましょうか、実際にSLBとの比較をしてくれたのも面白かったですね。

 

自分みたいなアップライトど素人からすると、ヤマハのサイレントベースの方が目的に合っているんじゃないかとか思っちゃうところですが、話はそう単純ではないから興味深い。

 

確かに、ウッドそのものの弾き心地を求めるのであれば、ヤマハの再現性に勝てるものはなかなか存在しなそうです。

 

弓でも問題なく弾けるし、消音楽器としても優秀。

あのフレームの完成度は本当に凄いみたいですね。

 

一方、ピチカートでのサウンドの方はと言うと、ほとんどボディが無く弦高も高いセッティングに加え、ピエゾPU1個のヤマハでは、納さんが求めるサウンドとはちょっと方向性が違うものになってしまう様子。

 

納さん好みのアコースティックな質感や豊かなサスティーンなどを求めた場合、サウンド的にはランドスケープの方が圧倒的に好きな楽器であるとのことでした

 

ゴーストノートを多用するスタイルについてもそうですし、ジャズだけにとらわれない活躍をされている方ですから、 やはり、求めているものはウッドの代用という話だけではないんでしょうね。

 

新たな楽器としての可能性、アコースティックとエレクトリックの良さを持ち合わせているという意味で、ランドスケープが非常に面白い存在になるのかもしれません。

 

電気楽器でありながら生楽器のようなニュアンスを持ち、箱鳴りも含めたパーカッシブなサウンドも表現できると考えると確かに、非常に魅力的に見えてきますね。

 

エレクトリックなサウンドとパンチ


納さんが使用していたアンプは以下の通り。

 

・Markbass LMK

・EBS NEO210

 

完全にエレクリックベースなシステムと言いますか、これまた強力にパンチの効いてそうな組み合わせでした。

 

【マグネットPUメイン+ベースブースト&ハイカット】

 

このセッティングを見てもそうですが、音量もさることながら、かなりの音圧とパンチを感じるサウンドだった次第。

 

そのあたりを考えてみても面白いですよね。

 

アップライト・EUBとは言えやはり、完璧なるアコースティックサウンドそのものを追求するような使い方はしていないように思えます。

 

あくまで自分の気に入ったサウンド、ニュアンスこそを大切にしているということなんだろうと想像。

 

アップライトを弾けない人間からするとついつい、「太くまろやかな低音を出したい」みたいな憧ればかりを考えてしまいますが、それはごく一面しか見てないということなのかなと。

 

ランドスケープがエレクトリックとアコースティックとその両面を高度に融合させている楽器なのだとすれば、これは俄然、興味が湧いてきてしまうところです。

 

LANDSCAPEは面白いベース

 

個人的な印象

 

自分で書いたものに興味を惹かれてしまう、物欲を刺激されるというのもおかしな話ですが、まぁでもほんと、ああいうアコースティックなルックスのアップライトが弾けたらさぞ楽しいだろうなとは思っちゃいますよね。

 

ランドスケープの個人的な印象を言うと、想像以上にエレクトリックな方向のサウンドだったり、うるさいプレイもしたくなる楽器かなと感じました。

 

繰り返すようですが、結構、モダンなサウンドの気がするんですよね。

 

たとえば、古いジャズとかで聴けるようなボンボン言ってる感じの音。

ハイポジションではポウンって短く響く感じの音。

ああいうのが欲しいんだったら、SLBの方が良いんじゃないかと。

または、アルターエゴとかでしょうね。

 

一方、もっとサスティーンを効かせたい場合、極端な話、エレクトリックのフレットレスのようなニュアンスも出したいようだったら、ランドスケープの方が相性良いかなって印象。

 

マグネットPUということもあってジャンル問わずな可能性も感じますし、ピエゾとのバランス調整、プリの操作など、それを手元で簡単にできるのも大きいなと。

 

「アコースティック」と言うとどうもこう、何もいじらず自分の手だけで音をつくるのが格好良い、正しいことだと認識されがちですが、それで積極的な音づくりの面白さや強みを見失ってしまうのもどうかと思うわけです。

 

大音量で使うということを考えてみても、EUBがただの代用品とか本物より劣っている存在だとは言えませんよね。

 

実際、目の前でバリバリ弾きまくる納さんの姿を見てしまっていますし、「こんな弦高下げられるの!?」って衝撃も受けたり、多くの意味で可能性を感じる次第。

 

10年近く経った今、納さんがどう使用されているかは分かりませんが、EUBがどんどん面白い存在、使える楽器になってきているのは間違いないでしょう。

 

ただ、このジャンルで気になるのはやはり、 ボディレストの存在ですかね?

 

いくらランドスケープがよくできていると言っても、細い金属のバーで支えるって感じなので、正直、もうちょっと楽器との一体感みたいなのが欲しいかなと。

 

それも含めての独特な弾き心地、お手軽感というものなのかもしれませんが、あれにもうちょい色気があったらなぁって考えちゃいますね。

 

これについては恐らく、どの会社も苦心している部分なんじゃないかと想像します。

 

Artist Master Gambaの違いって?

 

実は三種類が存在しているランドスケープのSWBシリーズ。

国外モデルを含めるとさらにあるみたいですが、それについては置いておきます。

 

【SWB Artist】

 

これがランドスケープの基本モデルになるんでしょうかね?

他のものと比較するとネックの仕込み角がかなり浅い印象。

 

コントラバス基準で行くと、ネックにかなり斜めの角度が付いているものなのですが、これは指板がそのまま下にストンと落ちているような感じ。

 

ゆえに、好みもハッキリ分かれるのかもしれません。

 

「いつかウッド弾いてみたい!移行したい!」なんて考えている場合、物凄い違和感になる可能性もありそうですし、感覚の切り替えが難しいところはあるのかなと。

 

逆にそんなに気にしないのであれば、Artistの方でも十分いけちゃうことも考えられる為、このあたりについてはやっぱり、実際に弾いてみるしかないでしょうね。

 

スペック的に明らかに劣っているとか、廉価版みたいな位置付けではないはずなので、ある意味、一番手頃で美味しいモデルと見ることもできそうです。

 

LANDSCAPE SWB-Artist 【NEW】【おちゃのみず楽器在庫品】

 

【SWB MASTER】

 

Artistをコントラバス基準のネック仕込み角にしたのがこのMaster。

 

前述の通り、納さんがランドスケープにコンタクトを取ったことで生まれたのが、このモデルになるみたいです。

 

当然のことながら、より本格的なアップライトベースのニュアンスを求めたり、しっかりした弾き心地にしたいのであれば、こっちの方が的確な楽器になるんじゃないかと。

 

これが登場して以来、もはやArtisitよりこっちの方がスタンダードモデルのようになってしまった感もあったりして?

 

LANDSCAPE SWB-Master 【NEW】【おちゃのみず楽器在庫品】

 

【SWB GAMBA】

 

今、一番高いモデルになるのはこれなのかな?

 

何が違うかと言うと、このモデルにはカッタウェイがありません。

 

ArtistとMasterの方はエレクトリックベース奏者の方にも配慮してか、ネックジョイントにカッタウェイがあるのですが、これに関してはちょっとターゲットが違うって感じなのかもしれませんね。

 

バイオリンやコントラバスのそれって感じです。

 

また、どうやら、リアリストPUを搭載したGAMBAなんてのもある様子。

 

通常の場合、フィッシュマンのBP100というピエゾPUがのってるのがSWB。

ただ、このPUは好みが分かれることで有名だって印象があります。

 

実際、自分も所有していましたが、駒の先の方に取り付けるタイプのPUな為、かなりアタッキーだったりシャリシャリ感が強い特性かなと。

 

良く言えば抜けてくる音、パーカッシブな特性に優れていますが、量感豊かでふくよかなサウンドを狙うのは難しい面を感じます。

 

その点、リアリストというのは、生音のようなナチュラルな方向性で評判の良いPU。

 

それこそ、そのフィッシュマンとブレンドして使用している人もいたり、対極のように位置付けられているとも言えるかもしれません。

 

どちらが良いかは完全に好み次第ってことになりますが、こういった選択肢も増えているのが非常に面白いですよね。

 

LANDSCAPE SWB-GAMBA 【NEW】【おちゃのみず楽器在庫品】

 

思わず弾きたくなる存在

 

最後になりますが、この楽器の大きな魅力ってやっぱり、

 

『見た目』

 

これに尽きるんじゃないかと。

馬鹿にしてるようにも聞こえてしまいそうですが、大真面目な話。

 

EUBってそこがクリアできないものが多いし、その魅力がないって致命的だと思うんですよね。

 

パッと見て「おっ!」てなるのは本当に大事。

 

もっと極端な話、『その気』になれるかどうかが全てと言っても過言じゃない。

 

やっぱり、アップライトベース弾いてる姿の存在感って凄いと思うんですよ。

 

言葉は悪いようですが、素人目に見ても「え?なになに?あの楽器すごくない?」って興味を惹かれるポテンシャルってそれだけで武器になる。

 

「かっけぇ!」

 

自分がこう思える楽器を弾くって大切ですよね。

 

「アップライトベースが弾きたい!」って気持ちにはそういう素直な憧れ、欲望みたいなのが詰まってる気がしますし、その衝動に従ってみるのも大いに有りではないかと。

 

まぁ、一筋縄ではいきませんが、チャレンジしてみる価値は絶対にありますね。

 

バリバリ使いこなしている人は少ないであろう分、それだけの可能性が眠っているし、様々なチャンスもあるはず。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】