友人の面白いギターの選び方 短い付き合い・小さな音じゃ分からない世界

【2013年の記事をリライト】

 

今回は某SNSで書いてた記事を修正。

 

ま~、これもけっこう印象的な出来事でしたね。

 

器用さや即戦力で楽器を選ぶのではなく、将来を見越して信じて選択するという、なかなかできないことをやっているのが凄く面白かった。

 

で、実際、そいつは今でもそのストラトをずっと使っており、多くの生徒を持つギター講師にもなっているのだから大したもんだなと。

 

ギター本体に対する物欲はほとんどなくなってるみたいですし、それだけばっちりハマったってことなのか、こうなると文句も何も言えません

 

そいつ=そのストラトみたいなイメージが完全に出来上がっちゃってるし、そういう『自分の印』みたいなのって絶対大事にした方がいい。

 

「うわ!これいい!」で判断するのとはちょっと違うその世界。

 

なかなか興味深いものですよ。

 

友人の不思議なストラト

 

初印象は最悪

 

久々に一緒にライブをやった友人ギタリスト。

 

そいつがフェンダーカスタムショップのストラト(以下FCS)を使っていたのでビックリ。

以前はサドウスキー東京のストラトを使っていたのが、今は完全にFCSがメインとのこと。

 

ここだけの話、

 

「え・・どうなんよ?」

 

となってしまったのが正直なところですね。

 

それでまぁ、その予感的中と言いますか、リハの時点ではまったく良い印象がありませんでした。

か細く抜けてこない、出音も粒も安定しない、何が良いギターなのかさっぱり分からなかったなと。

 

「ん十万出してそれはねぇだろ・・」

 

そいつとも長い付き合いなだけに、心底こう思った次第。

 

ところがこれ、本番ではエラく良い音してて驚愕させられました。

リハのひっでぇ音とグダグダは一体何だったのかと、その印象がひっくり返ってしまうことに。

 

いやほんと、楽器って分からないです。

狭い視野と価値観で安易に判断できません。

 

あえて難があるものを選ぶ道


本人から実際に聞きましたが、これが実に面白かったですね。

 

「最低限の作りとバランスだけ確認して鳴ってないやつをあえて選んだ」という、普通に考えたら意味の分からなそうな話が興味深い。

 

実は候補が他にもあったらしく、しかもそっちの方が明らかに完成度が高い、即戦力として使える印象だったというのだから、また驚きな話。

 

しかし、そのギターには将来性を感じなかった、すぐ飽きるだろう、つまらないギターになりそうだと判断し、最終的には鳴りが良くない方を選んだとのことです。

 

「FCSなんか前じゃ絶対買わなかったよな~なんて自分で言っちゃってたり、これは本当、その悪い面も完全に自覚しながら手に入れたんでしょうね。

 

実際、最初はどうにもならなかったと聞きましたし、こっちの印象もその通りって感じ。

 

「何でそんなの買ったの?」

 

こう全力でツッコミたかったです。マジで。

 

でも、それが完全に覆ってしまうんだから、世の中って分かりません。


完璧でもなんでもなかったそのストラト。

諦めずに数年弾きこんだ結果、まったく別のギターに生まれ変わったそうな。

 

以前はPU交換だのブリッジ交換だの、そんことをよくやってたやつなんですが、そのストラトに関しては何もいじってないと言うのだから、個人的にはそれも驚きでしたね。

 

パーツ云々の問題ではなく純粋に育ててきたという、そういう自信もあるんでしょう。

 

「俺じゃなきゃ鳴らせない!」

 

黙っててもこんな声が聞こえてくる感じ。

 

浅く良くじゃ分からない世界がある


今の時代、それなりな音量で安定したサウンドが出てくれるギターなんてのは、いくらでもあると思いますよね。

 

スタジオミュージシャン御用達みたいな楽器も当たり前のように流通してるし、愛用者も多くなってきているものだと感じます。

 

一方、大きな音を出した際になんか違ったり、「ここぞ!」という時に腰砕けになってしまうものも多いかなって印象。

 

そういう意味では本当、あのストラトの本番での音の強さには痺れました。

 

「ギターってこうだよな!」

 

って感じ。

 

まぁ、本人のやる気の問題とかでもありそうだし、あまりに安定しないってのもそれはそれで困りますが、いずれにせよ、ハマった時のあの強さは凄いものです。

 

いくなんでもそこまで印象が変わるかってぐらい、衝撃的ですらあったかなと。

 

「ギターで綺麗な音出してもつまんねーじゃん!」

「いつ誰が弾いても良い音出せるとか退屈だ!」

 

友人のこの言葉に感心させられましたね。

確かに、良くも悪くもこいつはこうあるべきだと納得。

 

自分が成長すれば楽器も成長する

 

「この話、どっかで聞いた覚えが有るような?」

 

なんて思ったら、これ、自分にも当てはまりそうで笑ってしまいました。

 

最初はどうにもならなくて苦労したり、何年か弾きこんでようやく納得できる音になってきたという、そんな話が身近であったどころかまさに、自分の身をもって体験していたなと。

 

ま~ほんと、楽器はオーディオじゃないんだし、歪んだ悪さ、不良で粋がった格好良さなんてのもあるものです。

綺麗なばかりじゃつまんないし、自分の手で音をつくるべきってのも至極納得な話。

 

個人的な好みから言ってもやはり、小奇麗でまとまった音が出てくれる楽器ってのはあまり好きじゃないですね。

 

洗練されすぎない荒さや暴れがあるからこそ。

ノイジーで気持ち悪い気持ちよさもあってこそ。

理屈に合わない面も含めてこそのエレクトリックかなって改めて思わされます。


楽器は弾けば弾くほど成長するということも改めて確信しましたし、一本を弾きこむことの強さと意味というのも強く感じますね。

 

「いざって時はこれ!」

 

こう断言できる一本を持っているのはもちろん、それを育ててきたってのは絶対に大きい。

 

そしてそれというのは、心強く幸せなことでもあると思います。

前はそういうのあんまり分からなかったけど、今だったらよく分かりますね。

ブラッククラウドの10年後が楽しみで仕方ありません。

 

絶対の一本があるって素晴らしい

 

これ、ほんっっとに強く思いますね。

自分の迷走時期が長かっただけに、心底痛感します。

 

どの楽器でも良い音が出せる、自分らしい音が出せるのが理想、いわゆる『弘法筆を選ばず』ってのが一番ってのも分かりますが、でもそれって、一つには思考停止だとも感じるんですよね。

 

「なんでもいいや」

 

これが悪い方向に出ちゃうとよろしくない。

かえって個性なんてところからは離れていってしまいます。

 

・絶対に好きな音

・絶対に出したい音

・絶対の基準

 

これを確立したいんだったら、好きなものはハッキリしている方が良い。

その意味でやはり、自分の中における絶対の一本がある方が、道は分かりやすくなるはず。

 

ルックス的なところから見てもそうですよね。

 

「あ~、あいつね」ってのが有るのと無いのじゃ、天と地ほどに差がある。

何か少しでも人に印象を残すという、それに楽器を利用するのも自分は有りだと考えます。

 

ついついこう、器用で無難だったり、逆にやたらとアクの強い一本を選んでしまいがちなものですが、それが果たして10年先も使えるものなのかどうか?

自分が本当に必要としているのかどうかという、そこに真剣に向き合ってみるのは悪いことじゃありません。

 

安易な物欲に支配され、安易な満足感に浸るという、そこに疑問を持つようなのであれば尚更ですね。

 

10年先でも側にいる、形・価値として存在しているであろう一本。

 

ひじょ~に重い選択になると言えますが、でも本当、そういう楽器探しをしたり、または、いつのまにかそんな付き合いになっていたなんてのも、なかなか素敵なことではないかと。

  

『限界を感じない楽器』

 

いいもんですよ。

 

弾けば弾くほど上手くなる、音が良くなる、個性にもなる、ついでに経済的でもあるという、まさに良いことづくめ。

 

できること、できないこと、好きなこと、嫌いなこと。

これをより強く認識する意味でも、そこに価値があります。

 

【ブログカテゴリー】