とあるエフェクターの音痩せと違和感 インピーダンスにご注意を 

とあるエフェクターと異常な音痩せ

 

珍しく衝動買いしたペダル

 

先日、リサイクルショップでちょっと面白そうなペダルを発見しまして、その安さに思わず購入してしまいました。

 

で、率直な感想、

 

「え?これおかしくない?」

「めっちゃ音量下がるよ?」

 

失敗したかなと後悔。

 

まぁ、その値段を考えれば仕方ないんですが、それにしても期待はずれでしたね。

これが使えりゃ面白いことできたのにってがっかりした次第。

 

ある違和感に気付く

 

「並び順によっちゃ何か変わるかな?」

 

と、今さっきまで実験していたのですが、ここである違和感を覚えます。

 

『後ろにバッファをかますと激変する』

 

これでピンと来ました。

 

早速、ミニアンプではなくJFDT-HAを使用してインピーダンスの切り替えを試みたところ、ビンゴってやつです。

 

せっかくなので簡単に動画を撮ってみました

 

LEDの反応が明らかに元気な方がハイインピーダンス入力。

スイッチを切り替えて「しゅん・・」としているのがローインピーダンス入力になります。

 

目で分かる音痩せと言うか、違いを確認すると面白いんじゃないかと。

 

www.youtube.com

 

このハイとローの切り替えというのは、ゲインの切り替えのことではありません。

正しくローインピーダンス出力されているのであれば、こんな露骨なゲインの差は表れません。

 

要するに今回買ったやつって、出力インピーダンスが高いみたいなんですよね。

 

そのペダルを通った後の機器の入力側のインピーダンスが低い場合、とんでもなく音が痩せてしまう可能性があるという、割と本気で困ってしまう話。

 

いや、エフェクターって怖いです。

 

実はこれが初めてではない

 

www.pompombass.com

 

以前にも話したことがありますが、たま~にこういうのあるんですよね。

 

酷いやつになると、バッファを名乗ってるくせに出力インピーダンスが上がる、逆に痩せるってな強者もあったりしました。

 

今回のペダルに関して言えばどうやら、ツマミがある一定の位置を超えると激変するらしいという、実に厄介な話。

 

セッティングによってそんなに出力インピーダンスが変わるんかいなって疑問はあるけれど、動画でも分かるように何か対策しないとゲインが落ちてしまうのは明らか。

 

音痩せ対策のためにあるペダルのはずなのに、そいつに対しての音痩せ対策が必要という、なんとも本末転倒の話。

 

こういうことあると疲れちゃいますよねぇ。

物欲も飛んじゃうからある意味いいんですが、手間も悩みもなく解決してくれるに越したことはない。

 

何かもうほんと、

 

「エフェクターってさ・・」

「定番とマルチでよくね?」

 

こんな気がしてくるなと。

 

『エフェクター使いたい熱』は上がっても『エフェクター探したい熱』は上がらない、そんなことを確認する出来事だった次第。

 

お金も時間も浪費するだけってのは避けたいですね。

 

【ブログカテゴリー】