IGIG G315B おすすめのベースケース ギグバッグの進化系 

IGIG G315B ベースギグバッグ

 

 

愛用ベースギグバッグ

 

NAZCAと並んで自分が愛用するケースがこのIGIG。

 

軽量で楽な意味ではNAZCAの方が勝るのは確か。

一方、収納力と多様性においてはIGIGの方に軍配が上がります。

 

・NAZCA+他のバッグやケースを併用するか?

・それともIGIGの方に全部まとめてしまうか?

 

その時の気分や目的用途に応じて使い分けるようにしている次第。

 

脅威の収納スペース

 

ポイントは前面のポケット。

形を見ると分かります。

ほぼ見たままの面積があると考えてください。

 

f:id:bakibakibass:20180805161630j:plain

 

ストラトとかも入っちゃう、スケールの短いベースもいける脅威の収納力。

トラブル用、サブでスタインバーガーとか入れておくのも面白い。

 

たとえばこんな感じ。

メイン収納にジャズベ。

ポケットにヘッドレス。

 

f:id:bakibakibass:20180805155301j:plain

 

自分が先日手に入れたMBRACE用のマイクスタンド。

これも入っちゃうから凄い。

ベースをスタンドに固定して使うのであればこのIGIG一択って感じ。

弓もケースごと入ります。

 

www.pompombass.com

 

マイクスタンドなんか出先で借りちゃえばいいって話でもありますが、そこはやはり、慣れ親しんだものを使いたいってのがあります。

 

この使用方法はかなり特殊なものだと思いますが、そういう要求にも応えてくれるのがIGIG脅威の性能。

 

シワなどをそこまで気にしないのであれば簡単な衣装とかも入れられますし、泊りがけで移動するなら着替えを入れてしまうのも有り。

 

中にさらにミニポケットがあるのでそこに譜面やノート、レンチ、チューナーなどを入れてもバラバラにならず済みます。

 

公式によれば15インチノートPCも収納可能とのこと。

加えて上部にはケーブル用のホルダーなんてのもあるという、細やかな心づかいも嬉しい。

 

一つ懸念事項があるとしたら、前面ポケットには分厚いクッションとかそういうものがない為、完璧な保護を求めるのであればエフェクターとかは入れない方が良さそうです。

 

どうしてもそこにまとめたいのであれば、自前で簡単なクッションを用意するなりした方がおすすめ。

 

より万能のケースになってくれるでしょう。

 

IGiG G315B

IGiG G315B

 

レインカバー付き

 

IGIGのまたユニークなポイントがこれ。

底面にケース専用の雨ガッパが収納されている気配りが素晴らしい。

言われなければ気付かないぐらいコンパクトにしまえるのが凄い。

 

全面を覆って保護してくれるわけではない為、完璧な防水を期待するのはさすがに酷でですが、ちょっとした雨の時とかにこれがあるとやっぱり嬉しいんですよね。

 

雨の中の移動ってそれだけで最悪。

そのちょっとした対策ができる意味でIGIGのこの機能は実にありがたい。

 

ちなみにこのカッパ。

取り外しも可能なので濡れて気になるなら外して乾かしておけばOK。

それ自体はめっちゃ軽くて薄いものなので扱いも楽でよし。

 

丸めるとこんなサイズになっちゃいます。

 

f:id:bakibakibass:20180805161730j:plain

 

ストラップとフィット感が素晴らしい

 

ストラップがクソで肩が痛くなるものもあるこの世の中。

いくら頑丈さや軽量を売りにしていても体への当たりが強いんじゃ結局は疲れてしまいます。

 

自分の場合、そういうケースは例外なく手放すようにしてきました。

 

そんな中、IGIGはどんなレベルにあるか?

これは本当、今までで1、2を争うぐらい良いかなって印象。

厚みがあって幅広で頑丈、有るようで無かった存在。

 

f:id:bakibakibass:20180805161830j:plain

 

その評判からか、最近は同じようなタイプのストラップにしているものが増えているように感じます。

ケース自体については結構重めな方だと思いますが、だからこそこのストラップが活きますね。

 

使用頻度が高い、日常的にも使うものだからこそ、負担の軽減を考慮するのは大切。

ユーザーに対するそんな配慮がとても素晴らしい。

 

地味にIGIG最大のポイントかもしれません。

 

安心のネック枕 いや、もはや布団?

 

IGIGにおけるまたまだ美味しいポイント。

楽器の保護、安心感が全然違います。

 

今時、ヘッドに対する枕があるケースも珍しくなくなってきましたが、IGIGの場合、その面積が飛び抜けている印象。

 

と言うか、ヘッドを支えて固定するのではなく、ネックに対するクッション、ベッドみたいな感すらあります。

 

加えて、そのネックベッド(?)に楽器のフラつきを防止する為のベルトまで付いているという、余所のケースとは一味も二味も異なるこだわりが素晴らしい。

 

取り外してポジションを変えることもできる為、そのあたりの位置決めにうるさい人にも応えてくれるでしょう。

 

なんなら人間用の枕にも使えるかもしれません。

本当にそれぐらいの面積と弾力があります。

 

IGIGってのはあれですね。

 

『ベース寝袋』

 

こう考えるのも面白い。

人間もベースも快眠できるのが一番。

 

素材も良いのかベースが実に気持ち良さそうに寝てるように見えてしまいます。

 

f:id:bakibakibass:20180805161945j:plain

 

地味に嬉しいフック

 

実は嬉しいこの収納ポイント。

ケースって意外と邪魔になりますよね。

寝かせてみると結構ビックリするぐらい面積とられます。

 

そんな中、どこかに引っかけておくことができる、それを楽に実行できるってのがナイスなアイデア。

それこそクローゼットの中にかけておくとか、そうやって保管しておくと普段の生活にも邪魔にならず良いんじゃないかと。

 

f:id:bakibakibass:20180805162039j:plain

 

ちなみにこれ、笑ってしまうのは専用の収納スペースがあること。

このフックのためだけにポケットがあるというそのこだわりが見事

 

本当に色々よく考えて作られているケースです。

 

YAMAHA SLB200も入る?

 

リスクがあるのでまったく推奨はしませんが、やり方によってはヤマハのSLB200すら収納できてしまう可能性があります。

 

画像を見ていただけると分かりますように、ヘッドがちょっとはみ出てるけど、どうにか入ることは確認しました。

 

f:id:bakibakibass:20180606163358j:plain

 

さすがにボディフレームの方までは入りませんが、それはそれで別にケースを用意すればいけそうです。

 

しかし繰り返しますが、リスクが大きいのでやらない方が良いでしょう。

これは一つのネタと考えていただければと。

 

ただまぁ、面白くはありますよね。 

ヘッドを保護する工夫を施しさえすれば、IGIGでなんとか運べるようになる可能性があるのかもしれません。

 

サイレントベースの可搬性が向上してくれれば、より身近で素晴らしい存在になるように感じます。

 

IGIGは進化型ギグバッグ

 

そんなこんな至れり尽くせりな進化型と言えるこのIGIG。

ここまで考えられたものは他にそうそうないんじゃないかと。

 

個人的な好みで言えば前面にハンドルが欲しい、もうちょっとだけ軽いとありがたいのですが、ハンドルに関しては構造的に無理、過剰な軽量化は方向性が違いそうなところ。

 

それが欲しければ自分はNAZCAの方を使うようにしてますし、二つのケースの使い分けでめちゃくちゃ助かってます。

 

こんな良いケースが出てくるとか一昔前じゃ想像もできませんでした。 

おまけにびっくりするぐらい手頃な値段なんですよねこれ。

今までのあの苦労と出費はなんだったんだと言いたくなる。

 

ケースは必需品であり、保護の意味はもちろん、自分の身体的な負担、心労にも大きく関わってきますから、安易な妥協はしないことをおすすめします。

 

ペラッペラのケースにもそれはそれで利点があるので否定まではしませんが、現代的なギグバッグを知らないようであれば、是非一度は体験してみた方が良い。

 

割と本気の話、健康にまで影響あると思います。

自分はもう、お気に入りのケース以外は絶対使いたくありません。 

移動の時点で肩も腰も悲鳴をあげてるライブとか勘弁願いたい!

 

 IGiG G315B Black/Black ベース用ギグバッグ

IGiG G315B Black/Black ベース用ギグバッグ

 

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com