グラファイトネック カーボンネック 縁がないけど気になるその世界

グラファイト カーボン ネック

 

G&Lの5弦の話

 

www.pompombass.com

 

15年かそれ以上前の話。

 

アメリカ旅行の際、そこでG&Lの5弦を購入した思い出。

当時、国内の半額ぐらいだったかな?

ついつい衝動買いみたいなのをしてしまいました。

 

帰国後、超お気に入りとして弾いていたこのG&L。

 

初めての5弦としても思い出深いものであり、初めてのフェンダー直系楽器としても意味のある存在だったかもしれません。

 

ただ、ですね・・・

 

『ネックが致命的に弱い』

 

これがどうにもなりませんでした。

 

気候が違うってのもあるとは思いますが、それにしたって、物凄い勢いでネックが反っていって衝撃を受けた次第。

 

ハズレ個体だったんでしょうね。

国内でちゃんと検品されているものであれば、安心だったのかもしれません。

 

現在は代理店が山野楽器さんになっているということですし、良い意味で自分が所有していた頃のものとはまったく違う楽器を買えるだろうと想像します。

 

そうじゃなかったら、今の時代まで生き残れているわけがない。

 

しかしまぁ、そんなことを言っても、過去は変わりません。

腕っこきのリペアマンからご臨終を伝えられたのもショックな思い出。

いや本当、自分が持っていたL2500には参りました。

 

グラファイトネックにしたかったG&L

 

ネックが駄目になってしまったとなると、次に考えるのは交換。

お気に入りのベースだったこともあり、ショックが大きかったのも手伝ってか、

 

「反らないネックがいい!」

 

こう願うのは必然でしょう。

 

となるとやはり、気になるのはグラファイトネック。

 

当時、もっと分かりやすい音抜け、パンチが欲しかったこともありますし、その意味でもグラファイトネックへの興味が非常に強くなってましたね。

 

アメリカに行って買ったせっかくのベース。

超お気に入りでお世話にもなったベース。

使えるようになるなら何とかしたいと動きました。

 

で、これ系のリプレイスネックと言えば、ステイタスかモーゼス。

確か、両者共にスティングレイの5弦ネックを作っていたはずだと、代理店さんの元へ向かうことに。

 

「似たようなもんだし交換も簡単だろ」

 

こんなことを考えていた当時の甘々な自分。

そこでまた打ちのめされることになります。

 

「スティングレイの5弦は22フレットだった!」

 

いや~、無知でしたね。

 

G&Lは21フレット。

当然、加工しないと付けられません。

そもそも、21フレットだったとしても簡単に交換できるわけもない。

 

ネック代と工賃と色々合わせた場合、

 

『元より高い』

 

余裕でこの見積もりが出てきてしまいます。

 

「諦めよう!」

 

この結論に達した次第。

 

グラファイト・カーボンネックへの憧れと未練

 

そんなこんな、残念ながら縁がなかったこのネックの世界。

どんなもんだったのかと、いまだにちょっと心残りがあります。

 

これ系ネックが使用されているベースって残念なことに、根本的に好みではないものが多い為、それで判断できてないって面が多分にあるんですよね。

 

フェンダー系に使っても面白くないとか、支持されず淘汰されてしまったなんてこともあるのかもしれませんが、でも果たして、そこまでちゃんと作られたものがあったのだろうかというのも、ちょっと疑問になるところ。

 

木の温かみがどうとか言い出したら、ポリ塗装でガッチガチに固められたやつはどうなんねんって話ですし、ふにゃふにゃ反っちゃうようなネックはそもそも実用性がないだろって話にもなる。

 

癖の強いPUとプリアンプを載せて判断するのもどうなんだって疑問ですね。

正直、妙な偏見も強い世界なんじゃないかという印象があります。

 

本当のところはどうなんだと。

 

今は絶対の愛機がありますし、グラファイトでこれから新しいベースを組み込んでとかやるつもりもないので、正直、今後も縁はなさそうだと認識しています。

 

ただ、グラファイト系ネックを使った工房とかが国内で出てきたら、それはちょっと気になっちゃいますね。

 

それも、奇をてらった方向とかハイエンドなケバケバしいものではなく、直球勝負でガツン!と来るベースだったら面白い。

 

それか、その特性を活かしたフレットレスなんかも良さそうかな?

 

味わいがどうとか以前に、『エレクトリックベース』としてそもそも扱いにくいものが多かったりする世界なので、そのへん、グラファイトで風穴が開いたらこれもまた面白そう。

 

木製って自分も好きですし、今使ってるベースがまさにそういう楽器。

これに勝るものはないと確信もしています。

 

一方、木材信仰みたいなのが支配してしまうというのも、それはそれでちょっとどうかと思うところだったりもするんですよね。

 

人工素材系と言いますか、そういう楽器に抵抗があるのも分かるし、個人じゃどうにもならない産物なんだろうけど、だからこそ、扱える人・熟知している人がいたら美味しいはず。

 

リプレイスネックを使ったものでもいいし、良い方向に作られたベースがあれば、それは弾いてみたい次第。

 

ヴィンテージのコピー具合がどうとか、良い木材がなくなってきてるとか、そういう場所から離れた存在の登場に期待したいですね。

 

もう出尽くしたってほど試されたとは自分は思わないかなと。

 

【ブログカテゴリー】