気になるベースPU SEYMOUR DUNCAN ANTIQUITY SINGLE COIL P-BASS

練習特化型ベースが欲しい

 

パッシブジャズベース改造計画

 

www.pompombass.com

 

以前にも話した通り、パッシブジャズベースのフロントPUをOPBタイプにしてみようかと企んでいます。

 

サイズのことなど細かいことはな~んも考えてませんが、散々いじってきた楽器なので加工に対するためらいはなし。

 

ザグリを広げる、深くする、その必要があったとしても問題ありません。

加工が多少荒くてもピックガードで隠せるからOK。

 

SEYMOUR DUNCAN ANTIQUITY SINGLE COIL P-BASS

 

で、そのOPBタイプのPUにしても何が良いのか探してみたところ、こいつが自分の好みに近そうな感じでした。

 

言わずと知れたダンカンのAntiquityシリーズ。

使ったことはありませんがなるほど、これは通好みな印象。

 

公式サイトによると、

 

・アルニコ2

・エナメル線

・DCR:5.5K

 

こんなスペック。

 

いや、この抵抗値は凄いですね。

ハッタリの欠片もないと言うか、こんな低いのあるんだなと。

 

オリジナルフェンダーの抵抗値がどれぐらいなのかは知りませんが、不自然に出力が高いPUが苦手な身としては、スペック的に相性が良さそうな予感がします。

 

まぁ、欲を言えばアルニコ5の方がいいかなって気もするけれど、そのバージョンは国内での流通が微妙そうなのと値段が張ってしまう為、選択肢としてはちょっと厳しい。

 

スペックはもちろん、値段や流通状況など考えた場合、こいつが第一候補になりそうな感じです。

 

SEYMOUR DUNCAN ANTIQUITY SINGLE COIL P-BASS

SEYMOUR DUNCAN ANTIQUITY SINGLE COIL P-BASS

 

SEYMOUR DUNCAN SCPB-1

 

値段的な意味で気になるのがこちら。

7000円ぐらいで買えてしまうという、これは気にならないわけがありません。

 

エナメル線かは分からない、出力が8.1Kと高めなのがちと不満ではありますが、遊び感覚で試すんだったら有りかもしれないなと。

 

なんたって、結果が分かりませんからね。

ミックスサウンドはほぼ捨てて考えてますし、リスクが少ないに越したことはない。

 

実験に大金を投入する気にはならないのが本音であり、その意味で高級なPUには興味が湧かない、使おうとは思わないのも正直なところ。

 

本命は前述のANTIQUITYであう一方、候補として考えなくもないのがこっちのレギュラーバージョン。

 

もしも極性が違うタイプとかあるなら、リアをこれにしたかったりして?

 

SEYMOUR DUNCAN SCPB-1

SEYMOUR DUNCAN SCPB-1

 

世にも不思議な楽器選び?

 

今回のPU選びで役に立たないのが、

 

これはこういう音ですよ」

「こっちの方がフェンダーっぽいですよ」

「こっちの方がノイズレスですよ」

 

こんな意見。

 

それに対し、

 

・OPBの音が欲しいわけじゃない

・フェンダーにしたいわけじゃない

・使える楽器にしたいわけじゃない

 

この答えをするのは恐らく意味不明でしょう。

でもほんと、それが事実なんだから仕方ない。

 

楽器として優れているか正しいかもクソもない。

ただただタッチを鍛えるためだけに存在する一本が欲しい。

 

それでぶっとい音を出せるようになりたいという、まぁ、自分で言っててなんじゃそりゃって話です。

 

誤解しないでもらいたいのは、OPBはべつにそうやって使うためにある楽器じゃないし、良い音がしないベースだと主張しているんじゃありません。

 

自分の目的用途が極端なのであって、あまり変な方向には捉えないでほしいかなと。

 

とは言え、OPBがぶっとく充実した音が出せるのであれば、それは相当にタッチが鍛えられている証拠。

縦振動のタッチの感覚、それを手に入れる意味も分かってくるはず。

 

ジャズベを改造してみてあの特性が得られるかどうかは分かりませんが、タッチを鍛えるための一本は絶対に持っておきたいもの。

 

一日中、ひたすら3弦のDだけ弾くという、久しぶりにあれをやりたい。

色々な意味で確実に鍛えられます。

それを分かりやすく実践するためにもやはり、OPBの存在が自分の中で大きい。

 

別格と断言してもいいですね。

 

【ブログカテゴリー】