JIRAUD W-BASSとMBRACE 取り付け位置と角度を決める・滑り止めを加える

M Brace You Take

 

www.pompombass.com

 

角度と取り付け位置の決定

 

色々試してみた結果、アップライトベースの感覚で弾ける方が面白いかなという手応えがありました。

 

となるとやはり、通常のエレクトリックベースを構える方向性ではないんですね。

もっと縦方向、弦が垂直になるぐらいの角度であってほしいわけです。

 

で、気に入ったポジションがこちら。

 

f:id:bakibakibass:20180729231214j:plain

 

以前に実験で付けてみたストラップピンの位置、それをまさか今使うことになるとは思いませんでした。

 

正直、この位置は全然使ってなかったんですが、運が良いと言うか必然だったと言うか、面白い因果だなと。

 

課題あり

 

めでたくポジションが決まったはいいですが、ちょっと問題も抱えている印象。

 

・ゴムの滑り止めとクッションが機能しない

・楽器がフラフラ安定しない

・あっちこっちギシギシうるさい

 

このストレスが許しがたい感じ。

 

少しの不便なんか我慢すりゃいいやって話ではなく、これって単純に疲れるし、音も細くなっちゃうから嫌なんですよね。

 

楽器が安定しないってそれだけで音が痩せる原因、身体への負担が増すことになる為、これは要改善だと動くことにしました。

 

【スポンサーリンク】

 

 

THE・ホームセンター愛好家

 

【ゴムシート】

 

まず取り付けたのがゴムシート。

滑り止めの意味と楽器への当たりをやわらげる目的ですね。

これがあるだけでもけっこう変わります。

 

f:id:bakibakibass:20180729224903j:plain

 

【セーフティークッション】

 

なんて言うと大袈裟なようですが、本当にこういう商品名。

本来は床や家具を守るために付けるもの。

これもまた、滑り止めと当たりをやわらげる目的で付けました。

 

ちなみに取り付け位置に意味はありません。

超テキトーです。

 

f:id:bakibakibass:20180729225248j:plain

 

【結束バンド】

 

上記二つだけでもかなり変わるけれど、それでもまだ安心・安定感が物足りないのが悔しいところ。

 

仕方なく最終手段、ベースと本体とMBRACEを巻いてしまうことに。

見た目がよろしくなくて本当はやりたくないんですが、背に腹は代えられません。

 

効果てきめんなだけに、残念ながら(?)必須って感じ。

 

f:id:bakibakibass:20180729230555j:plain

 

後ろから見るとこんな感じ。

 

f:id:bakibakibass:20180729230638j:plain

 

NEW W-BASS 完成!?

 

そしてこちらが現在のベスト。

今のところ、一番しっくり来てますね。

 

f:id:bakibakibass:20180729231100j:plain

 

ただやっぱり、結束バンドがどうにもいまいちで残念。

慣れて気にならなくなるのに期待でしょうかね。

 

動画

 

試しに動画にしてみました。

と言っても部屋が暗く、映像も同じく暗くて見づらくなっちゃったんですよね。

 

それでもまぁ、アップライトのように弾いていることは伝わると思うので、せっかくだから載せておきます。

 

www.youtube.com

 

タッチもアップライトに近付くし、弓もやりやすいですね。

別の楽器に生まれ変わった感すらあります。

 

【スポンサーリンク】
 

 

W-BASSはW-BASS コントラバスではない

 

40万ぐらいのコントラバス、ヤマハのSLB200LTD、他のEUBを所有していたこともありますが、結局、生き残ったのはW-BASS。

 

なんでかと言うと、

 

・でかい

・重い

・面倒

・辛い

 

アップライトのこの四重苦に耐えられなかったからですね。

他にも原因を探せばはもっとありそうですし、ほんと、根性なしの自分に扱えるものではありませんでした。

 

じゃあそこでW-BASSが代用になるのか?

それそのものの音がするのか?

 

そりゃあれです、違う楽器として認識した方がいいでしょう。

楽なコントラバスを求めてW-BASSにしようなんて考えたことはありません。

 

ってか、アンプを通した音のことを考えるんだったら、W-BASSの方が良いまでありますね。

ピエゾのカリカリ感とは対極にある、そのディープなサウンドの気持ちよさったらありません。

単純にこの楽器のサウンドが素晴らしい、そして好きであるという、それだけで理由は十分。

 

そのままで凄いベースなのはもちろん、34インチ・ソリッドボディのEUBとして考えても面白い存在になりましたし、まさにオリジナルな楽器と言えるでしょう。

 

まぁ、これまで全然使いこなせてなかったのも本当の話ですが、MBRACE仕様にすることで俄然、火がついたって感じ。

 

これで自分の中での他のアップライトベースの必要性も物欲もなくなりそうです。

 

ん百万クラスのコントラバスでも弾いたらどうなるのかは知りませんが、少なくとも、エレクトリックにおいてのライバルはジラウド同社のNew Klienだけ。

 

そのん百万のコントラバスだって結局、PUとプリに悩むとか面倒で嫌だし、あまりに金も手間もかかってしゃーないし、自分的にほとんどメリットがなさそうだなと。

 

アップライト弾くなら、このスタイルのW-BASS1本に絞りたいですね。

本当に素晴らしい楽器です。

 

「ようやく俺の物になった!」

 

そんな手応えを感じる次第。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】