JIRAUD W-BASSとMBRACE その完成形を模索していきたい

W-BASSとMBRACE

 

www.pompombass.com

 

昨日に続き、今回もW-BASSとMBRACEについて。

 

使ってみた感じ、「これだ!」という手応えは確実にありますね。

 

これまでの場合、

 

・指弾きと弓奏の両立が厳しい

・いまいち美味しいポジションが見つからない

・慣れないフォームによる変な筋肉痛

 

こんな感じの悩みを抱えていました。

 

それがほんと、こんなしっくり来るかってぐらい別の楽器になってビックリ。

 

以前にヤマハのサイレントベースも所有していた身であり、ちょっと心残りがあるところだったりもしたのですが、これでもう、その心残りもほぼなくなったかもしれません。

 

長い間、合理的な演奏方法が見つからないままだったW-BASS。

それが一瞬にして化けてしまいました。

 

上を求めたくなるのが人の性

 

自分としては本当、「もうこのスタイルで弾くものだ!」というぐらいに気に入りつつありますが、だからこそ、ついつい贅沢を言いたくなってしまうのも正直なところ。

 

MBRACEとその方式について不満がないわけではありません。

 

その不満点について簡単にまとめると、

 

・もっと安定感が欲しい

・角度を簡単に自由に決めたい

・完全に固定したい

 

とりあえずこんな感じですね。

 

もっと高かったり多機能なマイクスタンドがあれば違うのかもしれませんが、でもやはり、それ専用に作られているわけではない弱点がある印象です。

 

まぁ、言ってしまえば、エレクトリックベースをアップライトベースにしようという、その発想の時点で無茶があるのは当たり前。

 

細かく完璧に答えてくれるわけもなく、この先は自分でどうにかするしかないって話なのかもしれません。

 

・もっと垂直気味になって欲しい

・ネック角を付けるように固定したい

・腕の力や体重が乗るようにしたい

 

このあたりについてもっと詰めていってみたい次第。

 

ボディレストはどうなのか?

 

EUB体験者として気になるのはこれですね。

今の状態プラス、より安定させる為のフレームがあったらすごく良さそうかなと思案中です。

 

やっぱり、左手が安定しないとか握力を使わなきゃいけないとなると、結構キツイんですよね。

ピッチを安定させる意味でもフォームはしっかりさせたいものですし、もっと体との一体感がある状態にしたい。

 

ただ、スーパーミニアップライトみたいにするのはちょっと方向が違うし、基本的にはスタンドに固定しておきたいわけです。

 

その安定性を高め、体との一体感も得るという、スタンド固定のスタイルとしてはなんだかよく分からない要求をすることになってしまいますが、それだ独特の個性にもなるんじゃないかと考えている次第。

 

まぁちょっと、先は長そうですね。

いきなり完璧になるはずもないし、あれこれ実験してみたいところ。

それもまた楽しみってもんだなと。