Jiraud Black Cloud 5 Limited 1 Humbucker Custom (6)

Jiraud Black Cloud 5 Limited 1PU Custom (6)

f:id:bakibakibass:20180711234621j:plain

 

理想の仕様、改造を考える

 

絶対のメインベースがある中、このベースはどんな立場にすべきか?

それがいまだに掴めていないのが正直な話。

 

今回は自分の中にある理想例や妄想をまとめてみようかと思います。

それによって方向性が少しでも定まってくれたらなと。

 

そのまま使う

 

このままが一番良いんじゃないかという話。

迷いがある中、この選択をするのは意外と難しいところ。

 

でもまぁほんと、今のままでも凄く良い楽器なのは確かなんですよね。

 

あれこれ追加すると余計にややこしくなる。

その意味ではツマミが2個だけの今の方が潔い。

そして正解なのかとも思います。

 

弦はラウンド弦でニッケルの方が合っている印象。

ゲージもスタンダードで小細工なしが良さそう。

 

【スポンサーリンク】

 

 

JFDT-Cかメビウスを搭載する

 

もっと積極的な音づくりを狙ったり、汎用性を求めるなら、プリアンプを載せた方が絶対に扱いやすくなると考えます。

 

パラレルモードの方をより実用的に使いやすくするのであれば尚更であり、それによってミュージックマンタイプのPU位置による独特の癖も抜けるだろうと想像。

 

このPUの位置というのは優れた音抜けと太さを両立している一方、ものすごく低い帯域を鳴らすにはちょっと物足りない面がある印象。

 

ゆえに悪環境下でも扱いやすい、生き残りやすい音を出せるのも確かなんだけど、やっぱり、それだけ独特の癖も出るんですよね。

 

それがなんとも「らしい」ポイントと言えばそうなんですが、ちょっと苦手に感じたり、元気が良すぎるかなと思うこともあるわけです。

 

その補正かまたは、より強烈なサウンドを狙う意味でも、手元にプリがあった方が面白く使えるかなと考える次第。

 

個性を伸ばすにせよ、オールラウンドを狙うにせよ、JFDTかメビウスを載せると凄いことになるだろうなと。

 

フレットレス化

 

かなり迷うことがあるのがこれ。

 

フレッテッドである限り、今のメインベースの座が揺らぐことがないのであれば、いっそフレットレスにした方がはっきり差別化できて良いのかもしれません。

 

フレットレスの場合は1PUの方が好きでして、また、ブリッジ寄りのPU位置の方が好きだったりもします。

JJにしてもバランスをリア寄りにする方が好みであり、2PUをミックスするのは何か違うという印象。

 

ただ、シングルコイルだとノイズが気になるんですよね。

音も軽めになってしまうし、ジャコの影響が強く出てしまう感じもためらうところ。

 

そこでこのベースのフレットレス化。

 

ノイズの問題についてはもちろん、太さとキレの両立という意味においてもそうですが、自分が求める要素をほぼ完璧にを満たしてくれそうな予感がします。

 

甘い音、鋭い音、太い音、繊細な音、恐らく自由自在。

タッチひとつであらゆる要求に応えてくれる。

そんなベースが誕生するのではないかと妄想する次第。

 

ただし、超本格的にやるならネックの作り直しは必須かなと考えてます。

個人的に薄い指板のフレットレスって好きではないので、ただ単にフレットを抜くだけだと失敗しそうで嫌だなと。

 

どうせやるなら完璧に仕上げたいですよね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ジェマーソンチューン

 

フラットワウンドを張り、ブリッジ付近にスポンジを詰める仕様。

これも憧れのベースの一つですね。

 

潔いという意味においても、ベースらしいという意味においても、これ以上ない位置に存在します。

器用とか他のことを一切求めないようにするという、まさに究極的な選択。

 

ただ、これをやるには大きな問題が存在しています。

 

『PU位置の変更』

 

これをやらないことには絶対に理想通りにはならないと痛感。

ミュージックマン位置のままではどうもピンと来ませんでした。

 

しかしま~、この楽器にこれからザグリを加え改造していくというのも、なかなか勇気が要る話。

その方が完全体になるだろうとは言え、そこまで決断できない面もあるのが正直なところ。

 

ジェマーソンチューンの場合、使用する弦も当然ながらジェマーソン弦にしたいわけですが、5弦でそれを実践するのって無理だと実は悟っています。

 

要するに、それに見合うローB弦がないんですよね。

E弦110という、極太で超硬質なフラットワウンド。

そこに自然に繋げられるローB弦というのは恐らく、この世に存在していない。

 

弾いた感覚としてもやはり、「ジェマーソンやるなら4弦!」という印象が強いです。

5弦でしかも弦まで細くするとなると、一気にピンと来なくなる。

 

憧れはあるけど現実的ではない。

その意味でこの仕様にすることはなさそうだと諦め気味。

なかなかそう都合良くはいかないから難しい。

 

ハイC5弦

 

メインベースとの差別化という意味では、これも分かりやすい仕様。

 

ハムバッカーの利点については、先日から話している通り。

全弦のバランスが良く、様々な奏法に対する音量バランスにも優れているのが、このベースの良いところ。

 

細い弦であっても力強く響かせることができますし、軽いタッチで弾くにも非常に有効だと考えれば相性抜群ですね。

 

しかし、ここで問題になるのが弾き手の感覚と脳みそ。

 

『何故か弾けないハイC5弦』

 

以前に記事にしましたが、それがまさに課題。

 

www.pompombass.com

 

ま~、ハイCの5弦ってビックリするぐらい違和感があるんですよね。

ほぼ確実に音を間違えますし、混乱しっぱなしです。

 

それ専門にするなら何も問題はないのでしょうが、それはちょっと自分の好みと方向性からは外れちゃってます。

 

だからこその差別化と考えることもできますが、そこまでの修練を積むんだったらまぁ、自分としては6弦を弾きたいかなと。

 

元々は6弦弾きでしたし、そっちの方が確実に自分には合っていそうです。

不思議なぐらい、ハイCの5弦って弾けません

 

【スポンサーリンク】
 

 

結局、何が良い?

 

明らかに方向性が定まっていない話になっている気がする今回。

 

自分的に一番興味があるとするならば、

 

『6弦化』

 

これに一番惹かれるのが本当のところだったりします。

 

あまり現実的じゃないのは分かってるんですが、もし実現できるのであればこれが一番わくわくする、今のベースとの完璧な差別化にもなるだろうと妄想する次第。

 

弦ピッチは狭くなるだろうし、PUも交換しないといけないでしょう。

ヘッドの改造かネックの開発か、どちらにしても大変そうなのは確実。

ジラウドらしさからは著しく外れてしまうのも間違いなさそうです。

 

でも、自分が夢見るような楽器を想像すると、これが一番的確なのかなと納得してしまう。

実現できる方法があるのかどうかは知りませんが、興奮すること間違いなしだなと。

 

一方、そのままシンプルにネオパッシブで使うのも好きだし、フレットレス化に興味があるのも確かなので、積極的に動くまでにはちょっと至らないのが難しい。

 

色々な意味で特別な楽器ですから、情けない話、自分がちょっとびびってるのもあるんでしょうね。

リスクの大きなところに切りこんでいけない、そんなもどかしさを感じますし、無理せんでも十分に良い楽器だろうと納得してしまうのも本音。

 

ま~ほんと、あれこれ迷ってます。

 

手放させば楽になるという方向ではなく、

 

「ドカンと行けよ!」

 

ってことだから悩ましい。

 

そのままでも美味しいのは当然。

万能ベース化、フレットレス化、6弦化。

どれもが自分にハマりそうで困ってしまう。

 

どこにどう思いきるべきか?

まだまだ結論は出なそうです。

 

【ブログカテゴリー】