Jiraud Black Cloud 5 Limited 1 Humbucker Custom (1)

Jiraud Black Cloud 5 Limited 1PU Custom

 

f:id:bakibakibass:20180705221904j:plain

 

基本スペック

 

ボディ:ホンジュラスマホガニー1p+シャム柿

ネック:メイプル21フレット

指板:シャム柿

PU:JHB-05

バッファ:アクセラレータ

塗装:オイルフィニッシュ

仕様:ネオパッシブ

 

・ボリューム 

・パッシブトーン

 

5弦ブラッククラウド まさかの3本目

 

縁あって手に入れることができたブラッククラウドの5弦。

実は入手自体はもう何年も前なんですが、あえて公開していませんでした。

 

ホンジュラスマホガニーのリミテッド仕様。

PUの位置はミュージックマンスタイルの1ハム。

プリは搭載せずバッファオンリーのネオパッシブ。

 

ま~、『超』が付くほどにレアな楽器ですね。

と言うか、この世に一本しか存在しない仕様でしょう。

今後の入手はほぼ不可能だと思われます。

 

公開しなかった理由 

 

色々と考えさせられるところがあるこのベース。

正直な話、まだどうも『自分のベースになってない感』が強く、迷う点が多かったりします。

 

そのまま弾いて素晴らしいのは言うまでもありませんが、それが完璧に好みにハマるかどうかと問われると、ちょっと違う部分があるわけです。

 

1PUであること、ハムバッカーであること。

この点にいまだに馴染めず、どう弾くべきなのか分かっていなかったり。

やはり、JJシングルコイルの感じとはかなり異なるものなんだなと。

 

良い意味でも悪い意味でも、自分の思い描く音とは別の音が出てしまう。

予想よりも遥かに大きく太い音が出てしまうなど、切り替えがなかなか難しいですね。

 

イメージ通りになる音を出すにはどうしたら良いのか?

それが掴めていません。

 

またあらためて紹介していきたい次第

 

いまだに違和感も多いと認識しているこのベース。

 

それ故、公開するつもりもなかったのですが、そこはせっかくのベースブログ。

書くことで新しい何かが分かればと思い、公開するに至りました。

 

ある意味、メインのブラッククラウドとは対極と申しますか、ボリュームとトーンだけというのも凄く大きなポイント。

にもかかわらず迷うところが多く、どうにも掴めない点が多いのだから面白い。

 

先日、ベース物欲の極限とその仕様について話しましたが、その中間あたりに存在しているような気がするのがこの1ハムのブラッククラウド。

色々ひっくり返ってしまった場合、もしかしたらメインになる可能性もあるのではないかと考えたりもします。

 

割と真面目な話、ブログにすることで新たな何かが発見できたら嬉しいですね。

どんな変化が待っているものなのか?自分が一番楽しみな次第。

 

【ブログカテゴリー】