音楽学校志望の学生の話 根拠なくとも自信は必要 陰気よりは元気な方が良い 

音楽学校志望の学生とのセッション

 

2009年に某所で書いてた記事をリライト。

こんなことあったな~、という話を今回はしたいと思います。

 

高校生ドラマーとポング

 

先日、友人の付き合いで、高校生のドラマーと演奏する機会があったのですが、いやはや、ちょっとまいってしまいました。

 

正直、会話にならない、意思の疎通がとれないと言いますか、一緒にいて結構しんどかったですね。

申し訳ないけど、ちょっとイラついてしまうところがあったかなと。

 

おおまかにまとめるとこんな感じ。

 

ポ「いつもどんな音楽を聴いてる?」 

高「・・何でも聴きます・・・」 

 

ポ「うん、じゃあその中でも好きなジャンルとかは?」 

高「・・・・・・・・」 

 

ポ「・・バンドとかプレイヤーだと誰が好き?」

高「・・・いや・・特に・・・」 

 

ポ「・・・いつからドラム始めたの?」 

高「小4です。」 

ポ「小4!そりゃ早ぇな!!」

 

ポ「今までどんなのコピーしてきた?」 

高「・・コピーはあまりしてません・・・」

 

ポ「・・・バンドをやった事は?」 

高「・・吹奏楽はやりましたが、バンドをやった事はありません・・・」 

 

ポ「・・・・・ライブを観に行った事は?」 

高「・・・ほとんどありません・・・・」 

 

ポ「・・・・・・・」

高「・・・・・・・・・・・」

 

とまぁ、こんな感じだった次第。

 

【スポンサーリンク】

 

 

シャイで済ますにはちょっと厳しい

 

難しい年頃と考えれば分かりますし、自分もコミュ障系の人間である為、会話を弾ませるのが苦手な気持ちは理解できるつもりです。

一回り近く上の人間と初対面なわけですから、萎縮しちゃうのも不思議ではないし、礼儀がどうのとグチグチ言う気もありません。

 

ただ困ったことに、音楽に関する会話にもほとんど乗ってこず、そこですらコミュニケーションを取れないというのが辛かった。

逆にこっちが気を使ってしまったような、悪いことをしてしまったような、かなり微妙な気分と雰囲気だったなと。

 

まぁほんと、これだったら、

 

「好きなジャンル!?」

「ロックですよ!ロック!!」

「ポップとかジャズなんてクソです!!」

 

こういうぐらいの奴の方が分かりやすいですよね。

たとえ下手くそだったとしても潔いし、楽しく演奏もできたかもしれません。

 

陰気よりは元気な方が良い

 

この彼、来年から専門学校に通うらしく、そこで本格的に修行を始めるとのこと。

是非、良い指導者や仲間達にめぐり合い、自信を付けて欲しいですね。

 

別に声が小さくても、無愛想でもなんでもかまいません。

そんなもん勝手に変わってくるか、無理にすぐ変える必要もない。

何年行くのかは分かりませんが、ひたすら音楽に打ち込んでみてほしい。

 

とりあえず、

 

・好きなバンドもプレイヤーもジャンルもない 

・ライブを観に行った事がない 

・バンドもやった事がない 

・ほとんどコピーをした事もない 

・でもドラムは7年以上やってる 

・でも何が好きかはよく分からない

 

こんなあまりに無関心・矛盾した感じで寂しいことを言うのは、これっきりにして欲しいところ。

 

内に秘めてる闘志なんて言うとちょっとくさいようですが、でも大切なことですよね。

そういうものが1mmも感じられなかったのが一番残念だったかなと。

 

下手でもいいし、ミスしてもいい。

学生に器用に上手いことなんか求めても仕方ありません。

おっさんが羨むような情熱、勢い、純粋さってのを見せつけてくれればたぶん、それだけでめちゃくちゃ魅力的。

 

変に行儀よくかしこまってるより、その方が大人も力を貸してくれるようになるはず。

 

【スポンサーリンク】

 

 

学生に上手い事なんか求めてない

 

これ、まんま自分が恩師に言われた話だというのが面白い。 

 

「お前らに御上手は求めてない」

「弦をなでるのをやめろ」  

「綺麗に弾いても何にも面白くない」 

「下手なんだからせめて元気に楽しく弾けよ」

 

何度言われたか怒られたか、思い出してしまいました。

ま~、今だからこそ、その気持ちも意味も分かりますね。

なるほどとしか言いようがありません。

 

「賢く無難に上手に」とか、そんなことを教えたがる人間はいない。

そうなれたとしても、誰が若手にそれを求めるのかなって。

 

好きを持つべき 自信も持つべき

 

もちろん、人には相性・性格というものがあります。

どうやっても陰気なのを隠せない、絶対に克服できない人がいても不思議ではない。

 

繰り返すようですが自分自身、どちらかと言うとそういうタイプであり、飲み会とかそういう付き合いも嫌い。

だからまぁほんと、コミュ障のオタクの気持ちとか分かるつもりです。

 

ただ、そういうオタクだったりするのであればこそ、「これが好きだ!」という堂々としたものを持っているべきだし、相手にも伝えられるべきなんじゃないかと考えます。

 

痛くて結構、気持ち悪くて結構、近寄りがたくて結構。

されどその好きなものに対しては一目置くに値する存在であれば全然違う。

同じ『暗い』にしてもそういう方が良いんじゃないかなって。

 

この時の彼がどういう人間だったのか?

それをたった一度で判断するのも安易で危険な話。

しかし、その一期一会を大切にしなければいけないのも人の世の中、現実というもの。

 

「これが好き!」というのが伝わってくる、伝えられるというのは、その点において強いですよね。

器用に上手いというぐらいでは、それはなかなか実現できないことではないかと痛感します。

 

【スポンサーリンク】
 

 

感情は人を動かす

 

うざいお説教をしてるようですが、これがそのまま自分にも突き刺さってしまうから恐ろしい話。

高校生ドラマーの彼の気持ちも態度も分かる、自分もやってたであろうだけに、良い勉強になった経験でした。

 

反面教師と言うのも言葉が悪いようだけど、やっちゃいけないこと、やるべきではないことがあるんですね。

根性論も精神論も嫌いだけど、何も伝えられない、魅力がないよりは、滅茶苦茶でもなんでも相手にぶつけられる方が良い。

 

根拠なんてなくてもいい。むしろ要らないぐらい。

なんでもいいから一つぐらいは自信を持っておくべきだと、それを痛切に感じる次第。

 

その意味では自分はベースが好きな自信があります。

それを一生楽しめる遊べる自信もあります。

20年以上弾いてきたけどまだまだこれからが遊びの本番。

 

もっともっと遊べるよう、テキトーになりたいですね。

 

【ブログカテゴリー】