パッシブの魅力とメリットを謎理論と勢いで語ってみる

パッシブという名の戦場を生き残れ

 

ローインピーダンスで抵抗が少ないとか軟弱ですよ。

そんな整った道をのんきに歩いてきたアクティブなんか貧弱坊っちゃんの音。

 

理不尽な荒波に勝って生き抜いた音こそが本物。

抵抗なんぞに負けて脱落した信号なんか必要ない。

クソ長いケーブルだろうが何だろうが生き残ったやつは強くて当然。

 

そもそものモノが違うんですよ。

音も良いに決まってるし太いに決まってます。

 

否定しきれない気がするのは何だろう?

 

自分で言ってて意味不明。

滅茶苦茶としか思えませんが、いや、なんでしょう?

不思議と100%否定しきれない気もするのが面白い。

 

これって楽器本体の問題だけではなく、自分のタッチの問題にもなりそうだから面白い。

どこで何を弾こうが自分の音を出せてしまう、生きた信号をどこまでも届けられるという、そういう人が現実にいるであろうことを考えると、あながち間違いでもないかと頷きそうになってしまったり。

 

逆にほんと、楽に音を出すことしかやってこなかったり、綺麗に弾くことしかできないとなると、場面によってはひどく頼りなく弱くなってしまう部分がありそう。 

いくら電気的な力に頼ろうとしても無駄。

荒波の中を生き残る音を知らないという、それって決して珍しいことじゃないよなと。

 

何がなんでも音を届けようとする、生き残ろうとする、楽しませようとする、理屈を超えた何かって確かに存在するように感じますよね。

 

その手応えを得るにはやはり、パッシブの方がより直接的な印象があります。

 

【スポンサーリンク】

 

 

常識的には不利で当然

 

当たり前の話、パッシブで長いケーブルを使うとなると、それだけで不利になることがあります。

高域特性が露骨に悪くなるし、ひどくすると音量も落ちるでしょう。

アンプの入力インピーダンスが低ければそれだけで大きく劣化する原因にもなる為、環境に左右される確率も高くなる。

 

普通に考えれば、劣悪な環境下でパッシブをそのまま使うことは理に適ってません。

いくらパッシブにこだわったってDIなんてものを通す場面も多いわけですし、アンプだってそうでしょう。

最初から最後までハイインピーダンスなのが命とか、聞いたことがありません。

 

「長いケーブルを使うほど音が良くなる!」

「抵抗が増すほど音を育てることができる!」

「劣悪な環境であるほどパッシブは輝く!」

 

こんな理屈があるかいなと。

 

電池ごときに邪魔されたくない

 

パッシブが電気的には不利なことだらけだと認識する一方、アクティブでちょっと気になる要素があるのも本当の話。

 

『9V電池』

 

こいつですね。

 

どんなに超優れたバッファだろうとなんだろうと、こんなしょっぱい電源では限界があるんじゃないかと疑問になったり。

その程度の電源でもバッファの役割ぐらい十分に果たせると言われればそれまでですが、異物と考えるのも分かる話ではあるところ。

 

実際、自分が所有しているジラウドのラックプリアンプとか、実は純パッシブの方がその恩恵をハッキリと実感できたりもするんですよね。

 

究極と思われる『JFDT-HA』

それすら超えてしまった『Dr.Sim』

パッシブ楽器を通すとめちゃくちゃ良くて笑ってしまいます。

 

「これだけでええやんけ!」

 

本当にこういう気分になる。

 

バッファを通した方が電気的に有利なのは当たり前だし、ジラウド同社から素晴らしい製品が出てもいます。

それを搭載したベースを自分は数本所有しています。

 

それでもですね、純パッシブを高性能・高電圧駆動のプリアンプに直接通すのとでは、何かが違うと感じるから不思議。

不利なことやってるのは分かるし、特性的にも劣化してるのは確実なんですが、なんだかそういうこっちゃない。

 

純パッシブには純パッシブの魅力があるし、謎の楽しさがあるんですよね。

ちっこい電池とか回路を通すのは野暮と言うか、悔しいけど認めざるを得なかったり。

 

「理屈じゃない」

 

好きじゃないけどこの言葉を使いたくなってしまいます。

なんかよく分かんないけどパッシブが良いって分かるなと。

 

【ブログカテゴリー】