ベースとグルーブ リズム感を良くする方法を物理的に考えてみる

まずは手拍子をしてみる

 

※無理せず怪我をしないようにお願いします。

 

ちょっと速めの8ビートの曲でも流してみてください。

何も考えず、乗りやすく手拍子してみましょう。

 

次は腕を頭上に思いっきり伸ばし、それで手拍子してみましょう。

腕を楽にしようとか、脱力しようなんて考えないでください。

完全に真っ直ぐ伸ばして手拍子すること。

それを意識しましょう。

 

今度はそれで動きを思いっきり大きくしてください。

なんなら腕を水平の位置ぐらいに構えてやってみましょう。

もっと極端に試すなら気をつけの状態から頭上で手拍子してみる。

この際、手数を減らしてはいけません。

あくまでも速いテンポのまましっかり刻む。

 

そして最後。

何も考えず、最初と同様に手拍子しましょう。

気持ちよく自然に乗れるように叩いてください。

 

実験はとりあえずこれで終了です。

 

嫌な動きで乗れるわけがない

 

結論から言うと、動きの整合性がないのに乗れるわけがありません。

テンポに合わせて手拍子するだけでも重労働です。

過酷どころか、ほぼ不可能でしょうかね?

 

「これ本当にやる必要あるの?」と問われたら、

 

「無い!」

 

と断言します。

 

そんな不条理な動きを律儀に守って高速に動かそうとしたり、無理やりに合わせようとしたり、そんなことをやればやるほど不自然になって美味しいポイントからもずれてしまう。

 

気持ち悪いノリ、外れたノリになってしまう可能性大。 

大変なだけ、疲れるだけ、そもそも実現困難です。

 

【スポンサーリンク】

 

 

タッチが悪いとそうなる

 

・無駄に疲れる

・リズムに合わせるのが難しい

・鳴らしたいポイントで音が出せない

・どのタイミングで音が鳴るか分かりづらい

・集中しまくった状態でないとできない

 

先程の手拍子にこんな印象を受けたのだとしたら、それがそのまま自分のタッチにも当てはまる可能性があると考えてみてください。

 

どんな超絶技巧を持っていたとしても、正確なリズムの持ち主だったとしても、体の動きとやってることが支離滅裂ではどうにもなりません。

 

もう、合わせるだけキープするだけで精一杯。

必死に頑張れば走ったり、それに気付けばモタったり、疲れれば余計にずれたり、酷いことになるでしょう。

 

一方、最初の自然な手拍子のような感覚で弾けるならば、そんなめっちゃくちゃな努力をしなくても、とりあえず合わせることは可能になります。

 

シンプルなビートに対し、手拍子をまったく合わせられないということは、そうそうないはず。

普通に合わせることができるし、それをキープすることもできる。

楽器をやってるかやってないか、それも特に関係ないとすら言えます。

 

裏を感じるのが重要とか、天性のリズム感だのグルーブがどうだの、ついついそんなことを考えてしまったりするものですが、それも根本的にタッチが滅茶苦茶であるならば悩むだけ本末転倒。

難しいことを意識すべき段階にすらなく、スタート地点がそもそもおかしいことについてもっと疑問を抱くべき。

 

無駄に大きく振りかぶるだけ、疲れるだけ、手拍子にすらならないタッチ。

それを変えるだけでもリズムの感覚は別のものになる可能性が高い。

 

理屈もクソもなく格好よく弾けるとか、修練でものにするというのも一つの道ですが、夢物語のようにそれを求めるのはあまり現実的ではないように感じます。

 

次のテスト

 

前述と同じく、また速めの8ビ-トの曲に合わせるとしましょう。

自然な手拍子の感覚でかまいません。

今度はそれを指先同士だけでやるようにしてみてください。

 

この際、ただ指先同士を合わせるだけではなく、手拍子と同じく「パンッ!」と音が鳴るようにしましょう。

小指同士を合わせてそれができれば物凄いですね。

完璧どころか超人的だと言えるでしょう。

 

ってことはこれもまぁ、できなくて当然。

指先同士を合わせて派手に音を出せるとか、普通じゃ有り得ません。

例外的に可能にする技術や人が存在するとしても、自身にそれを求めるのはあまりに無謀というもの。

 

こんな変な手拍子の練習など真面目にしないでください。

 

【スポンサーリンク】

 

 

良いタッチで良い音を

 

音が出ない手拍子、リズムに合わせることも難しい手拍子。

それと同じく、リズムの感覚がまったく分からないような音しか出せないタッチではまずい。

 

どんなに優れたリズム感があろうと、自然に弾ける感覚を身に着けていようと、ろくに音が出ないんじゃ根本的に厳しいとしか言いようがありません。

 

動きがめちゃくちゃ、合わせることすら難しい、音も出ない。

自分の中だけでなんとなく分かっていても、相手にはほとんど伝わらない。

この状態でリズム感云々、グルーブに悩むというのは正直、何かがずれている。

 

そりゃ大変になって当たり前ですよね。

日本人だからどうとか、才能がどうとか、そういう問題なのかなと疑問になります。

 

『手拍子すら出来ない状態で必死に頑張る』

 

動きが悪い、音が悪い、タッチが悪いというのはそれと同じなのかなと。

発音の良い手拍子感覚で自然に音が出せるようになれば、それだけでまったく違ってくるはず。

 

何と言いますか、超絶難しい曲の中でリズムを正確にキープできるとか、機械のごとくずれない演奏を目指すとか、そうやってリズムを良くする方向を目指すのは考えものですよね。

 

「気持ち良い手拍子なんか要らない!」

「体の動きなんか無視すべき!」

「とにかくまずは機械になることを目指せ!」

「リズムを鍛えることは超人を目指すことだ!」

 

これで本当にいいのかなって。

 

それよりもまず、

 

・ストレスにならない自然な動きを身に付ける

・難しく考えず手拍子のように音を出せるようにする

・リズムを分かりやすく表現して伝えられる

 

これが第一歩なんじゃないかと考える次第。

 

哲学を作るのは後でいい

 

どうしてもこう、

 

「難しい!」

「単純じゃない!」

「奥が深い!」

 

こんな方向に行きがちですが、シンプルに考えてみるのも悪くありません。

 

『良い音で楽しく弾く』

 

まずこれが何よりではないでしょうか。

 

で、この場合の『良い音』というのを『リズムが分かりやすい音』と定義してみると、より話が分かりやすくなるんじゃないかと。

 

「わあっぁあん、ッ~ゥウウ・・すいリいいぃ!フオォオゥウ・・・」

 

みたいな音ではなく、

 

「ワンッ!トゥッ!スリッ!フォッ!」

 

という方が言葉としても音・リズムとしても分かりやすいですよね。

それを表現できるタッチを身に付ければリズムも自然と良くなるし、それだけグルーブも変わってくる。

 

逆に前者になるような弾き方をしていては、何をやっても厳しい。

困ったことに、ベースは音の立ち上がりが鈍臭くなりがちな楽器な為、前者のようになってしまう可能性が増してしまうから厄介。

曖昧な発音で音のピークが後から来るような弾き方だと、どうしてもリズムが分かりやすくなってこない。

 

様々な技術や修行方法があるかと思いますが、まずは単純な話、手拍子感覚で良い音を出せるようになることを目指してみるのをおすすめします。

 

それが最も分かりやすいんじゃないかと。