おすすめのベース・買ってはいけないベースについて考える

買ってはいけないベースとは何か?

 

『物欲しか満たせない物』

 

これではないかと。

 

要するに何の生産性も創造性もない、ただお金を使いたいだけ、手元に置いておきたいだけ、その時の気分を満たすためだけの存在。

 

経験上、そういう楽器って高確率で手放すので、持ってても仕方なかったりします。

 

どんなに芸術的な仕上がりだろうと、どんなに良い音がしようと関係ないですね。

自分に合わない、使わないのでは意味がありません。

 

数多くの場面で物欲が刺激され、ものが豊かに溢れる時代だからこそ、考えさせられます。

消費行動・浪費から抜け出せなければ、永遠にお金を使うだけで終わりになりそうで恐ろしい。

 

「欲しいベースがあるけどなんで欲しいのかは実はよく分かってない」

これは非常に危険な傾向だと言えるでしょう。

 

物欲というのは本当に厄介な存在です。

油断すると何十万円と平気で消えていってしまいます。

下手するとそんなもんじゃ済まなくもなるから恐怖。

 

おすすめのベースって何?

 

『今持ってるベースが不要になるベース』

 

これで良いんじゃないかと。

 

せっかく買ってもちょっとした違いしかないんじゃ意味がありません。

前のベースになんの興味もなくなるような存在を手に入れることができれば、それが何よりでしょう。

 

その自信がないんだったら無理して買っても仕方ない。

あっちもいいこっちもいいと悩み続けるのは考えもの。

 

使い分けようと考えるんだったらまったくの別物、完全に違うタイプである方が良いですが、あまりに特殊だったりスタイルが遠すぎて使い道がないというのも微妙な話。

 

だったら、スタンダードで万能なベースを工夫して使うのが一番実用的であり、賢い選択で無駄もなさそうです。

 

極端な話、

 

・ジャズベース

・プレシジョンベース

・スティングレイ

 

この3つを把握しておけば問題ないはず。

 

フレットレスにしても同様ですね。

ここを基本形にして物がしっかりしているほど、失敗の確立は減ります。

 

【スポンサーリンク】

 

 

高いベースって何が良いの?

 

「音がいい!」

 

と単純な話で済めばいいのですが、事はそう簡単ではないから難しい。

 

職人のエゴやプレイヤーのエゴ丸出しで作られているほど実用的ではなかったり、むしろ扱いづらく仕上がってたりもするから厄介。

 

これまた極端な例を出すのであれば、アンソニー・ジャクソンのコントラバスギターなんかはまさにそうでしょう。

何百万円もするような楽器だけれど、あれが万人に合うベース、実用的で扱いやすいものだとは到底思えません。

 

何本か試奏したことがありますが、あれがバッチリ合う人というのは、この世に本当に僅かしか存在しないんじゃないかと想像します。

それぐらい独特であり、特化した楽器である印象。

 

あの楽器でしか表現できないこと、出せない音があるのは確かな一方、逆に考えれば完全にそれでしかないとも言えます。

金額的な意味も含め、なんとなくの憧れだけで手を出すには相当なリスクがあると感じる次第。

 

まぁ、これはちょっと極論じみてはいますが、でも本当、高いから良いだろうと思いこんだり、目的も用途も分からずに楽器を選ぶと大体の場合、買い物としては失敗に終わる可能性が高いと思います。

 

高いから頑丈で安定してるとか、どんな場面でも頼りになるとか、残念ながらそんなこともないんですよね。

 

酷い話、運が悪ければすぐに終わっちゃうネックに当たる可能性だってあるわけです。

 

「あいつのは大丈夫で俺のは駄目・・・」

 

こういうことも決して珍しい話ではないでしょう。

 

穿った見方をするならば、素人仕事でも手間と材料費をかければ高級にできちゃいますし、もっとひねくれて見れば、値段なんか売る側の気分でどうにでも決められるもの。

 

実際に弾いてみたこともない、値段やイメージの問題だけで判断するのは愚の骨頂。

それであれは最高、これは駄目だと判断するのは愚かな行為だと言いようがありません。

 

成金思考みたいなのはもう時代に合わないですよね。

 

『超高級コピーモデル』みたいなのもどうかと思うし、変な楽器選びはしたくないものです。

 

安い楽器って何が悪いの?

 

これも実は判断が難しい話だったり。

 

たとえば前述のように、ジャズベ・プレベ・スティングレイなど、このタイプを基本に特に小細工もなく作っているのであれば、意外と実用できてしまう可能性が高かったりするからですね。

 

初心者ならジャズベースの選択を基本に考えておけば、それだけで失敗の可能性はかなり減るでしょう。

そこを基本に慣れておけば、無駄に高いだけのベースに惑わされるようなこともなくなっていくはず。

 

ただし、いくら設計と量産体制に優れていると言っても、限界はあります。

 

あまりにも安物の場合、木材やパーツの質が低くなるのは当然であり、色々安定しなくなるということは覚悟した方がいい。

音程感が良くないとか根本的に抜けてこないとか、状態が悪くて弾きづらいとか、様々な面で支障が起こることが予想されます。

 

悪い面を見るとキリがないのは確か。

 

一方、10万ぐらいの楽器でも安物として扱うのであれば、これはもう、一気に話が難しくなってきてしまいますね。

 

木材の質にもパーツにも心配がなく、加工精度もなんの問題もない。

そうなるともう、当たり前にバリバリ使える楽器であると言えるでしょう。

 

加えて、買ったお店が良心的な存在だったら、さらに憂いは少なくなります。

自分に合った調整はもちろん、後の面倒も見てくれるとなると、正直、どこにどうケチをつけるべきか分からなくなってくるんじゃないかと。

 

変に欲を出してケバケバしい木材を使ったり、電気的にもわけの分からない、目的も意思も曖昧なベースとか、超高確率で失敗します。

 

50万出そうが100万出そうが、設計の段階で終わってるとどうにもなりません。

自分に合った仕様、好きな音も何も分からず大枚叩いたって無駄。

10万とかそれ以下の楽器に普通に負けます。

 

個性を求めたつもりが無個性になったり、そもそもそんな段階ですらなく完全に実用外、問題外、論外になったり、マジでそんなことがあるから恐ろしい。

 

超絶激安品に多くを期待しない、警戒するのは当たり前ですが、それなりに仕上がってるスタンダードスペックな楽器は本当に侮れません。

 

あれもこれもと消費ばかりすることが馬鹿馬鹿しくなってしまいます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

絶対の愛機という存在が物欲を倒す

 

よくもまぁ、こんだけ偉そうなことが言えるようになったもんだと、自分で自分に関心してしまうかもしれない今日この頃。

 

今まで失敗してきたこととか、そのあたりについては『パッシブと上達』の記事を参照ください。

 

www.pompombass.com

 

今のメインベースであるジラウドのブラッククラウドを手に入れてもう少しで10年。

これまた自分で言うのもなんですが、快挙ですね。

 

元々、楽器に愛着を持たない方なのと、同じベースを2年と使い続けたことがない身な為、不動のメインベースがあるなんて事実にあらためてビックリしてしまいます。

それと同時に、どれだけの物欲を抑えてくれたのだろうかと、感謝すべきなんじゃないかって気もしたりして?

 

そう言いつつ、タイプの異なるベースを他に持ってますし、物欲が0になるなんてこともさすがにありません。

たまに記事にもしている通り、まだまだ欲しいものがあるのは確かです。

 

でも本当、

 

「こうすりゃいいんじゃね?」

 

という希望と要求に応えてくれるクオリティとポテンシャルがあるから、数日もすればその物欲を薄くすることができるんですよね。

 

それと同時に、このベースのことをもっと深く知れる、もっと上手く扱えるようになる。

弾きこむほどに音が良くなる実感もあるから、他に気が行かなくなる。

 

故に、弾いてていまだに新鮮な気分になれる、楽器に教わることがあるという、実に素晴らしい存在であるとしか言いようがありません。

 

物欲があるのも確かな一方、

 

「もう増やしたくない」

 

この気持ちがほとんど勝つという事実。

ある意味では寂しくもあるけれど、物凄く幸せなことだと納得満足です。

 

自分がおすすめの楽器を強いて言うならば、そういう確信と自信が最初から持てる一本、それが良いんじゃないかと思いますね。

 

失敗と試行錯誤を重ねてきた分、このベースについてはメインにする迷いがなかった。

気分の問題に惑わされない、絶対の自信と確信があっての選択でした。

 

失敗しない買いものをしたいのであれば、それぐらい欲しいもの、自分の好みを理解していることが大切だと考える次第。

迷いがあるならとことん迷い、手に入れ手放しまくり、そうやって答えを見つけていけばいいんじゃないかと。

 

思いっきり消費して気持ちよくなりたいとか、ただ何となくお金を浪費したいだけとか、そういうのはもうやめです、やめましょう。

 

ほんっと虚しいだけ、無駄なだけ。

必要なものを吟味し、それを思いっきり楽しんだ方が良い。

 

超絶良い音だろうと最高最強スペックだろうと関係ありません。

好みに合わず弾く気も起きないんじゃ意味がない。

 

『自分に合った楽器』

『自分が弾きたい楽器』

『自分に必要な楽器』

 

これを知っていること、理解していることが何よりですね。

ここから外れているなら、それは大して必要のない楽器でしょう。

どんな理由から物欲が刺激されているのか考えた方が絶対にいい。

 

「理屈じゃない!」

「欲しいから欲しい!」

「いつか使うかも!」

 

こうやって思考停止してると、いつまでたっても消費の渦からは抜けられなそうです。

 

【ブログカテゴリー】