ベースと速弾き (11) 音を太くする・音量幅を持っておく

力み・緊張の悪影響

 

音を太くすることを意識するとついつい、力を入れてしまいがちなもの。

実際、音量が上がればそれっぽくなるし、迫力も分かりやすく出てきます。

 

しかしこれというのは「それっぽい」だけだったり、実際は音が潰れてしまって音程感も存在感もなくなったりするから難しい。

「ライブに慣れてないとありがち」なんて話では済まず、慣れていたって力んでしまうことがあるのだから厄介な問題。

 

自らは緊張してなくても、周りがカチコチで弾き方が乱暴になっていては困ります。

リハと本番で音量がまったく違うなんてのもありがちですよね。

それに応じて嫌でも音量を上げざるを得なくなるのは辛い。

結局はその影響で力んで音が潰れてしまったり、楽器演奏・バンドというのはなかなか綺麗事だけでは済みません。

 

速く弾くのに大敵なのが、その力みと緊張。

そして実のところ、音を太くするにも大敵なのがこの両者。

前述の通り、力任せに弾いていたら音は潰れてしまうものです。

緊張の有無に関係なく、普段からパワー頼みのタッチで弾いてるなら問題があります。

 

それをスタイルまで昇華させているのなら良いですが、求めている結果とはまるで反対の演奏と音になっているようなら、冷静に見直してみた方が良いでしょう。

 

・弦が振動してなくて音質自体は細く頼りない

・目立っているのはアタックだけでバンドの邪魔

・すぐ疲れるし指もぜんぜん動かない

 

こんな自覚があったら要注意。

 

脱力・小音量で音を太くする

 

強いアタックや乱暴な弾き方で迫力を得ようとするのではなく、ごく軽いタッチ、小さいな音量で良い音を出せるようにすると、演奏は絶対に変わります。

 

まずとにかく余裕が出ますよね。

そんな頑張らなくても十分な太さがあるのだから、力む必要そのものがなくなってくる。

音量についても同じく、軽く弾いて十分な質と量を保てるのであれば、バカみたいに強く弾く必要はなくなってくるし、大小の幅がある分だけ演奏の余裕と表現力にもなるでしょう。

 

弦をストレスなくスムーズに鳴らせる、摩擦も抵抗も妨害もなく振動させることができるというのは、想像以上に大きな意味があるものだと考えます。

 

「楽器をちゃんと鳴らす!」と意識すると、必要以上に人間の方が頑張っちゃったりしますが、大事なのは弦が振動していること。

変な話、一番頑張ってもらうのは弦の方であると言いますか、人間はそのきっかけをつくるだけで実は良いんじゃないかと。

 

弦を振動させているつもりが一生懸命に邪魔してたり、無駄に暴れさせて効率が悪くなったり、力を入れすぎているとその傾向が強くなってしまいます。

 

太い音を得ようとする場合、話は意外とシンプル。

 

『弦を振動させる』

 

要はこれ。

そこに異常なパワーは要らないし、変な幻想も必要なし。

 

・弦から指が離れるスピードを上げる

・弦振動の初動と角度を考える

・弦を振動させるためだけに力を使う

 

これを意識するだけでタッチのスピードが上がります。

演奏が楽に鳴るし、音も太くなるし、速度も増すし、良いことずくめ。

 

『脱力している状態、小さな音量で良い音を出せること』

 

速弾きするにも音を太くするにもこれが大事。

体格や身体能力で勝負できないなら尚更ですね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

マッチョな方向を目指すのも有り

 

いきなり矛盾するようですが、フィジカルを強くするのも大切だと考えます。

 

と言うのも、まったくの非力だったり基礎体力もないのに脱力だけ心掛けても、ただの貧弱・軟弱にしかならない可能性が高いからですね。

元々の馬力があるから余裕が出る、脱力していても十分な力があるから問題なく弾けるなど、これも否定できない面でしょう。

 

「脱力しているから強い力を生めるんだ!」と認識するのも分かる話である一方、元々の強い力があるからこそ、それをコントロールする術が身に付くとも考えられる。

 

強い力があるならば、それを正確に自由に操れるようにする。

力が弱いならもっと鍛えるか、自分の中のより強い力を利用する。

 

様々な矛盾を抱えることにもなりそうですが、試行錯誤を重ねていけばそれは絶対に力と技、自信になっていきます。

 

後はまぁ、マッチョと言っても単純な筋肉・筋力の話ではなく、電気的に強力にしてしまうというのも、エレクリックベースを弾くには大事なことでしょう。

(2)の方でも触れましたが、使うべき道具を誤っているのはいただけません。

 

本番で周りがどうしてもうるさくなるとか、何が起こるか分からないというのであれば、コンプなりブースターなりを用意しておくのも有り。

ただの音量アップを図るのではなく、使えるエネルギーを大きく効率的にしておき、それを利用して脱力して弾ける状態を作ろうということですね。

 

「全部タッチだけで!」とこだわるのもいいですが、所詮はエレクトリックなんだから時には電気の力を借りるのも当然の話。

 

軽く弾くだけで望む音量を得られるようにしておけば、それだけで力まずとも済むようになります。

もちろん、前述のように軽く弾くだけでも良い音が出せるタッチを身に着けておけば、さらに効果的。

 

実に様々、適当にいい加減に矛盾しているようですが、まぁほんと、そこにさらに無責任に言葉を追加するなら、

 

「正解なんか知らない」

「自分の好きにやればいい」

「近道なんかあってないようなもん」

 

こんなことを言いたいところだったりして?

だからこそやりがいがある、研究しがいがある、そんな言い訳もオマケで追加しておきましょうかね。

 

自分の経験上、クソ真面目な練習一辺倒から変わったら速く弾けるようになったりしましたし、ほんと、楽器って分からないことだらけ。

 

また、律儀でカチッとした速弾きってつまらなかったりするから厄介ですよね。

多少荒くて勢いがあるぐらいの方がいいってのも珍しいことじゃないから面白い。

その意味で、マッチョでなゴリ押し方向性で行くのも悪い話じゃありません。

 

「カオスを超えた先に自分がある」

 

マジでそんなもんではないかと。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】