音痩せ対策・バッファ購入をやめた友人の話 【ポングの実験室】

音痩せ対策・バッファへの興味と決断

 

ギタリストのお悩み相談と訪問

 

先日、エフェクターの実験をしてみたいと友人が遊びに来ました。

 

・今のボードの繋ぎ順が正しいか知りたい

・もっと音痩せ対策をしたい

・バッファの効果を知りたい

 

悩みの内容は大体こんな感じだったかなと。

 

現状、使っているエフェクター自体に不満はない、でもクオリティアップできるなら何か導入してみたい、そんな話。

 

一方、冷やかし程度のノリではなく、劇的な効果を期待できるなら迷いなく導入するだろう決意があったのも確か。

 

自分もいろいろ興味があった為、ああだこうだと2時間ぐらい実験してみることに。

 

エフェクターのラインナップ

 

記憶にある限りでは、

 

【ギター → ワウ → チューナー → オクターバー → 歪み1 → 歪み2 → 歪み3 → フェイザー → ディレイ】

 

こんなボードだったはず。

 

本人も言ってましたが音痩せ対策とかは特にそんな考えてない様子。

とりあえず好きなように組んだだけとのこと。

 

ハイエンドマニアとかハンドメイドマニアとかでもない友人。

ラインナップ自体はどれも普通に市販で買えそうな感じのものでした。

 

【歪み1】がヴィンテージなペダルの為、現行品とは中身がちょっと違いそうでしたが、それでも定番品であることに変わりはありません。

 

スペックに惹かれて揃えたのではなし。

目的のハッキリしたボードである印象。

それだけに面白いことに気付いていく流れになりました。

 

【スポンサーリンク】

 

 

バッファ導入への疑念

 

各エフェクターを個別にテストしてみた結果、バッファが通ることになるのを確認したのはオクターバーとフェイザーとディレイ。

 

そこはトゥルーバイパスではない為、常時バッファON。

 

調べてみたところ、このオクターバーの入力インピーダンスが2MΩとかなり高い為、この時点でもう一つ安心なんじゃないか感想って感想。

 

無理にバッファを導入せずとも特に不満がないならそのままでいいじゃないかと。

 

一方、バッファの有無で露骨に変化があったのは前述した【歪み1】

これはどうやら出力がハイインピーダンス。

アンプの入力がハイだと元気、入力がローだと音量が落ちてこもります。

気になるならこの歪み1の後段にバッファを通すのは有り。

 

ただ、ここで笑ってしまったのはフェイザーとディレイの存在。

本来なら対策すべきだろうと思いきや、こいつらは常時バッファONになるペダル。

意図せず【歪み1】に対する音痩せ対策ができてることになっているのが面白い。

 

フェイザーとディレイ、どちらか一方をボードから外しても問題なし。

一つ通すだけでもバッファは効いていることになる状態。

わざわざ新たに用意する必要は感じず。

 

さらに笑ってしまったのがワウペダル。

 

「じゃあド頭にバッファ通してみるか?」と試したところ、いまいち好みではない掛かり具合になってしまう不思議、王道の位置は期待外れな結果になってしまう事態に。

 

そのド頭に通した音にしても人生を変えるような劇的な効果があるかは微妙。

と言うかそんな美味しい効果はまったく感じられませんでした。

良くも悪くもそのボード自体がすでに完成している印象だった次第。

 

バッファはいらなかった

 

あれこれ実験した結果、

 

「そのままでいい」

 

この結論に落ち着いた今回。

 

バッファをすでに絶妙なポイントで通していたことになる友人。

意外と世の中そんなもんなんだよなって納得。

 

超本格的に原音重視のボードを作るなんて気なし。

理想のために総入れ替えするつもりもなし。

ハイエンドエフェクターで埋め尽くそうなんて野望もなし。

 

にもかかわらず不思議なぐらいに対策されているボード。

実用そのもの、いじる必要性をまったく感じない純粋さと完成度が面白い。

 

ある意味ではつまらない、虚しい結果に終わりましたが、無駄な出費をしなくて済んだことを考えれば収穫は大きかったこの実験。

 

無闇な消費行動、浪費的快感など、強い疑問を覚えるようになった最近の自分。

この結果には想像以上の大きな意味があったんじゃないか思います。

 

『買い物中毒』

 

これを戒めるに十分すぎる結果でした。

 

【スポンサーリンク】
 

 

トゥルーバイパス・原音主義への疑問

 

「原音とか音痩せなんか関係ねぇ!」

 

みたいなノリで作られていた気もする友人のエフェクターボード。

 

それが何だか知らないけど結果的に音痩せ対策がされていた面白さ。

痩せまくるどころか原音重視な感じになっていたようにも思える完成度。

 

これで本当、無意味にオールトゥルーバイパスなんてやってたら、逆にどれだけ痩せてしまうことになってしまうんでしょうね?

そもそもの話、エフェクターを積極的に使うタイプのギタリストがオールバイパスなんて状況をつくるのかってのも疑問なところ。

 

バイパス方式やバッファにこだわるのも良いけれど、あまりそこに固執するのもどうなのか?

理想とまったく違う音、出したい音とはかけ離れたものにしかならないんだったら、本末転倒ではないかと。

 

その点、BOSSなんかは本当に無難で優秀。 

トゥルーバイパスが絶対ってそんなことはなし。

切り替え時に「ボンッ!」と鳴ってしまうのは考えもの。

一回、爆音で盛大にやらかしたことがありますが血の気が引きます。

 

まぁ本当、

 

「音痩せもクソもなく好きなやつ繋ぐだけ」

 

こっちの方が音痩せせずに実用的になる可能性まであるんだから皮肉な話。

 

その音痩せにしたって極論、

 

「エフェクターってそういうもんだよね」

 

これってのも一つには真実。

要は使い様、どう美味しく料理するかが大事。

 

友人のボードがスペック的に優れているのかはともかく、自分の好みと目的で埋め尽くしている姿勢は実に正しい方向性ではないかと感じた次第。

 

やりたい放題、好き勝手、出したい音を出すだけ。

ある意味、実にプロらしい仕様と言えるかもしれません。

 

※バッファに劇的な効果を期待する場合、こちらの記事を参照ください。

www.pompombass.com

 

【以下、関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com


www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com