ベースにおすすめなピック MASTER 8 JAPAN INFINIX

ベースとピックとその好みについて

 

個人的な好みを簡単にまとめますと、

 

・基本的にラージサイズが好き

・厚みがありすぎるのは好きじゃない

・先端は鋭い方が好き

 

という感じになります。

 

これ、何気に選択肢が限られると言うか、該当するものがほとんどないんですよね。

厚みが増したりラージサイズになるほどアタックや鋭さに難があったり、倍音構成もいまいち好きじゃない方向性に行ってしまうから難しい。

 

一方、ギターに使用するようなサイズでは頼りないし、超絶速弾きを駆使するようなスタイルでもありません。

ピック弾きと言ってもギターライクな方向性は求めていないので、スモールサイズや薄すぎるものは却下。

 

その為、いまいちこう、ピンと来るものが見つからずじまいであり、ピックの選択も投げやり気味になってしまっていたのが本音。

 

MASTER 8 JAPAN INFINIX

 

友人に教えてもらって初めて知ったこのピック。

いや、これはまたなかなか面白いものが出ていたんだなと驚き。

 

丁度いい厚みでラージサイズでありながら先端が鋭いという、まさに自分向きな存在。

 

「そうそう!こういうの欲しかったんだよ!」

 

声に出したいそんな気分です。

 

知ったのも最近、手に入れたのもつい先日な為、さすがに生涯のベストかどうかまでは分かりませんが、持ってみてこれだけ「おっ!?」と来たピックはなかなかありません。

 

自分の場合、指弾きとピック弾きは完全に差別化したい思惑があるので、ピックでどこまでも太い音を目指すというのはちょっと違うんですよね。

 

「ゴンゴン!」

「ジャリーン!」

「ギャイィン!」

 

なんていうアタックや倍音の暴れがあってほしいわけです。

 

ところが前述の通り、それに良い感じに応えてくれるものというのが見つからないままに過ごしてきました。

ピックも時には20種類ぐらい買って試したりなんてしますが、それでもやっぱり、「これだ!」ってなる存在には出会えなかったものです。

 

だからほんと、こういうピックが出てきたというのはめちゃくちゃ嬉しいことですね。

しばらくピック熱が高まりそうですよこれは。

 

MASTER 8 JAPAN INFINIX TRIANGLE - 1.00mm [IF-TR100]

MASTER 8 JAPAN INFINIX TRIANGLE - 1.00mm [IF-TR100]

 

ちなみにですが、自分は普通仕様のものを手に入れましたが、滑り止め仕上げがされたハードグリップタイプなんてのもある様子。

 

これもまた試してみたいですね。

 

MASTER 8 JAPAN INFINIX TRIANGLE HARD GRIP - 1.00mm [IFS-TR100]

MASTER 8 JAPAN INFINIX TRIANGLE HARD GRIP - 1.00mm [IFS-TR100]

 

ピックをなくす癖の解消

 

どうでもいい人にはどうでもいい話。

どうでもよくない人にとっては意外と深刻な問題。

それがピックをなくす癖ではないかと思います。

 

まずいことに自分は後者だったりするから困るところ。

「ちゃんと管理しろ!」と言われても何か駄目なんですよね~。

なぜかピックだけに特化したなくし癖があったりします。

 

そこで助かったのがピックホルダー。

いや、これはめちゃくちゃ便利で助かりますね。

なんと言っても、楽器本体に貼り付けられるというのが良い。

 

「あ~、ピック使いたいなぁ」

「あれ・・見つかんねぇや・・」

「ま、べつにいっか~」

 

とならず、確実にピックを手にすることができるから素晴らしい。

 

JIM DUNLOP 5005

JIM DUNLOP 5005

 

指弾きがメインの人間ってこともありますが、これがあるとないとでピックの練習量、演奏量に差が出ると言っても過言ではないかも?

1mmのピックが4~5枚は余裕で入る為、それをなくさない意味でもおすすめ。

 

前述のMASTER8は少しだけ高価なピックなので、自分のような人間の場合、経済的な面から見てもこういうアイテムがあると助かります。

 

「刀と鞘」

 

格好つける意味でもなかなかの満足感がありますよ。 

 

【ブログカテゴリー】