EUB・アップライトベース始めるならSLB200 ウッドの消音練習にも 

YAMAHA SLB サイレントベース

 

 

コントラバスと消音

 

エレクトリックアップライトベース。

いわゆる『EUB』と分類される楽器がかなり増えてきたこの世の中。

 

しかしその多くが独自路線を行く製品。

コントラバスとはかけ離れた演奏性とサウンドである印象が強いところ。

 

言ってしまえば、エレクトリックベースのフレットレスと大差ないようなものもありますし、正直、練り込まれてない製品があるのも珍しくないかなと。

 

その点、ヤマハのSLBシリーズはコンセプトが分かりやすくて素晴らしい。

エレクトリックコントラバスと呼んでもいいぐらい違和感が少ない。

 

『サイレントベース』

 

この呼び名の意味が分かりますね。

 

まず基本にあるのは『消音楽器』であること。

コントラバス最大の魅力であると同時に厄介な要素でもあるのがその生音の大きさ。

環境にもよりますが多くの場合、夜間の練習は厳しいのが現実。

 

そこで活躍するのがサイレントベース。

絶対無音はさすがにありえませんが、コントラバスそのものより圧倒的に気軽に扱えます。

 

だからこそ演奏性もそれそのものでなければいけません。

「フレットレスを縦に長く伸ばしただけ」では駄目なんです。 

それではコントラバスの練習にならない。

その製品に特化した演奏力しか身に付かないことになってしまいます。

 

そもそもの出発点が違うからこその演奏性とサウンド。

アップライトベース選びに迷ったらまずはSLBを候補に入れるべき。

 

SLB100かSLB200か?

 

・弓の使用や練習目的がメイン

コントラバスそのものの演奏性をより強く求めるならSLB100

 

・指で弾くのがメイン

もっと軽く扱いやすくライブでもバリバリ使いたいならSLB200

 

大体、こんな認識でいいんじゃないかと。

 

SLB100はフレームが足の方まで存在。

よりコントラバスの外枠をコピーしたものと言えます。

 

プロのジャズベーシストから実際に話を聞きましたが、「目をつぶっていても違和感なく弾ける」と称賛するぐらい、フレームの完成度で言ったら他に並ぶものがない印象。 

 

YAMAHA SLB100

YAMAHA SLB100

 

一方、SLB200は足の方をオミット。

より簡略化されていてスマートにアクティブに見えますね。

SLB100の方が10kgぐらいあるのに対しこちらは7kg台。

ホロウ構造でもあったり同じようでも結構な別物感があります。

 

f:id:bakibakibass:20190628170416j:plain

 

電気的な仕様もかなり異なるのがポイント。

SLB100にはヘッドホン端子が備えられていますがSLB200の方にはありません。

 

SLB200が【ボリューム・ベース・トレブル】と操作が分かりやすい一方、SLB100は高音と低音のバランス設定を一個のツマミで操作というちょっと独特な仕様。

 

SLB100はヘッドホンが使えるのは良いけど、その分だけ電池の消耗が激しいのも特徴。

それを見越してかアダプターの接続ができたり、やはり使用目的がだいぶ異なる楽器である印象を受けます。

 

分かりやすく言ってしまえばバンドでガンガン使うならSLB200。

コントラバスの完全代用、練習用と割り切るならSLB100。

こう考えるのが早いんじゃないかと、

 

ジャズで使いたかったり指で弾くのがメインだったりする場合、確実にSLB200の方がすんなり入れて扱いやすいはず。

 

極端な話、

 

「クラシックはSLB100」

「ジャズはSLB200」

 

こう考えるのも有り。

 

SLB200の魅力

 

なんと言ってもそのお手軽感に尽きるでしょう。

 

コントラバスと比較して違和感のない演奏性を保ちつつ、エレクトリックベースと大差ないケースに収めることが可能。

 

その脅威の合理的完成度に感動します。

 

これについてはこの画像を見てもらえば一発で分かります。

SLB200のケースの上にジャズベ。それよりスリムです。

 

f:id:bakibakibass:20180606162052j:plain

 

ちなみに実験でIGIGのケースに入れたこともあります。

と言うか「入ってしまった」事実にびっくり。

 

頭が出てしまう課題を何とかクリアーしてフレームを別のケースに入れて運べば、エレクトリックベースのケースでもイケるかもしれません。

 

f:id:bakibakibass:20180606163358j:plain

 

ハウリングに怯える必要もないしEQは手元で簡単に操作可能。

コントラバスにありがちな神経質なPUの設定とか配置とか、そういったことに悩む必要もありません。

 

ケーブル1本とアンプがあればそれでもうOK。

アップライト入門するにも簡単に始められます。

 

後でコントラバスの方に移行するにしても、実用性と再現性の両立でSLB200より優れているEUBはほぼ存在しない為、持ってて困ることはないかと。

 

前述の通り、コントラバスとは離れた別物になってしまうのが多くある傾向。

 

たとえSLBから入門してコントラバスに移行したとしても、練習用や大音量のライブ用としてSLBが活躍できる場はいくらでもあるはず。

 

基本形が完成しているからこその応用力。

設計からして優れたものであることを実感させられますね。

 

YAMAHA SLB200

 

YAMAHA SLB200

 

SLB200ならLTDもおすすめ

 

レギュラー品も良いんですが、さらに上のランクの質感や弾き心地を求めるなら、リミテッド仕様のLTDを強くおすすめします。

 

トラ目ネックと真っ黒なエボニー指板の組み合わせがめちゃくちゃ良い。

ネックだけ見ても、別物な高級感と存在感を発揮。

 

※ポジションマークは後付けしたシールです。

f:id:bakibakibass:20180606171025j:plain

 

このカーリーメイプルネックとエボニー指板。

その恩恵は見た目の違いだけではありません。

全音域、特にハイポジションでの音の立ち上がりや伸びが別物。

このあたり、弓で弾く人などはさらに印象が異なるんじゃないかと想像。

 

ペグもプリも実は細かく仕様が違っていたりするのも特徴。

より軽量化も図られていたり同じような見た目でも明らかに何かが違います。

持ってみてその感触を知るだけでも「おっ!」となるでしょう。

 

アンプから音を出すとさらにビックリ、唸るものがありますね。

EUBにありがちなゴリゴリキシキシしたものとは確実に異なる素晴らしさ。

コントラバスにPUを付けて鳴らすサウンドまさにそれではないかと。

 

リミテッドということもあり限定生産でいつ現物が出てくるか分からない、価格もかなり上がってしまう面もありますが、タイミングと予算が合えばSLB200はLTDがおすすめ。

 

これは本気で満足感の高い楽器です。

 

延長フレームとスタンドも大事

 

それ単体でも高い完成度を誇るSLBシリーズ。

さらに欲を言うのであれば延長フレームは必須だと考えます。

些細な差ではなくこれがあると安定感が全然違うんですよね。

 

SLB200は軽量なのが魅力な一方、楽器がブレやすかったり動きやすい面があるのも否定できません。

 

よりしっかりしたフォームをつくる意味でも太い音を得る意味でも、延長フレームを取り付けることをおすすめします。

 

YAMAHA BEF2

YAMAHA BEF2

 

また、この延長フレームに加え、滑り止めを貼り付けるのもおすすめ。

 

自分はホームセンターに売ってた車内用の滑り止めを利用しましたが、これがあると驚くほど安定するようになるんですよね。

 

デフォルトのままだと塗装の問題なのか、かなり滑りやすい印象が強い。

そこを何とかするだけでも演奏性がまた大きく変わります。

 

f:id:bakibakibass:20180606165755j:plain

 

後、忘れちゃいけないのが専用スタンド。

壁に立てかけて置くのは危険極まりないので絶対やめた方がいい。

 

さすがにSLBではほとんど見たことがありませんが、安物のEUBだとヘッドが割れてるやつが結構あったりする世の中。

 

オークションのジャンク品の定番、いいかげんな扱いでヘッドから落ちたであろう代物をよく見かけます。

 

なにぶん高さがあるのがアップライトベース。

その衝撃たるや想像を絶するものでしょう。

空洞構造になっているヘッドなどいとも簡単に割れてしまいます。

 

練習するのにいちいち組み立ててなんて作業をするのも面倒。

初心者であるなら尚更、すぐ手に取れるようスタンドに置いておくべきですね。

 

YAMAHA BST1

 YAMAHA BST1

 

あえて欠点を言うならば?

 

無難な音

 

EUBの基本形としてほとんど文句のないSLBシリーズ。

それだけにお堅いと言えばお堅い印象もあるかもしれません。

 

方向性の違いと言えばそれまでですが、ロックにヤンチャで分かりやすい音を出したいなんて場合、物足りない可能性はあります。

 

マグネットPUでソリッドにズドンと鳴らすのが好きなんてことだと恐らく、求めるものにはなってくれないかなと。

 

そうは言いつつ、高級感のある音とか上品で綺麗なんて感じとも違い、ひたすら実用性重視で無骨なところもある印象。

 

ロックじゃないけど安易にお上品にするわけでもない。

無難なようで実は結構とんがっている。

その塩梅の面白さを感じます。

 

このあたり実にヤマハらしいと言えそうですね

良くも悪くも優れた量産品、安定感と実用性が素晴らしい。

 

ただ、そうは言ってもどうしても求めたくなるのが本物のコントラバスの質感。

そういったアコースティック面における物足りなさを解消すべく発表したのがLTDなんだろうなと想像。

 

通常のSLB200があまりに淡白に感じるようであれば、LTDの質感はかなり満足できるはず。

 

それだけロックな方向とは離れていくとも考えられますが、それならもう思い切って方向性の異なるものを求めた方がいい。

 

基本にあるのはやはりコントラバスのそれ。

そこを崩して変な多様性を求めないからこその実用性ですね。

 

「無難」とは言いましたが、このジャンルにおけるその基準を作ったのは実はとんでもないことであるとも判断できそうです。

 

セットアップ推奨

 

扱いが楽なことに間違いはないSLBシリーズ。

けれどもそれとは別に演奏性の向上を積極的に考えた方が良いかなと。

デフォルトの状態だと正直、弾きやすいとは言えない印象が強いです。

 

自分で実際にやりましたが、ナットの溝の調整と駒の調整で弦高を下げたことにより、演奏性は劇的に向上しました。

 

これについてはエレクトリック上がりで基礎も何もないことが大きくある一方、敷居の高さをそのまま表しているポイントでもあると思うところ。

 

どんなに入門しやすくなったとは言えやはり、一朝一夕ではいかない楽器ですね。

 

エレクトリックの感覚だと楽器が全然鳴ってくれません。

すぐ指も痛くなるし、そう簡単には良い音がしてくれる楽器ではない。

 

挫折したくないのであればこれは本当、プライドを捨ててでも弾きやすさを求め、その敷居を少しでも下げるべきだと考えます。

 

ちゃんと教えてくれる人がいるなら素直に習った方が良いのも間違いなし。

しっかり応えてくれる職人さんに出会えたらならこんなに頼もしいことはありません。

長い目で考えて楽器に触れていった方が絶対に良い。

 

EUB探すならまずSLBを試してから

 

入門に使うにも本気で使うにもどちらにも応えてくれるのがSLBの魅力。

 

何百万円もするコントラバスでも結局は電気的に加工しまくるのであれば、そのこだわりもちょっと微妙になってしまうように思えるところ。

 

どんなに楽器本体が素晴らしかろうと難しい現実が存在します。

生の音そのものを増幅しようとするのは非常に困難。

 

理想のPU探しをするのも大変。

プリアンプ探しも大変。

非常に高価なのも常。

どこにでも現物があるわけではない。

試奏すらもなかなか難しいもの。

 

そう考えていくと消音とか練習云々を抜きにしても、サイレントベースの方が有利と言える面が沢山ありますよね。

 

繰り返すようですが、本体とアンプ、後はケーブルがあればそれで完結することも可能なそのお手軽さとスピード感が実に素晴らしい。

 

ハウリングのリスクが激減するだけでもどんなに楽なことか。

同時に音作りの手間からも解放されることも意味しています。

 

EOBも今は種類が沢山あって魅力的な楽器も存在しますが、大体の場合、ボディレストが頼りなく、フォームを安定させるのが難しいものが多いから困ります。

 

ちょっと触る分には良さげでも、本格的にやろうとするとかえって疲れたり、無理な弾き方をして指が壊れることになったり、バランスを取るものが難しいものは正直おすすめできません。

 

「お手軽でいいや~」と入手したもので実際、指を壊してしまった経験があります。

あまりに簡略化しすぎているためか、体の力を使うには厳しい構造だった印象。

 

その点、SLBはフレームの完成度は本当に驚愕のレベル

安定するということはそれだけ力を伝えやすく逆に疲れにくいもの。

ハイポジションの演奏性についても肩部分がないものとは比較になりません。

肩用のフレームがちゃんとあるかないかでびっくりするぐらい別物になります。

 

ケースに収納した際のコンパクトさ。

コントラバスに非常に近い演奏性。

納得の『らしさ』があるサウンド。

現実的な価格設定と流通の安定度。

 

正直、ライバルとなる製品がないんじゃないかとすら感じる次第。

 

後は変な話、需要がかなりある為、手放すにも値崩れしないのが大きなメリット。

オークションが面倒なら楽器店に委託しても驚くほどスピーディーに動くはず。

そういう意味でもリスクの少ない優れた製品と言えます。

 

深い味わいを持っているわけでもなく、遠い歴史から生きてきた楽器でもない。

だからこそ遠慮なくとことん実用的に使える、割りきることも簡単。

それがこのSLBの最大の魅力でもあるかもしれませんね。

 

アップライトベースを探すならまずおすすめするのはやっぱりこれ。

 

『決定打!』

 

こう言えるほど優れた存在ではないかと。

 

 YAMAHA SLB200 サイレントベース

YAMAHA SLB200 サイレントベース

 

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com