ベースと速弾き (2) 速く弾きたいなら速く弾ける楽器を使う

ベースと速弾き (2)

 

マシンが遅くちゃダメ

 

いきなり前回の話を覆すようですが、とにかくMAXスピードを上げたいのであればまず何より高速仕様のマシンを選ぶべき。

 

軽トラックを必死にチューンしてスピード勝負しようとしても不毛。

どノーマルとか論外、それで必死こいて努力するのは疑問。

最初から高性能なスポーツカー、それこそF1マシンを選んだ方が話は早い。

 

あえて軽トラで挑むのもチャレンジ精神に溢れていて面白い話ではあるけれど、正直、悪ふざけかジョークにしか思えません。

 

本筋から反れてしまう面は否定できないでしょう。

 

真面目にゆっくりじっくりも良いですが、まずはもうぶっちぎりを体験しておいた方が分かりやすい。

 

そこに慣れてしまう方が話も早いです。

 

【スポンサーリンク】

 

 

高速仕様のベースであるべき

 

速く弾くのに支障になる要素は大体決まっています。

 

・音程感が悪く抜けてこないベース

・調整がいいかげんで弦高がやたら高い

・倍音が希薄な劣化した弦

・反応が悪くレンジも狭いアンプ

 

大体これが足枷になります。

 

軽く触れるだけでバーン!と音が出てくれるのが望ましい。

力む必要がなくなって響きも自然になります。

最適な楽器を選ぶだけでも感覚は相当に変わってくるもの。

 

過去の自分について話すのであれば、一時期は弦高1mm以下とかで演奏していたことがあります。

12フレット上でハガキ一枚入るかどうかってセットアップでした。

 

ここまで下げるとなると当然、ネックはほぼ真っ直ぐにしたい。

フレットの処理も相当な精度でないと実現できません。 

ナットの溝が高いなどもってのほか。

いかに左手のストレスを減らせるか軽いタッチで弾けるようになるかが勝負。

 

楽器の特性にしてもアンプの特性にしても、音程感が曖昧でモワモワした音しか出てこない、反応が悪く輪郭もはっきりしないのでは困ります。

 

とにかく素早く音が立ち上がり、スコーン!と抜けてきてくれないと厳しい。

速く弾きたいのであれば最初から最後まで全て軽い動作で済む方が実感を得やすい。

 

軽トラックで常にベタ踏み、アクセル全開、それで大したスピードが出ないのでは困ります。

ほんの軽く踏み込んだだけで軽く100km超えてしまう加速である方がいい。

 

『速く弾けないのは速い楽器を使ってないから』

 

大真面目な話、意外なぐらいに多いパターンではないかと感じます。

 

速くしたいなら高速仕様のリスクなんか考えない

 

速く弾くためだけに特化した場合のリスクは当然あります。

 

・音が明らかに細く頼りなくなる

・反応が良すぎて弾きづらい

・使う場とジャンルが限定されてしまう

 

こういった悩みを抱えることがお約束。

それで何度も心が折れたのが何を隠そうわたくし。

 

そんな問題も簡単にクリア、超高速マシンを使いこなしていたら相当な実力ですが、なかなかそう上手くはいってくれないのが現実でしょう。

 

高速仕様に慣れてしまって普通のベースの弾き方が分からなくなってしまうなんてのもありがちな傾向。

 

「ピロピロ」とか「ペチペチ」なんて馬鹿にされてしまうパターンですね。

 

しかし、それで速く弾く感覚が養われるのも事実。

「速く弾けない・・」って脳のリミッターを外すには実に効果的。

 

速く動けるようになった後、だんだんと音を太くしていったり、ベースらしさやバランスを意識したり、変化していくことだって可能。

 

指が全然動かなかったのが次の日いきなり超高速に生まれ変われるとか、そんな都合の良い開花に期待するより遥かに現実的に対処できるはず。

 

とにもかくにもまず、

 

『速く動かす感覚』

 

これを身に付ける。

そしてそれを実現しやすい道具を使う。

これが大切だと考えます。 

 

ただでさえベースは立ち上がりが遅くなりがちな楽器。

応答が鈍臭いものではやってられません。

 

太い音やオールラウンドとの両立なんて考えず、速く弾きたいならそれ専用に特化させてしまった方が潔い。

 

あれこれ迷わなくて良い。

 

【スポンサーリンク】
 

 

ベースの調整は必ずやっておくべき

 

具体的にどうするかを考えるならば、

 

・ネックを真っ直ぐにする

・ナットの溝を低くする

・駒を適正に調整する

・フレットを擦り合わせる

・オクターブピッチを合わせる

 

これぐらいは最低限やっておいた方が良いでしょう。

軽いタッチでもしっかり確実に鳴ってくれるように調整すべきですね。

 

弦高を低くしたいと駒だけ下げるのは大抵は失敗するパターンなので、まずはネックの調整から入ることをおすすめします。

  

「そう簡単に言われても・・」と困惑するのであれば、ちゃんとしたリペアマン、その道のプロに任せた方が確実。

 

今時だったら【PLEK】というサービスを利用するのもおすすめ。

少しでも弾きやすくしたいなら利用しない手はありません。

 

根性論も精神論も大いに結構。

でも解決の糸口が見つからないんじゃどうにもなりません。

そもそも楽しくないし続かない。

 

ギターで言うところの、

 

「Fが押されられない」

 

こんなレベルの話でつまずく必要はない。

楽器がちゃんとしていれば必ずスムーズに弾けるようになる。

 

少しでも速く弾きたいなら必死に頑張らなくても簡単に音が出るようにしておくべき。

それが速弾きにおいて非常に重要なポイントであると考える次第。

 

倍音豊富で良質な弦にするのも大事。

なんならライトゲージにしてみるのも有り。

 

軟弱と言われようがなんだろうがとにかく道具を見直してみる、目的に合うように調整、特化させていくことを推奨します。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com