ベースと弦の裏通し そのメリットとデメリットを考える

ベース弦の裏通し

 

まずはデメリットについて

 

「張りが強くなる!」という利点が挙げられそうですが、これが実のところ、ちょっと微妙な感じだったりもする印象。

 

裏通しの穴から駒までの距離が近すぎる場合、かなり不自然な形で弦を張ることになってしまうわけです。

低音弦側は必然的に駒を後方に下げることになる為、より穴に近付いてしまうことにもなります。

 

ベースの弦って言うまでもなく太いです。

ローBとか化け物みたいです。

ギターとは違います。

長いし張りも強い楽器です。

 

つまりは、そもそも裏通しという方法自体が厳しいんじゃないかと思ったり。

そんな近距離で急角度に折って曲げて駒に乗せるようにしても、おかしなことにしかならないように感じるんですよね。

 

「圧力が強まってボディが鳴るようになる!」と言われても前述の通り、不自然な角度に曲がって駒に上手く乗らないようでは、その効果も疑問かなと。

 

まぁほんと、このあたりの問題について考えていなかったり、まったく計算もせずに作ってあるものの場合、なんのメリットも得られないと言っても過言ではない印象。

 

ギターの感覚でベースを作られるとこういうことが起こってしまったりするから酷い話。

弦が不自然に折れ曲がるとか、それだけ交換時のリスクが上がる気もしますしね。

 

後は単純な話、弦長がより必要になる為、ものによっては巻数が極端に少なくなってしまうなど、そういったことが起こる可能性もあります。

 

そんなことを考えていくと、裏通しを積極的に採用する理由ってあんまりないかなぁと自分は感じる次第。

 

メリット

 

ちゃんとブリッジの位置やボールエンドまでの長さなどを計算し、裏通しでもなるべく自然に張れるようにしてあるならば、望み通りの効果を得ることができそうです。

 

・もっと弦に張りを出したい!

・もっとボディを鳴らしたい!

・もっとガツンと弾きたい!

 

こういった欲があるのなら、裏通しが効果的に働いてくれる可能性があります。

豊かなサスティーンや倍音が響く音より、どっしり無骨な音の方が好きなんて場合、裏通しは有効な手段になるかもしれません。

 

アコースティック楽器でそもそも裏通しにしか対応してないなんて場合、テーパー加工がされている弦を選ぶのも有りでしょうね。

 

弦高調整がやりづらくなるので個人的には好きじゃないんですが、ぶっとい弦を裏通しで無理矢理に張るより遥かにスムーズですし、それだけ音程感も良くなるはず。

 

【スポンサーリンク】

 

 

結局どうなの裏通し?

 

すでにお察しなのではないかと想像。

メリットについては正直、かなり無理矢理に述べているのが本音だったり。 

リスクや手間をかけてまでの利点があるのだろうかと、やはり疑問なところ。

 

だって普通に考えて、

 

「裏通しで人生変わりました!」

「裏通しじゃないと速く弾けない!」

「裏通しがグルーブの全てなのさ!」

 

こんなことがあるわけないですよね。

 

気のせいレベルにせよ、僅かな差がポジティブな気持ちにさせてくれるなら、それはそれでべつに良いとは思います。

裏通しにしたことで少しでも音が良くなった、弾きやすくなったと感じるならば、それを否定する理由も意味もありません。

 

しかしまぁ、そこに依存するほどの利点というのは、どう考えても存在しない気がしてしまいます。

今の時代、積極的に裏通しを採用するベースってほとんど存在していませんし、無理を押してまでそこにこだわる必要性ってあまりに希薄じゃないかなと。

 

32~33インチのベースで普通の弦を張りたいなんて場合、裏通しにすることで長さの調節ができるというなら、それはメリットになりそうですけどね。

 

ローBのぶっといところをペグに巻き付けるのはやっぱりしんどいですし、いちいち専用弦をオーダーするなんてのもやってられないし、そこを解決するために裏通しにするというのは選択肢として有りでしょう。

 

でもやっぱり、音的なメリットとか弾き心地のメリットについて考えた場合、そこまでの幻想を抱くような方法ではないと認識しているのが自分の本音。

 

実際、後から裏通しできるように改造した経験とかあるんですよ。

その時は「こりゃいい!全然違う!」なんてご機嫌になったのも本当の話。

ベースをがっつり鳴らしたいなら裏通しは最高だと満足していました。

 

ただ、結局のところ、裏通し云々の問題より何より、その楽器が自分に合っているのかどうか、期待に応えてくれるものかどうかという、そんな根本的な壁にぶち当たることに。

 

結果、そのベースは手放しました。

 

言葉は良くないですが、「悪あがき」みたいなものなんですよね。

そもそもの立ち上がりが遅い、反応が悪い、気持ちいい張りがないなど、その解決を裏通しという方法だけで解決するなんてのは無理な話。

 

改造を繰り返して最高の愛機を作るなんていうのも、ひとつには幻想か夢の見すぎと言うか、感覚的にも音的にも最初からビシッ!とはまってしまうものには勝てません。

 

以前、ブリッジにはあまり興味がないという旨の話をしましたが、それは裏通しについても含め、 劇的な効果を期待するものではないと言いたいのが本当のところでもあったり。

 

何かもう、神経質になるだけ無駄と言うか、そんな大層なものではないですね。

太く硬い弦であるほど辛くなるのはほぼ間違いないでしょう。

特にこだわりもないのであれば、変に凝るほどデメリットの方が目立つという認識です。

 

裏通しにしないとどうにもならないベースとか、その時点で楽器も発想もだいぶおかしい。

普通に弦を張ってそのまま良いってのが楽でいいですね。

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】