ベースとギグバッグ Sadowsky Portabag 背負えるセミハードケース

サドウスキーのセミハードケース

 

 

ソフトケースはもう死語?

 

ソフトケースなんて呼ばれてるものは無くなりつつある気がする昨今。

 

『ギグバッグ』

 

そんな分類をされるようになってきたように感じます。

 

依然としてペラッペラのやつもあったりはしますが、言うまでもなく強度を期待するものではありません。

重いベースを入れるにはあまりに貧弱、ストラップもポケットもオマケ扱い的だったり、様々な不安要素が付いて回ります。

 

一方、機動性に優れながらも十分な強度を持つケースも登場しているのが今の時代。

自分が使用しているNAZCAやIGIGなどもまさにそれ。

 

「こんなケースが学生時代から欲しかった!」

 

と、その使い勝手に驚かされます。

 

特にNAZCAにはハマってしまいました。

とにかく軽いし丈夫。

ネックの枕もあってヘッド角付きでも安心。

ストラップもハンドルの使い勝手も文句なし。

 

ギグバッグとしてこれ以上を望むのはなかなか難しいんじゃないかと満足できる逸品です。

 

ハードケースもセミハードケースも使い勝手はいまいち

 

優れたギグバッグがある一方、どうしても強度的な不安が残るのも正直な話。

楽器の扱いが荒い人の場合、NAZCAですら不安がある可能性は考えられます。

不意のトラブルなどから守る意味でもやはり、ハードケースは頼りになる存在。

 

ただし言うまでもなくハードケースは重い。

使い勝手で見たらこんな最悪なものはない。

ハードケース専門で徒歩移動してる人はなかなかいないはず。

 

そこで気になってくるのがセミハードケース。

ハードケースよりも遥かに軽量。

強度も十分安心できる優れもの。

値段もそこまで高価ではないのポイント。

 

「これはいい!」と自分も手を出したことがあります。

 

しかしまぁお察しの通りでこれも駄目だった次第。

とにかく移動が不便でやってられない。

背負うのではなく肩からかけることしかできないのはアウト。

 

いくら軽くてハードケースより扱いやすいと言っても形が同じでは意味なし。

長方形のあれでは使い勝手は最悪なまま。

軽いとは言ってもそこそこの重さはあるのが現実。

使い勝手の悪さも相まって歩ってて嫌気がさします。

 

これについてはヤマハのSLB200でも思い知りましたね。

非常にコンパクトにまとまっているのは確かな一方、ケースの形は長方形。

せっかくジャズベよりスリムなのに背負うことは厳しい悲しさ。

 

f:id:bakibakibass:20180606162052j:plain

 

ストラップが良くないのも残念な点。

自分みたいな軟弱者はそれで心が折れてしまいました。

 

あの楽器の存在は本当に革命的。

専用セミハードケースによるお手軽さも実に魅力。

 

でも悲しいかな、その先の使い勝手まではさすがに面倒を見てくれなかった印象。

もう一歩があれば最高だったんだけど、その痒いところには手が届きませんでした。

 

まさに進化型 Sadowsky Portabag Plus

 

長い前置きから満を持して登場のサドウスキーのケース。

「背負えるセミハードケース」とも呼ぶべき面白い存在。

 

地味にモデルチェンジしてきているのも好印象。

より実用的に仕上げているのがナイス。

 

初期モデルの場合、本体と同じぐらいのサイズのポケットが付いていたのですが、いっぱい入るようで意外と使い勝手が悪かったのが残念。

 

後、個人的に致命的なのは前面のハンドルがなかったこと。

あれが有ると無いで使い勝手が別物になると言っても過言ではなし。

電車から降りる時などあれがないと割と本気で困ったりします。

 

モデルチェンジした二代目はそれが解消されてこりゃいいぞと思いきや、ストラップの金具が最悪でゲンナリ。

 

安定感が悪いし常に背中に金属が当たってる感じも不快。

強度はともかく普段から使うにはいまいちもいいところ。

あれも自分の好みとは違うものでした。

 

恐らく、同じような意見も多かったのでしょう。

前述した通り、そのあたりの改良をしているのが現行品。

 

ストラップが縫い付けタイプになったり、軽量化まで図られていたり、執念とも言うべきモデルチェンジぶりに驚かされてしまいます。

 

個人的にさらに注文を付けるのであれば、『Sadowsky』の文字を外して欲しいところですが、これはいくらなんでも難癖か、いちゃもんレベルの話になってしまいそうなのでそこは仕方ないかと諦めるところ。

 

いずれにせよ、背負えるタイプのセミハードケースが欲しいならまずはこいつ。

こちらの世界でも定番になりそう、サドウスキーが思い浮かぶのは間違いありません。

 

SADOWSKY  BASS PORTABAG PLUS

SADOWSKY BASS PORTABAG PLUS

 

マイベストを見つけるか状況で使い分けるか

 

同じ話を繰り返すようですが、前面のハンドルのないものはやっぱり自分は駄目。

 

車で轢いても大丈夫、二階から投げても問題ないなど、強度の方が売りのギグバッグもあったりはしますが、大体はこのハンドルが付いてないからアウト。

 

自分の持ってるIGIGも素晴らしいものなんだけれど、ここが唯一の欠点だと認識しています。

あのハンドルを自然と掴む動きが染みついてしまっている為、手に取るものがなくツル~ンって感じだと違和感全開。

 

そんな自分の不満点をほぼ全て解消しているのがNazca。

これは本当に素晴らしい。

とにかく軽くて楽だし使い勝手が最高。

ベースも軽量なら移動の苦もなくなりそうです。

 

一方、高い安心感を求めるのであればそこはやはり、ハードケースかセミハードケース。

さらに利便性や機動性も考慮するなら、サドウスキーがベストになりそう。

 

頑丈になる分だけ重くなるのがケース選択の悩みどころ。 

一つで解決しようせず、状況で使い分けるのも有りだと思います。

 

カートを使って運ぶ手もあるけど、あれを使う場合、IGIGやサドウスキーのような形状だと滑っちゃって逆に不便に感じたり、意外な落とし穴が存在するのが厄介。

 

なかなか完璧な正解ってのは見つからないのが正直な話。

自分の目的と好みに合ったものは自分自身で見つけるしかありません。

 

それでも本当、今は凄く良い時代になっているのは確か。

ケースの選択肢が豊富なんて時点でめっちゃくちゃ条件良いです。

 

変な話、サドウスキーブランドでケース作ってるとか、それだけで安心するものがあります。

何が安心かってそうそう潰れない、幻の存在にはならないだろうってのが良い。

 

さすがにモデルチェンジも落ち着いた感がありますし、一度手に入れてしまえば困ることはないはず。

こういうケースが10年、20年前からあったらって本気で悔しくなるものすらありますね。

 

ここまで進化するのかって驚きな次第。

 

 SADOWSKY BASS PORTABAG PLUS

SADOWSKY BASS PORTABAG PLUS

 

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com