ベース弾いててあまり興味も関心もない事について考えてみる

興味のない理由の分析 目次

 

 

人は無常

 

「前はあんなに夢中だったのに・・」

 

よくあることですよねこれ。

一度興味の対象から外れてしまえば、本当にそのままほったらかしになるのが人間。

残酷な話のようではありますが、変に気にして神経使っても疲れるし、時間とエネルギー無駄にしても意味ないし、そうやって切り捨てていく方が逆に健全だとも思います。

 

これは対人関係でもなんでもそうなんでしょうね。

無駄に未練とか持ってても後味悪いだけだろうなと。

 

一方、まったく何も知らずに無関心に放置するというのも、ちょっともったいない気がするところ。

固定観念や先入観が強すぎたり、それで好奇心を失い避けてしまうのは考えもの。

 

そこで今回、自分の中であまり興味のないものについて、

 

「なんで興味がないんだろう?」

 

と、試しに分析してみたいと思います。

それが好きな方には申し訳ないですが、それはまぁ、好みの問題ってことで。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ベースで興味のないこと

 

ベースのブリッジ

 

これについては先日も話しましたが、あれこれ凝っているものほど良い結果を得られなかったというのが非常に大きいですね。

 

と言うことは、以前は関心があったタイプの話と言えそうですが、それでも自分から積極的に交換などをしたことはない為、やはり、元から関心が薄い方だったのだと思います。

 

これは本当、凝ったやつほど笑っちゃうぐらい駄目だったんですよね。

音がどうのってより、扱いづらくてしゃーない、まともに機能しないなど、こだわる意味がないなと。

 

4弦だったらフェンダーのスパライルのやつでも十分ってか、むしろそっちの方が良かったりするし、興味も関心もないことにちゃんと理由があって納得できるところ。

 

50万円以上のベース

 

これはもう、自分の中に明確なラインを決めているということが大きいですね。

これ以上出しても仕方ない、音が良くなる理由も根拠も感じないという、そういう気持ちがあります。

 

言っちゃあれですが、「付加価値」というものに重点が置かれてしまう気がして、あまり健全な方向には見えないのが正直な話。

「人と違うものを使いたい!」というのは分かりますし、実際、それが少なからずあるからこそ、自分も希少な楽器を使っているのだと思います。

 

でもやっぱり、それが100万オーバーだったとか、音に対して何の意味も思想も持たないような作りだったら、ちょっと手は出ませんよね。

 

ものすごく高級な楽器であっても、使ってるプリアンプは目も当てられない設計だったとか、PUは出力稼いでごまかしてるだけだったとか、そういうのは本気で笑えない。

 

ゆえに、一本あたりに出せる金額は50万円まで。

余程の特例や命の危機でもない限り、それは絶対のラインだと決めておきたいところ。

 

タッピング

 

派手に決めるベースソロや華麗なソロベースなど、以前はすごく憧れたものですが、最近はその興味も薄れてきてしまいました。

 

「自分がやることじゃないかな・・」と諦め気味なのが正直な話。

 

これと言うのは、弦高も大きく関わっているのかもしれません。

以前の自分だと弦高は1mm以下が基準。

紙一枚入るかどうかで勝負するみたいなところがありましたが、今はまったく状況も好みも違っています。

 

要するに、タッピングやりずらいんですよね。

弦高が低いことが習得の条件とまでは言わないけど、単純に大変になるのは間違いない。

タッピングと通常の指弾きのサウンドのどちらを優先するかと問われたら、何の迷いもなく後者を選択します。

 

となると、必然的に興味がなくなってしまうのも仕方ないことなんでしょう。

 

「あらゆる奏法をこなす!」みたいな野望も前はあったけど、それやってると全部中途半端になるリスクも感じましたし、そんな時間も労力もかけられないと諦めた感じ。

 

そもそもの性格が万能器用とか正確無比なんてタイプじゃないし、タッピングまで超絶にこなすなんてのは無理だと判断した次第。

 

超絶スラップ

 

これもタッピングと似たような話ですね。

前は好きだったけどある件で心が折れた為、自分にはこの道は無理だと悟りました。

 

もうですね、自分より遥かに上手いのは当然、音もめちゃくちゃ良いって人を見たら無理です。

どんなに超絶を目指してもこの人には敵わない、勝てるビジョンがまったく見えてこないという、そういう化け物を目の当たりにすると自然と選択肢から消えていきます。

 

個人的には、ヴィクター・ウッテンを観てもそこまでの気持ちにはならなかったんですが、いや~、その道のとんでもない怪物ってのがこの世にはいるものですね。

 

それをしかも、目の前で見ちゃったもんだから、余計に折れます。

「あ、俺には無理だ」と一瞬で悟りました。

まぁ、おかげで楽になったから良かったんですけどね。

 

その体験があったからこそ、「自分の好きなことをやろう」とより強く方向が定まったようにも感じます。

 

ほとんどのベースアンプ

 

このブログで何度も話してきたことですね。

小型・高性能という条件に当てはまってないのであれば、ベースアンプって自分の中で興味のない対象になっています。

 

これについてはもう、10代ですでにその傾向があり、20代でほぼ完全に諦め、今では逆にネタとして興味があるってぐらいかもしれません

 

自分の感覚ではツイーターがなければその時点で論外。

オーディオクオリティとかフラットなんて言葉は信じない。

凝った音作りなんて余計なお世話だし要らないって感じ。

 

ほんと、ベーアンって嫌いなんですよねぇ。

「いつまでこんなの使ってるの?」ってツッコミたくなる。

ベーアン作る人ってベース嫌いなのかって疑問すら湧きます。

 

これもやはり、かなり早い段階で興味を失った分野と言えますね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

好きがあればこそ

 

長くなりそうなので、とりあえずこのへんで。

 

今回の話って恐らく、その存在の発想すら出てこなかったものが真に興味のないものなんでしょうね。

大体、経験から興味を失ったり、あえて切り捨てた部分が出てくるというか、もういいかなってものから出てくるはず。

分析のしようもないぐらいに無関心だと、本当にまったく頭の中から出てこなそうです。

 

でも、知らないのであれば、それはまだチャンスがある気ってもするところですかね~?

 

知ってから興味を失う、分かってから関心をなくすというのは割と真面目に致命傷と言うか、余程の何かが起きない限り、それを取り戻すことってできないように思えます。

 

まぁ、そこでバランスを保とうとする人と、極端なぐらいにまで行ってしまう人と傾向は分かれそうですが、いずれにせよ、好きなことには正直な方が良いのは確かでしょう。

 

「前はあんなに好きだったのに・・」ってたぶん、実はそこまで好きじゃなかった可能性もあるし、もしくはそれをごまかすために時間も含めた変な投資をしたり、妙な幻想などを抱こうともするのかもしれません。

 

テキトーな人間の為、「好きだからこそ綺麗さっぱり捨てる!」という発想も気持ちもよく分からなかったりするのですが、なんでしょうね~?

捨てたら楽になったとか軽くなったとか、それってやっぱり、実はそこまで執着するほどのもんじゃなかったってことなんじゃないかと感じるわけです。

 

無理して維持しようとせんでもべつにいいんじゃないかって話ですね。

やっぱり、興味のないこと・関心のないことを続けるって大変です。

変にプライドこじらせちゃっても息苦しくなるだけだったりするし。

 

結果が出たら燃え尽きるとかよくある話ですが、それってもう、『結果』を得ることが目的になっちゃってるのであって、根本的なところがよく分からなくなっちゃってそうだなと。

 

何を話しているのかよく分からなくなってきましたが、自由も多様性も許されるようになってきたこの時代、興味も関心もないことにエネルギーを注ぐ必要はないんじゃないかと言いたいのは確かです。

 

揺れても折れても消えても残ってる好きを持ってるってのが一番ですね。

そういう意味では、嫌いを知ることも中途半端な好きをあえて捨てることも、同じぐらい大切なのかもしれません。

 

【ブログカテゴリー】