ベースとブリッジ 普通が一番がいい 細かいのは嫌い

音より扱いやすさを

 

やたらゴツかったり重いブリッジなんてのもあるこの世の中。

個人的な好みで言えば、普通なやつが一番いいかなと考えています。

 

パーツがごちゃごちゃしてたり、調整が面倒だったり、そういうのは苦手。

 

どこのブリッジかは覚えてませんが、いちいちどっかのロックを外して調整、終わったらまたロックをしてとか、ああいうのは本当に勘弁してほしい。

 

構造をゴツくしすぎたためなのか、太い弦をスムーズに張れない、ローB弦が変な風に曲がってしまうなど、そういったことが実際にあったから困ります。

 

4弦に関してはそれこそ、超普通なスパイラルのやつでも十分。

穴を通すのが面倒っちゃ面倒だけど、べつに何も問題なし。

 

音は正直よく分かんない

 

自分が持っているベースで唯一、ブリッジをフェンダーのノーマルなやつから重くブ厚いものに交換したものがありますが、その違いはほとんど把握してません。

 

見た目の問題的に交換しただけなので、特に期待もしなかったのが本当の話。

 

そもそもあまり興味ないというのもありますし、そんな劇的な変化が起こるのかどうか、やはりいまいちピンと来ないところ。

 

「アタックが全然違う!」

「サスティーンが別物!」

「めっちゃ低音出る!」

 

こういうことって本当にあるんですかね?

言っちゃあれですが、そんな過度な期待ができるポイントではないような?

 

弦を思いっきり引っぱるとか、乱暴にスラップなんてスタイルだと、また感覚が違ったりするんでしょうかね?

 

確かに、スパイラルタイプだと弦が横にズレるとかそんな心配もありそうには思えます。 

ただ、それを言ったら、ろくに駒の溝切りをしてないバダスのブリッジとかどうなんだという疑問が湧くところ。

 

言うほどそんなガッチリと弦を固定できるものなのか疑問。

 

いずれにせよ、楽器が生まれ変わるとか別物になるとか、そんな劇的な効果を望むのは厳しいのではないかと認識しています。

 

楽器を穴だらけにしてまで交換の実験をしたいとも思いませんしね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ボールエンドから駒までの長さはあってほしい

 

音に関してはよく分からないけど、機能性と設計については無視できません。

 

前述のように、ローB弦を張るのに印象の悪いブリッジとかある為、本当に何も考えず超テキトーにとはいかないの現実。

 

プレートの厚みがありすぎて駒の調整をしづらいとか、弦高がおかしなことになるやつとかもありますし、そういうのは絶対にさけたいところ。

 

大体、ゴテゴテと凝ったやつは駄目でした。

 

それでしかも、4弦を基本に安易に拡張したものだと多弦には最悪って印象。

これはヘッドの設計についても同様ですね。

笑えないレベルでローB弦を綺麗に張れないやつがあるので、そういうのは論外。

 

低音弦が締まってゴーン!と気持ちよく響くどころか、張りもなく音程感も曖昧にボヨンボヨンになったりするから注意が必要。

 

設計時点で欠陥を感じるようなものには手を出さない方が無難です。

 

それだったらもう本当に普通のブリッジでいい。

奇をてらうことなくシンプルなのが一番。

 

その意味では、ヤマハのBBリミテッドの5弦なんかは面白いブリッジにしてましたね。

スパイラルだったか円筒タイプだったかは覚えてませんが、ローB弦の部分だけ延長してある特別仕様がなかなかユニークでした

 

ローBだけと言わず、全部サイズアップしたものでいいんじゃないかって気もしますが、いずれにせよ、どノーマルなタイプのブリッジでローB対策をちゃんとしているのが好印象。

 

いや本当、普通でいい、普通が良いんですけどね。

 

つまらないっちゃつまらない考え方だろうけど、そもそも、そんな面白い効果を狙うパーツなんだろうかと疑問になります。

 

こういうパーツにハマりそうになったり、泥沼に落ちることになりそうだったら、タッチコントロールに目覚めることを自分はおすすめします。

 

ちょっと弦を垂直に押し込むことを意識するだけでも音は変わりますよ。

経済的だし楽だし、音も分かりやすく良くなります。

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】