noteの有料記事作成 何事もまず挑戦 ベースとタッチと太い音

初・有料記事

 

いやほんと、凄い時代になってますね。

 

有料の記事を書くとかその発想が今まで全然ありませんでしたし、それがお手軽にできる場があったなんてこともまったく知りませんでした。

 

なんと言いますか、情報が一方的に送られてくる時代を遥かに超え、こちらから当たり前のように発信できる時代になってるんだなぁとあらためて驚愕。

 

もちろん、動画サイトやイラストサイトなどそういった存在は知っていますし、そこから仕事が来たり、大きな収入に繋がる可能性まであることも把握しているつもりです。

 

実際、ニコニコとかに上げた動画からサポートの依頼が来たことが自分にもあったり、そこまで驚くことでもないのでしょう。

 

そうは言ってもやっぱり、文字の世界を個人がここまでお手軽に発信できる、しかも有料記事なんてものまで簡単に作れるのかと思うと、マジでひっくり返りそうになります。

 

 一個人がそんな力をお手軽に持てるものなのかとびびります。

「なんて良い時代なんだ!」って言いたくなりますね。

 

ベースとタッチコントロール

 

『太い音を出す為に 表現力を育てる為に』

 

という、かなり大袈裟なタイトルではあるようですが、全部ちゃんと読んでしっかり実践すれば、必ずその効果を実感できる内容には仕上がったかなと。

 

単純な教則物と言うよりは、心理テストとかカウンセリングに近い内容もありますが、それだけにこのブログのノリとは差別化できたと思います。

 

一万字オーバーの内容でしかも、内容もかなり真面目に書いたので、よりシリアスで厳しい面もある内容にはなりましたね。

 

ちょっとお説教くさい感じがするかなとか、そういう苦悩もありはしましたが、それもどうしても必要なところだと割り切りました。

 

読んで素直に実践すれば必ず、ベースへの向き合い方も自分の音も変わるでしょう。

 

note.mu

 

自分が欲しいものを書いた

 

今回の有料記事を書いた理由の一つに、

 

「自分が欲しい理想論が載ってる本」

「タッチへの興味が湧く本」

戒めにもなる教科書」

 

こんな存在があって欲しかったってのもあるんですよね。

自分が欲しいものを自分で書いてしまったと言えるのも本当の話。

 

音楽はもちろん、このブログなんかもそうですが、自分が自分のファンだなんて言っちゃうのは気持ち悪かったり笑える話だけど、何か作ろうとするのであれば凄く大事なことだと感じます。

 

傲慢だのナルシストだの、有料って金儲けかよとか、良い見方はされない可能性もあるけど、ま~、やってみると本当に面白かったですよ。

 

とりあえず値段は500円ということにしましたが、これを例えば自分に教え子がいると考え、この内容を全て伝えようとした場合、一体どれだけのお金と時間が必要になるのだろうかと、かなり青ざめるものがありましたね。

 

正直、この3倍ぐらいの値段でも自分的には割に合わないと言うか、ちょっと勘弁してくれって感じかもしれません。

 

責任持って書いた分、ブログを更新するいつもの感覚とは違いましたし、自画自賛なようですが、まずは一つの形にできて良かったと安堵しています。

 

何事もまずは第一歩から

 

後で見たらまぁ、「なんだこのクソ記事・・」と絶望する可能性もありますが、そのへんはあれです、楽器も同じです。

 

「今日は最高のプレイができたぜ!」と満足してたら、顔を覆って転げまわりたくなったとかお約束というものでしょう。

 

ものは試しで書いた初の有料記事。

まだ何も結果は出てないけど、やってみて良かったのは間違いありません。

 

これからブログを始めてみようとか考えている人がいるならばむしろ、いきなりこっちからチャレンジしてみるのも有りだと思いましたね。

 

べつに有料から始める必要はないし、気楽に更新するのも当然おすすめ。

ってか自分自身、まだ登録して一週間も経ってませんし、ド素人も同然。

記事自体についてはもっと時間をかけて書きましたが、登録は本当にここ最近です。

 

なので実のところ、noteの仕組みについてはな~んもアドバイスできません。

 

いきなり有料記事とか無謀もいいところだけど、とにかくやってて面白かったので、これはまた良い遊び場が見つかったって感じです。

 

そんなわけで是非是非、 ベースとタッチコントロール、読んでみてください。

 

少しでも上達したりヒントになったり、音が太くなってベースが面白くなったのであれば、こんな嬉しいことはありません。

 

それこそ、書いた甲斐があったというもの!

 

【ブログカテゴリー】