ショート・ミディアム・33インチ ベースと短いスケールとその疑問

ベースとスケールと疑問

 

今回は2014年に某SNSで公開していた記事をリライト。

 

楽器に対して神経質になるのは考えものと思いつつ、不利な現実を見ないようにするのもどうなのかと感じるところ。

 

辛いものは辛い。厳しいものは厳しい。

 

しかし、短くコンパクトにしたからと言って楽になるとは限らないから難しい。

長く大型にすれば良い音になるだろうというのも違う。

 

そんな疑問や課題について、リライトを交えながら考えていきたいと思います。

 

 

短いスケールのベース

 

『33インチ特集』みたいな記事が面白そうだったので数年ぶりにベースマガジンを購入。

 

一昔前はスケールを伸ばそうとする方が流行っていた印象がありますが、ここ最近はその風向きがちょっと変わってきたような印象。

 

「重いベースじゃないと良い音はしない!」なんて感じのヘヴィ級神話みたいなものもなくなってきたかなと。

 

ただ、「体の小さな日本人向け!」なんていう売り文句は昔からありますし、今でも耳にすることでしょう。

スケールが短い楽器や小型軽量の楽器はそこまで特別というわけでもなく、ずっと以前から存在しています。

 

また皮肉な話で、その多くは日本よりむしろ、海外から出ていたりするのが面白いところ。

そう考えるとまぁ、日本人どうのって話は宣伝の常套句に過ぎない気もしてきます。

 

これというのは人種も国籍も関係なく、「ベースしんどい・・」と感じるプレイヤーが実は多い証明でもあるのかもしれません。

 

売り文句はあてにならない

 

一時期のスーパーロングスケール至上主義みたいなのを考えると、売る側の姿勢とか言葉なんてのは本当にいいかげんなものだと笑ってしまいます。

 

「35インチとは思えない弾き心地!」

「言われなければ分からない!」

 

みたいなのってもうお約束ですよね。

 

でもそれって、

 

「じゃあ34でええやん」

 

とツッコミたくなります。

弦の調達が不便になる可能性があるし、34インチで済むならそれに越したことはありません。

 

それと同様、「33インチでも34インチと同等!」なんて売り文句もあったり、ま~、そのテキトーさにやはり笑ってしまうところ。

 

「全部同じやんけ!」

 

ってなりません?

 

ジョークではなく本当、こういう売り文句なんかに惑わされず、自分自身の感覚でちゃんと判断するのが一番でしょう。

 

「この1インチで人生変わりました!」みたいなことはちょっと考えにくいですし、誤差レベルなのか本当に劇的に違うものなのか、それを判断するためにも変な先入観は外した方がよい。

 

こだわるべきはクオリティ

 

スケール云々を気にするのもいいですが、まずはやっぱり、その楽器自体の完成度・魅力がどうなのかってのが重要なんじゃないかと。

 

36インチでも全く鳴らない楽器もある一方、普通の34インチでまったく問題を感じなかったり高く評価されている楽器もあるのが現実。

 

そう考えるとスケール云々って余程のことでもない限り、実はそこまで大した問題じゃないようにも思えるところ。

 

スーパーロングスケールだったとしても、全体のサイズで言えばヘッドレスの方が短くなったりもするように、目的意識や場合によってはスケール云々なんてあまり関係なくなってくる気がしないでもない。

 

実際、34インチでもやたらと1フレットが遠く感じる楽器なんてのもありますしね。 

トータルのサイズやバランスなど、それを無視してスケールにだけ注視するのはおかしな話です。

 

どうストレッチしても届かないとか、演奏が完全に不可能なんて場合はさすがに問題がありますが、そこまで極端のものというのはほぼ存在していないはずですし、間違っても一般的ではないでしょう。

 

それに近い状況であったり小柄だったとしても、コントラバスのような楽器をバリバリ弾ける人もいるのがこの世の中。

 

やはりスケール云々よりもまず、その楽器自体のクオリティや自分との相性に目を向けることが大切だと感じます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

短いスケールの悲劇とフェンダーの呪縛

 

短いスケールならではの難点と申しますか、これは前述のベーマガの特集の方でも書かれていたことですね。

 

スケールを短くする場合、大抵は安物扱いだったりチープな方向性で作られる楽器ばかりだったする為、それが原因で誤解や偏見が生まれてしまう面もあるんじゃないかと。

 

スケールの短いベースで評価されているものって本当に少ないと思います。

 

そういったものも結局のところ、本格派とは見られないんじゃないかと感じますし、どちらかと言うとやはり、特殊な楽器として扱われてしまうと想像。

 

このあたりについては、フェンダーが築き上げてしまった歴史とその楽器の完成度というのが本当に厄介に感じるところ。

 

我々の多くがその音を聴いて生まれ育ってきたという事実。

それだけにその壁もとんでもなく分厚く存在してるということなんでしょう。

 

「34の呪い」とすら言っていいものがあるのかもしれませんよね。 

フェンダーそのものの音でなくとも、34インチの音を聴いて生きてきたのが現実。

それを共通の文化・価値観として認める環境もすでに出来上がってしまっている。

 

演奏する側もその感覚が染み付いてしまっているから大変です。

スケール変更という先入観や違和感を認識してしまうとなかなかそれが外せないし、受け入れなくもなってしまう。

 

フェンダーのやってしまったことがあまりにも偉大すぎた為、そこを変えるのは本当に難しい問題だと痛感します。

 

短くするなら半端じゃ駄目

 

こういった偏見を乗り越えるだけのクオリティとオリジナリティを持ち、目的意識もハッキリしたものを作らなければならない。

 

そう考えるとスケールを短くした楽器に挑むというのは、安物作りどころか凄くハードルが高いものだと感じます。

 

フェンダーから離れた完全なる別物に仕上げる方向が一番正解なのかもしれませんが、それも結局のところ、相当な完成度を持った楽器でないと誰も振り向いてはくれないはず。

 

たとえ30インチで素晴らしいフェンダーコピーを作り上げたとしても、「あぁ、やっぱり本物の方がいいわ・・」なんてすぐ飽きられて終わってしまうのでは悲しい。

 

でも実際そういうものですよね。

中途半端な楽器はまず生き残れない。

 

ただスケールを短くしたってだけでは恐らく、今まで通りの安物扱いをされるだけか、進化も志もないものしか作れないのかもしれません。

 

弾きたくなる楽器が一番

 

自分が初めて弾いたベースは32インチミディアムスケールのベース。

小型軽量で弾きやすかったけど、音はスカスカで腰も何もあったもんじゃなかったですね。

 

そのまんま、いかにもな「安物」という感じだったかなと。

 

その次に34インチの楽器に行きましたが、ま~、これが想像以上に長くて大きくてびっくり。

5cmも違うんだから当たり前なんですが、これだけの違いがあるとやはり、「スケールは関係ない!」とは言えなくなってくるところ。

 

違和感バリバリです。

30インチのショートスケールからの変更だったら余計にそうでしょうね。

  

しかし、短いスケールから長いスケールの持ち替えには苦労した一方、それ以上に満足感がとてつもなく大きかった思い出。

 

「やっと本格的なベースを手に入れたんだ!」とその音に感動しましたし、それを使いこなす快感ってのもありました。

 

大切なのはやはり、その楽器が好きかどうかでしょう。

多少の違和感や苦労なんか気にならない魅力があるならそれは強い。

慣れさえしてしまえば意外と気にならなくなるものです。


短いスケールの楽器の何がまずいかって、そういった魅力を考えずネガティブな方向で作られたものばかりだから、魅力がなくなっちゃうんじゃないかと思うわけですよ。

 

初心者向けどうのなんて話は見方によっては安易な誤魔化しですよね。

そもそも本気で作る気があるのかと疑問になるところ。

 

プレイヤーも作り手も目的意識とイメージを持ち、クオリティを追求・進化していけばもっと良いものが出来るはず。

無闇にメリットとデメリットをごっちゃにするから、半端になり使いものにならなくもなってしまう。

 

自分の初めてのベースにしても、これがもし本当に素晴らしい楽器だったら、ロングスケールの方に憧れなんか感じなかったかもしれません。

 

ロングスケールの方にデメリットばかりを感じていた可能性もあるんじゃないかと。 

 

欲しいのは弾きたくなる楽器・好きな楽器

 

完全に自分の好みの話ですが、最近増えつつある33インチの楽器は苦手なハイエンド系ばかりが目立つ為、実はあまり弾いたことがなかったりします。

 

この問題はけっこう深刻です。

「弾きたい!」と思える楽器がほとんどないって辛いです。

 

スペックやルックスを見るだけでも自分に合わないことが容易に想像できてしまうのが悲しい。

また、その先入観や偏見を壊せるだけのものがあるとも思えないので、どうにも興味が湧いてこない。

 

前述のフェンダーの話ではありませんが、自分が使ってるジラウドのブラッククラウド以上のエレクトリックベースは存在しないと考えているので、それが本当に壁にもなってしまうわけです。

 

そういう固定観念や価値観すら壊せるポテンシャルを持たせるというのはやはり、物凄く大変なことですよね。

 

スケール云々に関係なく素晴らしい魅力のあるサウンドを持っていない限り、このハードルをクリアすることは不可能なんでしょう。 


体に染み込んでしまった感覚や34インチの呪縛もはるかに超越。

他はもう弾けないってぐらいの魅力に溢れた楽器が登場したら最高なんですが、なかなかそう上手くはいかないのが世の中というものでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

 

大型化ばかり目指すのは悲しい

 

短いスケールで個人的に1本作ってもらうとしたら、とりあえずは普通の楽器を普通に真面目に頼んでみたいところ。

 

失敗する可能性の方が高いか、もしくは、すでに実験済みの上で淘汰されてきたのかもしれませんが、いずれにせよ、自分の体にバッチリ合っていたらそれがまずは何より。

 

その上で音にも魅力を感じる実用的な楽器があれば、それは本当に素晴らしいことだなと。

 

と言うかまぁ、日本人こそそれを一番にやるべきだったんじゃないかと思うんですが、なんでか、フェンダーのコピーやら海外の後追いとか物真似ばかりで悲しくなってしまいます。

 

日本人に合いそうな楽器を日本人が作れなくて、海外から輸入してそれに気付くってのはどうなんでしょうね?

 

日本独自にエレクトリックベースが進化を遂げていれば、ヴィクター・ウッテンやらマシュー・ギャリソンみたいな人が日本の楽器を弾いていた可能性すらあるんじゃないかと。

 

国産の楽器ばかりを弾いてきた人間としてはなんか寂しいんですよね。

小柄だったり手の小さなプレイヤーに向き合った面白い楽器をもっと作れていたはず。

 

もちろん、作り手云々より何より、プレイヤーが大きく重いものを求めたということもありそうですが、今の時代だからこそ、フェンダーとはまた違うベースの世界も追い求めていってほしい。

 

せっかく素晴らしい技術があっても、それがプレイヤーのために向けられないんじゃ悲しいじゃないですか。

もっと柔軟かつ、悪ふざけや成金趣味で終わらないベースが増えていったら面白い。

 

安物ではなくガチなのが見てみたい次第。

 

【ブログカテゴリー】