ベースの3フィンガーの謎 実用的に使うなら指の順番を意識した方がいい

3フィンガーで使わない指順

 

2フィンガーの場合、【人差し指→中指】の順に弾くのが一般的。

反対の人もいるかとは思いますが、どちらの指が先にせよ、そこまでの違和感はないはず。

 

ところが、ここに薬指を加えると話が一変します。

【人→中→薬】の順番では自分は弾けません。

この順番を使用する場合、親指も加えた4フィンガーの方が楽です。

アポヤンドとアイアイレでまた話が違うのかもしれません。

 

【人→薬】の2フィンガーもできるんだけど、中指と薬指の組み合わせは壊滅的。

トレーニングのためにやることはあっても、実際はまず使いません。

 

【薬→中→人】の順番がやっぱり一番しっくりきますね。

高い確率で3フィンガーのスタンダードな弾き方になるのではないかと。

恐らくは人体の構造的にも自然な流れなのかと想像します。

 

【スポンサーリンク】

 

 

3フィンガーをより実用するには

 

以前にも1フィンガーとのコンビネーションについて触れましたが、3フィンガーをより活かすのであれば、様々な順番・運指の組み合わせで練習しておくと非常に便利に実用的に使うことができます。

 

www.pompombass.com

 

例えばXの曲とかで使う刻み

 

言葉にすると「タンタンタタタタ」という刻みがメインになる曲もあるX。

 

2フィンガーで弾くのはなかなかしんどいスピードであり、3フィンガーの順番を滅茶苦茶にして弾くのもなかなか辛いこのパターン。

 

自分がやるとしたら「タンタン」を人差し指だけでまず弾く。

そして「タタタタ」【薬→中→人→中】の順番で弾きたいところ。

 

考え方としては、【1フィンガー→3フィンガー→2フィンガー】のコンビネーションということになりそうです。

 

薬→中→人の順番の美味しさ

 

ここでポイントなのは前述の通り、【中→薬】の進行は入れないことですね。

 

【薬→中→人】の順番、【人→中】【中→人】の順番は問題を感じませんが、中指から薬指は自分は本当に無理だったりします。

 

3フィンガーを上手く使おうとするならば、この【薬→中→人】のパターンというのが最重要ではないかと感じるところ。

 

やっぱり、この順番というのが一番スムーズであり、独特のスピード感やグルーブが生まれる印象。

 

6連系のフレーズに使用するのが最もそれらしく響き、格好良くもなるとは思う一方、あまりにも限定的な奏法になってしまうのが難点。

 

だったら、1フィンガーや2フィンガーのコンビネーションともあわせ、そこに【薬→中→人】の順番を上手く取り入れるようにした方が、通常の奏法としての実用性も増すのではないかと。

 

「どの順番でも高速に自在に」というのが理想的だとは思いますが、3フィンガーならではのニュアンスやグルーブも好きな人間からすると、それだとちょっと淡白で寂しくなるような気がするんですよね。

 

3フィンガーだったら【薬→中→人】

これが王道であり、一番美味しい弾き方と順番になるはず。

 

【スポンサーリンク】
 

 

3フィンガーを練習するならゆっくり色々な順番で

 

しつこいようですが、3フィンガーにおける理想の順番、最も基本になる順番は【薬→中→人】だと確信しています。

 

この流れで弾くのが一番な自然であり、サウンドも美味しくなる印象。

 

そして、それをもっと強化して活かしたいのであれば、様々な順番の運指で練習することもおすすめ。

 

「実際に使わないんじゃ意味がない」と見ることもできますが、3フィンガーを自然なものしたいのであれば、まずはとにかく、感覚を強化することが第一になるでしょう。

 

何て言ったらいいんでしょうね?

 

神経を通わすと言うのか血を巡らせると言うのか、そうやって地道に鍛えることでより確実な奏法として身に付くものだと思うわけです。

 

ある意味、脳トレとも言えそうですし、そうやって時には理に適ってない・難しい・出来ない要素を取り入れることによって、新たな何かが目覚めていくものだったりする。

 

たぶん、自分なんかでは想像もつかないような複雑な3フィンガーを使用する人も世の中には絶対いるでしょう。

 

ま~、さぞかし指に感覚が行き渡っていることだと想像します。

 

ついつい派手に使いたくもなる奏法ですが、基本はやっぱり、地道に一歩ずつ。

実用的に太く確実な音を鳴らすにも、必殺技として使うにしても、タフで対応力のある指をつくった方がいい。

 

これから3フィンガーを身に付けようする人がいるならば、薬指の使用とそこだけの意識にとらわれるのではなく、ゆっくりゆっくり、すべての指を地道に鍛えていくことをおすすめします。

 

【ブログカテゴリー】