実はよく知らないメイプル指板のベース その特性と謎を考える

メイプル指板を考える 目次

 

 

メイプル指板は実は最柔の指板?

 

「アタックを求めるならメイプル指板!」

「クリアなサウンドならメイプル指板!」

「スラップするならメイプル指板!」

 

こう評価される印象が強いメイプル指板。

 

よりアタックの効いたサウンド、明るくハッキリした特性など、それを求めた場合、高い確率でこの指板をイメージするのではないかとも想像します。

 

しかしまぁ、そのイメージとは裏腹に、ローズやエボニーなどの材と比較すると軽くて柔らかい木材なのがメイプルのはず。

 

ただ単に硬質なだけでは調整も大変になるし、気候の変動に弱かったり、欠けやすい、割れやすいなんて話では、ネック材として適しているとは言えません。

 

野球のバットにも使われているように、よくしなって粘りがある、安定していて耐久性があるなど、そういった特性を持っているからこそ、ネック材として不動の地位を築き上げているのでしょう。

 

でも、そんな性質を考えてみると、アタックが強烈とかハイがよく出るというイメージとはちょっと気がするところ。

 

反発力があるからこそローズやエボニーよりもはじける感じがある、軽いからこそ明るく抜けてくる、そう見るのも感じるのも分かる話なんですが、果たしてそこまで圧倒的に別物なぐらい違うのだろうかと疑問も湧くわけです。

 

水分や油分の比率なのか?乾燥具合の違いなのか?

メイプルが圧倒的にアタッキーで鋭い特性と評価させるのはどんな理由からなのか?

 

20本以上のベース、遊びで入れたものを含めれば軽くその倍以上を所有してきましたが、その内、メイプル指板だったのは僅か数本。

 

ほとんどメイプル指板のことを知らないだけに、色々と興味が湧きますね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

実は塗装が肝?

 

塗装を剥がした経験

 

個人的に独特で面白いと思っているのは、分厚いポリ塗装で硬くなっているメイプル指板。

 

実は以前、フェンダージャパンのメイプルネックのジャズベの塗装を剥がしたことがありまして、それで出音がイメージとは違うところに行ってしまった経験を持っていたりします。

 

ボディの方も剥がしたので一概には言えないのも確かなんですが、それにしても驚くぐらいの変化があったんですよね。

 

ネックの塗装と指板の塗装を剥いだことで、完全に別のものになってしまったような印象。

それもクリアな方向ではなく、太く甘くゆったり遅くなるようなそんな感じ。

 

指で弾くにも落ち着いたサウンドを狙うにも良い塩梅にはなりましたが、スラップやタッピングなどをバリバリ決めるなら、塗装してあった方が良かったのが正直な話。

 

振動が伝わってくる指の感覚としても、木の方にそれを吸われるような感じだったかも?

 

フレットレスのコーティング

 

これはローズやエボニー指板のフレットレスなどについてもそんな傾向を感じますね。

指板がコーティングしてあるかどうか、それで意外なぐらい別物になる印象があります。

 

以前、真っ黒で分厚い強力なエボニー指板の6弦フレットレスを所有していたのですが、サスティーンも音抜けもどうもいまいちで悩むことに。

 

ラウンド弦を使用していたこともあり、指板の消耗も明らかだった為、後がけでコーティングをするのを決意した次第。

 

そうしたらま~、びっくりするぐらいサスティーンも音抜けも向上。

 

温かみという面において賛否が分かれそうなところでもありましたが、個性としても実用としてもこちらの方が文句なしって感じ。

 

これは本当、前述の塗装剥がしの逆って気がしましたね。

 

塗装をしたことでよりアタックがはっきり出て音もクリアー、サスティーンも豊かになって凄く使いやすい楽器になって驚愕。

 

ここだけの話、このベースはジラウドさんの方でもかなり認められた存在だった次第。

 

高密度の分厚いエボニー指板でもコーティングするとまた別物になる、そんな印象を受けるには十分すぎるほどの出来事でした。

 

塗装が薄いメイプル指板はまた別物なのかも?

 

所有してきた数少ないメイプル指板のベースの中でも珍しかったのは、極薄のラッカー塗装がされたメイプルネックと指板。

 

これはとにかくバンドの中で評判が悪かったです。

音が抜けてこない、聴こえてこない、薄い、軽い、電気臭いなど、散々な感じ。

 

もちろん、これを塗装だけのせいにするのは無茶苦茶というものですし、PUとプリアンプの影響、この頃の自分のタッチが悪かった影響もすごく大きいと思います。

 

ただ、ひっかかっているのはそのベース、あまりにも「個性がなく感じた」ということかもしれません。

なんか、とにかく中途半端だったんですよね。

 

・特にクリアーでもないアタックがあるわけでもない。

・温かみがあるわけでも主張があるわけでもない。

・上品でもないし下品でもないし印象に残らない。

 

ほんと、こんな感じだったかなと。

 

「アッシュボディ・メイプル指板・アクティブのジャズベース!」と来たら、まずはスラップのイメージとかアタックのあるサウンドを思い浮かべるでしょう。

 

でも、そんな風に言える要素は正直なかったのです。

 

ちょっと憶測がすぎる気もしますが、あれでカッチカチのタイトな塗装がされていたらまた全然違ったのではないか? バンドの中での抜けも違ったのではないか?

 

そんなことを考えてもしまうところ。

 

メイプル指板の不思議

 

自分の経験から言えば塗装が薄いメイプル指板は、木材のその比重や密度の通りの特性というイメージがあるかもしれません。

 

あまり響かない、反応が速いわけでもない、特に個性的でもない、上がうるさくなるわけでもローが膨らむわけでもない、こんな感じかなと。

 

特出したものがない分だけ扱いやすいと言うか、エレクトリックとしてはむしろこれが正解な気もするところですね。

 

上も下も伸びすぎるとか変なピークが生まれるとか、温かみがあるのが逆に元気のなさに感じるとか、それがそのまま楽器の嫌な癖になる可能性もあるわけで。

 

一方、頑丈な塗装がされているメイプル指板に関しては、これは評判通りのアタッキーで明るいイメージが出てきます。

 

・味わい云々よりもまずはストレートに音が抜けてくる

・アタックが木に吸収されるのではなく跳ね返る感じ

・感触もプラスチック的と言うか無機質な印象

 

これが塗装メイプル指板に対する自分の認識ですかね?

と言うより塗装指板、ハードコーティングに対するイメージかな?

 

科学的に厳密にどうなのかは分かりませんが、やっぱり、塗装の有無ってかなり違いがあるんじゃないかと想像しますね。

 

塗装自体の強度や密度についてもそうですし、もっと言えば、ネックと指板の厚みの問題も影響がないわけがない。

 

そういった要素を無視して「メイプルはこういう音!」と言い切るのはちょっと抵抗があります。

 

薄いラッカーのネックが自分にはいまいちに感じたように、『メイプル』と一口にしても実にさまざま存在するものなんでしょう。

 

メイプル指板を使うなら個性の意味でも、自分だったらハードポリ塗装を選択したいかも?

正しい答えが出ているわけじゃないけど、イメージ的にもそっちの方が合ってるし面白いはず。

 

事実にしても考えすぎにしても、こういう木材の特性を考えるってのは面白いですし、永遠に興味が湧いてしまう話ですね。

 

結局はスタンダードスペックが一番正解と言いながらも、そのスタンダードスペックの中にもまた細かく分類できる領域があったり、本当、楽器というのは奥が深いものです。

 

オタクこじらせてもこじらせなくても楽しい世界!

 

【ブログカテゴリー】