ちゃんとしたアコースティックベースがないものか アコギのおまけでは悲しい

アコギのおまけ

 

正直言ってこの印象が強いのがアコースティックベースのほとんど。

 

もっと根本的な設計から何からちゃんとしてほしいものなんですが、やはり、ギターをメインにベースはオマケ的に作ってる感が否めないなと。

 

分かりやすいポイントを言うならば、表板がすごく薄いものが多いですよね。 

表だけではなく全体的にもそうなのかもしれませんし、びっくりするほど鳴りが寂しい。

シャリシャリ感の強いピエゾと相まって出音の方も薄いから困ってしまいます。

 

そのピエゾにしたって、アコースティックベース専用に設計されたものなどほぼ存在していません。

構造的にコントラバスから流用するのもなかなか難しそうですし、パーツ的にも不利な面ばかり。

 

楽器としても物凄く興味が湧きますし決定打の登場に期待もしたいのですが、現実はなかなか残酷です。

 

そもそもの選択肢もほとんど存在していない。

 

【スポンサーリンク】

 

 

アコースティックという足枷

 

実用性を追求するとアコースティックからは離れていくという矛盾。

これが実に悩ましいポイントだと感じます。

 

「べつにソリッドでいいじゃん」

「エレクトリックでいいじゃん」

 

なんて言いたくなる音色になってしまうと悲しいですよね。

しかし現実問題、音抜けを求めたりハウリング対策をするとそういった方向性になりがち。

 

それこそ求めるのはルックスだけであり、アコースティック感なんておまけというのが正解だったりもするから困ります。

 

楽器として余計に存在意義がなくなって虚しくなる。

音量を出すほど低音を出すほど、実用性におけるリスクが増すことになるのが本当に難しい。

 

いっそ割り切って、完全にギター的なサウンドを狙った方が面白くもありそうなんだけど、その道を行くにしても独自のサウンドが生み出せないのでは結局はすぐ飽きてしまうと想像。

 

生楽器としても魅力的でアンプを通しても魅力的。

そこを両立するというのは半端なことではないと痛感する次第。

 

目指すのはコントラバスもどきなのか?

 

フレットレスのアコベにフラットワウンドやブラックナイロン弦。

そっち系のサウンドを狙うなら実に分かりやすい組み合わせでしょう。

しっかり作ってあるものであれば、それっぽい音がけっこうお手軽に出せたりします。

 

ただ、実際のところ、コントラバスという楽器は想像以上に複雑な要素が絡み合ってその音色がつくられているものです。

 

単にふくよかで包みこむような音が出ていれば良いということではなく、強烈なアタックや豊かなサスティーン、絶妙な余韻や不確定要素もあってこそ。

 

単純にスケールダウン版、お手軽版って感じでそれを目指してもまったくそれっぽくならないんですよね。

 

サイズ的に考えても仕方ないんですが、アコベだとどうも弱い面が多い。

サウンドホールからパーツから何から、アコギの流用で作られている感じだとものすごく薄い。

 

また、コントラバスというのは指板のその長さもあってか、実は意外なほどに音域が広い楽器。

一番細いG弦でもベースサウンドとして成立するという特性も強力ですし、それを真似できるアコベというのはほとんど存在しないんじゃないかと。

 

・音域が狭い

・音の存在感がない

・弓で弾けない

・お手軽感もソリッドに負ける

・低く詰まった音を出すことは難しい

・見た目もギターと大して変わらない

 

など、こうなっちゃうとかなり寂しいですよね。

コントラバスサウンド狙いは残念ながら非常に厳しい印象が強いです。

 

ソリッドのEUBの方がはるかにそれらしい音が出てしまったり、そんなことも普通にあるから余計に悲しい話になってしまいます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

欲しいコンセプトはコントラバスギター

 

この名を出すと「アンソニーやんけ!」となってしまいますが、個人的にはあの人よりもかなりアコースティック寄りの6弦が欲しいとは思っています。

 

ある意味、中途半端の極みと言いますか、アコギでもソリッドのベースでもコントラバスでもない。

しかし、それらすべての要素も美味しく備えているという、そんな変な楽器が欲しいなと。

 

PUについてはマグネット1発でいいですし、コントロール系はシンプルでいいですね。

ピエゾとミックスというのも良いんですが、それをやってるとまた収集がつかなくなりそうなので、そういう複雑さからは解放されたいところ。

 

イメージと理想に近いところでは、マグネットPUも載せたシトロンかな?

スリークエリートさんにお邪魔した際、6弦を試奏させていただくことができましたが、あれは本当に魅力的な楽器でした。

 

シトロンの場合、ソリッドの楽器のようにホーンがあるのも良いんですよね。

立って弾くこともしっかり考えれられているし、あれは本当の意味での贅沢なエレクトリックアコースティックベースという印象。

 

日本からもああいう楽器がもっと出てこないものかと勝手に期待してしまいますね。

劣化フェンダー、劣化アコギ、こういうのばっかりだと悲しくなります。 

 

アコースティックベースの新境地ってのを是非とも体験してみたいものです。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】