縦振動のタッチの研究 (36) 結果も成果も出るから面白い

まずは知るべき

 

プリアンプ:JFDT-HAかDr.Sim

パワーアンプ:数百WのPA用

スピーカー:15インチフルレンジ

ベース:パッシブOPB、PB、JB

 

この組み合わせを試してなお、縦振動のタッチの存在を疑う。

音を聴いても分からない、信じられない。

タッチコントロールそのものを疑問視するのであれば、それはもう重症という次元ではありません。

 

「有り得ない!」

 

そう断言してもいい。

 

何となくなんてレベルではありません。

まず間違いなくタッチの差は表れます。

 

理屈こねなくても一発で分かります。

 

成果が出なければ面白くない

 

0.001を0.002にしようと頑張ったって、それは退屈に決まってます。

そういうシステムしか使ってないんじゃ、信じられなくても当然。

 

1を10にも100にもする、そうでなくちゃつまらない。

しょぼいシステムしか知らないというのは、そういうことではないかと。

 

楽器本体にしても、タッチへの反応が悪い変化の薄いものは多く存在しています。

ベースアンプに関しても同じく、表情に乏しいものが溢れています。

 

もうとにかく味付けが濃すぎる、レスポンスが遅すぎる、「ベースらしい」という枠にまとめようとするなど、余計なお世話なものが本当に多いのが現実。

 

しかしまぁ、それだってタッチへの反応というのは一応してくれますし、大音量時のコントロールが存在していることは確認できるはず。

 

音を自分の手でコントロールする感覚がまったく分からない、伝わらない人というのは、普段触れているシステムや環境を絶対に疑うべき。

 

「弾き方でそんなに音が変わるわけがない!」というのはかなりやばい主張です。

 

しょぼいアンプや薄っぺらいヘッドホン、強烈なセッティングのエフェクターやシミュレーターなど、そういったものを使用しての音出しをメインにしているのかと想像してしまうところ。

 

【スポンサーリンク】
 

 

長く険しい道だからこそ楽しむべき

 

タッチを鍛えることが果てしなく地味な作業なのは確かかもしれません。

 

短期間で良い音を出せてしまうとか、一音だけならイケるって人もいるはと思います。

一方、それを当たり前にする、己の基礎とするには多くの積み重ねが必要になるでしょう。

 

前述のように、いくら頑張っても小数点以下の積み重ねにしかならないのでは、退屈すぎて心が折れてしまいます。

 

練習することで結果が得られる、積み重ねることで途方もなく大きなものになるからこそ楽しく、長く続けていくことも容易になっていく。

 

ただでさえ苦行じみた道になりがちなんだから、少しでも早く上達したいものですよね。

退屈を積み重ねた上に変化も結果も出ないんじゃ、不毛すぎて悲しくなります。

 

一連の流れだとお説教くさくウザく感じるかもしれませんが要は、

 

「楽しむ」

 

ってことが大事だと言いたい次第。

 

タッチを鍛えたいならタッチが鍛えられる楽器を選ぶ。

変化を知りたいなら変化が分かるシステムを揃える。

早く上手くなりたいならそれが実感できる環境にする。

 

実にシンプルで分かりやすい話でしょう。

そこに宗教だのオカルトだのって話を持ち込むのは意味が分かりません。

 

幼稚にひねくれてないで素直に体験した方が得ってもんですね。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】