ツイーター付きベースアンプの初購入 そしてベーアンとの別れ

激安コンボ

 

「ツイーターなきゃ駄目だ!」

 

とずっと考えてはいたけれど、20年ぐらい前では手頃で良いアンプなんて存在していないものでした。

 

当時の人気アンプを思い返してみますと、『SWR』【Workingman's10】なんてコンボがあったりもしましたね。

 

10インチ1発にツイーターという自宅練習には非常に良さそうなアンプでしたし、ちょっとしたセッションにも活躍してくれそうだったなと。

 

実際、12インチのコンボに関して言えば、ジャズセッションをやってる店で何度かお目にかかったことがありました。

 

しかし、どちらもそこまで安くはなかったんですよね。

5万円程度ではとても手が出なかった記憶があります。

 

そんな中、12インチ+ツイーターの構成、出力もサイズも結構あってなおかつ破格なアンプをI社が発表。

 

具体的なモデル名は分かりませんが、確か2万円ぐらいだったかな?

そのスペックと金額に惹かれて買ったのを覚えていますね。

 

先日のアンプの半額以下の値段ですが、明らかにレンジは広いし入力にも余裕もあるし、「こりゃいいもんだわ!」とかなり気に入っていました。

 

ステレオのラインINやエフェクトループまであったり、あれは本当に破格なアンプだった次第。

 

Jiraud JFDT-HAの購入

 

衝撃という言葉では済まされなかったジラウドとの出会い。

ちょくちょく通いだすようになってからこれまたブッ飛ばされたのがJFDT-HA。

 

貯金なんか全然ありませんでしたが、どうにかこうにかして第二ロットを購入。

それを今でも愛用していますし、これ以上の存在はほぼ有り得ないと考えてます。

 

ただ、プリアンプだけが優れていてもどうにもならなかったのが悲しい現実。

 

本当はパワーアンプからスピーカーから何から揃えたかったんだけど、とてもそこまで予算を回すことはできなかったんですよね。

 

仕方なく、三台目のそのアンプのプリ部をスルーして使用していましたが、ジラウドのシステムとはまったく比較にならない出音に愕然となることに。

 

あのコンボも値段を考えれば優れものだったのは確かですが、やっぱり、根本的なクオリティやフルレンジに期待するのは厳しかった。

 

これについては一つの会社だけに限った話ではなく、どんなベースコンボに入れても恐らくは実現不可能だったのでしょう。

 

どうやってもその性能を活かせるわけがない。

それぐらいJFDT-HAというのは次元が異なる存在です。

 

【スポンサーリンク】
 

 

さらばベースアンプ

 

JFDT-HAを手に入れたら後はもうパワーアンプとスピーカー。

ベースコンボには見向きもしなくなります。

 

キャビに関して言えば、前日も紹介したようにバグエンド・エピファニ・アギュラーなど良いものがあるのでそれはおすすめできます。

 

でもまぁ、そこまで無理して『ベース用』という枠にとらわれなくいいのも確か。

フルレンジで癖も少ないものを望んだ場合、ベース用から探すのはもう不毛な気がします。

 

金額的にもお買い得でもなんでもないし、店の扱いだって多いとは言えない。

ちょっと悲しくもあるけどやっぱり、ベースアンプに未練はありませんね。

 

今回のアンプの後、

 

プリアンプ:Jiraud JFDT-HA

パワーアンプ:ART SLA1 

スピーカー:Epifani 旧T-110

 

という組み合わせにいきなり飛躍することになりますが、それはもう感動しました。

サイズを考えると今でもT-110とかは取っておけば良かったと思いますね。

 

とにかく練習が楽しくて仕方ない。

出したい音が出てくれるし、レスポンスもめっちゃ速い。

 

本当に大袈裟な話ではなく、こういう組み合わせを知らなかったらタッチのこともまったく分からなかったでしょう。

 

それぐらいベーアンってやばいのが多いです。

超かったるいし味付けも濃すぎ。

ツイーターがあったって駄目なものは駄目。

 

JFDT-HAという存在があまりにも偉大すぎました。

こうしてさらばベースアンプした次第です。

 

そして最近ではそのJFDT-HAすら超えた存在がジラウドから発表されています。

ベーアンなんかで消耗してる場合じゃないですね。

 

【ブログカテゴリー】