フレットレスでフレッテッドと大差ない音が出せたら面白そう

フレットレス=甘い・温かいとは限らない

 

 

フレットレスが好きだから悩む

 

フレッテッドだけではなくフレットレスも大好きな自分。

正直、こっちをメインにしてもいいな~と思うぐらいだったりもします。

 

ただ、スラップサウンドの不満やら金属感の物足りなさやら、そういったところが問題だったりするわけですね。

 

良くも悪くもレスポンス的には遅くなる感じがありますし、「いかにもフレットレス!」な感じが常に出てしまうのも好みとはちょっと違う。

 

フレットレス一本だけで行くには割り切れない面が多々あります。

 

JFDT-C スラップモード

 

上記のついて考えていたら、「そういや自分で何かやってたな」と思い出したのがこの動画。

 

www.youtube.com

 

このセッティングについてですが、後からブーストしてワイドレンジにしているのではなく、実はもうあらかじめ強力にブーストした状態にしてあります。

 

超絶ワイドレンジなセッティングにしてあるんだけど、それに以前に配線してあるパッシブトーンをオンにすることで音を甘くするという方法。

 

甘いサウンドやニュアンスをワンタッチで切り替えられる、ジラウドのネオパッシブならではの音づくりですね。

 

言葉にするだけだと意味が分からないかもしれませんが簡単に言うと、

 

フレットレスならではの甘いサウンドはもちろん、真逆を行くアタックを効かせた強烈なサウンドも出せる。

 

こういうことだと思っていただければ幸い。

 

【スポンサーリンク】

 

 

実現できるのは知ってたけどなぜか意識になかった

 

いやはや、自分の中では遊び感覚だったってことなんでしょうかね?

実用的に使おうと考えたことがびっくりするぐらいありませんでした。

 

以前、知人が我が家に来た際に同じようなことを試してみて、「これならフレットレス一本だけでもイケるかなぁ。スラップも全然問題なさそうだし。」なんて言っていたのを思い出します。

 

フレッテッドとフレットレスと両方持っていくのも持ち替えるのも面倒くさい。

一本で全部済むんだったらそれが理想的ではないかという話。

 

しかしま~、なんでか不思議なもので、それが実現できそうな可能性を知りつつ、自分で研究してみようという意識はなかったんだと変な驚きがあります。

 

ネオパッシブ+JFDTという、その組み合わせとセッティングの面白さは理解していたつもりなんですが、『つもり』で終わってたんだとちょっと寂しいものを感じるところ。

 

やっぱりブラッククラウドは凄い

 

フレットレスにおいて懸念されるレスポンスについても、ブラッククラウドならまったく問題なし。

ジラウドのJFDT-C、スラップモードを使えばとんでもない反応速度と超絶ワイドレンジの実現も可能 。

 

むしろフレッテッドよりも速いぐらいですし、低音も気持ちよく高速に出てきます。

 

純パッシブなフレットレスの場合、リアがメインだと軽くなっちゃう印象もあったり、ちょっとキャラの強い特殊な楽器感が出ちゃうところもあるかなと。

 

それが魅力的なのは確かなんだけれども、個人的にはもっと重く響いてもほしいし、サウンドバリエーションがほしくもあります。

 

その点、ブラッククラウドに+JFDTの組み合わせなら、ボトムが薄くなる心配はありません。

リアだけでも充分なボトムを確保できるし、タッチコントロールにもそのまま反応してくれます。

 

そう考えていくと本当、めちゃくちゃ美味しいことになるんじゃないかとあらためて思えてくるところ。

 

まぁ、その幅広いサウンドバリエーションとポテンシャルを扱いきれるのかどうか、そこがまた何ともだったりしまうですが、非常に面白い可能性を感じるのは確か。

 

JFDTとパッシブトーンを縦横無尽に使いこなせれば、かなりやばいことになるのは間違いなし。

 

【スポンサーリンク】
 

 

やっぱり凄いぞJFDT

 

恐るべきはこのプリアンプのポテンシャル。

 

最近、このプリに内蔵されているスーパーミドルのセッティングについても研究していますが、10年以上所有していてもまだまだ知らないことがあって驚かされます。

 

加えてパッシブトーンとのコンビネーションまで考えると、

 

「出来ないことはない」

 

こんな気がしてきちゃいますね。

 

「フレットレスにJFDTは必要ないかな?」なんて考えていましたが、セッティング次第で大化けする可能性もあることが分かってきました。

 

自分のブラッククラウドの場合、指板をコーティングしてあるからスラップでもほぼ遠慮なく叩けますし、JFDTと組み合わせて上手く使えば、冗談抜きにフレッテッド要らずでもそっち方面を攻めることも可能かもしれません。 

 

いや本当、ジラウドはいまだに発見があるから面白い。

いつになってもびびらされることがあります。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com