ベースと健康 合谷という万能のツボから考える演奏の負担と万病への疑問

万能のツボ

 

人体のツボについて調べていくと必ず耳にする目にするのが

 

『合谷』

 

とにかく何にでも効くみたいな扱いですねこれ。

それゆえに『万能のツボ』と言われている様子。

 

親指と人差し指の交差点、それも少し人差し指寄りのあたりがポイントのようですが、その詳細については専門的な記事などから情報を得た方が良いでしょう。

 

いずれにせよ、このツボを押すと確かに気持ちいいですし、知っておいて損はない存在だと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

万病の元?

 

万能と言われるこの合谷というツボ。

 

逆に考えてみると、この付近がこり固まっているというのは人体にとって不味いことなのだろうか、そんな疑問も湧くかもしれません。

 

あらゆることにプラスになるのであれば、あらゆることに対してもマイナスになる。

そう考えるのも自然なんじゃないかって気がします。

 

まぁなんと言いますか、「親指と人差し指にあるツボ」とか、ベースを弾いている人間にとってはクリティカルに感じますよね。

 

乱暴な2フィンガー、思いっきり強く握ったピック弾き、力任せに叩いて引っぱるスラップなど、無理なことをやってるとそれだけ体に悪いのだろうかと疑問が湧いてきたり。

 

また、その付近のコリと言っても、そこそれだけの部分が原因になっているとは限らないのが厄介。

 

手首への負担、肘への負担、二の腕の張り、肩こり、首こり、背中痛、腰痛、目の酷使、内臓疲労などなど、人体は全て繋がってる故にあらゆることからダメージが発生する可能性があるから怖い。

 

困ったことに、楽器演奏ってこういう負担がかかりやすいものですよね。

このあたりについては以前にも記事にしましたが、本当に笑えないものかもしれません。

 

www.pompombass.com

 

演奏を理想的な運動にできないものか

 

これまた逆に考えれば、演奏自体が適度な運動やストレッチになる可能性などもあるんじゃないかと思うところ。

 

言葉は悪いようですが、楽器演奏というのはボケ防止になるとかそういうこともよく言われていますよね。

 

楽しみ、喜び、やりがい、生きがい、脳の活性化など、音楽を前向きに変換した時のエネルギーというのは本当に凄いもの。

 

それに加え、理想的な運動にまでなったら無敵なんじゃないかと感じるわけです。

 

まぁ、かなり空論じみていると言うか、どうしたって不自然な動作で負担がかかるというのが現実なんでしょうが、それでもやっぱり、マイナス方向に行くよりは少しでもプラス方向に作用する演奏方法がないものかと考えたいですよね。

 

どうもこう、ひたすらに負担をかけ続け、その地獄の先に良い演奏があるみたいな思想への疑問が年々強くなっている次第です。

 

それで演奏技術が身に付くのも確かだとは思いますが、肝心の体への負担が大きすぎたり、長い目で見て心身に悪影響を与えるような演奏方法になってしまっていたら、それはかなり本末転倒ではないかなと。

 

実際、コントラバスの職人さんに聞いたことがありますね。

女性のバス奏者で無理をしすぎて内臓を壊し、大変なことになった人などもいたそうな。

 

もちろん、それが演奏だけから来るものかどうかは分かりませんし、ちらと聞いただけなので真相の方も分かりません。

 

とは言え、無理な演奏や体の酷使による何らかの体調不良、健康状態に悩まさせる人が多いのは事実なのではないかと想像します。

 

楽器演奏=不健康・破滅からの脱却

 

正直言って、楽器と健康ってあまり繋がってないイメージがありますよね。

 

むしろ、体を壊してなんぼ、人生を崩壊させてなんぼみたいな思想が蔓延っていると言うか、美学みたいな扱いすらされている印象が強い。

 

そして、自分もそれに長年どっぷり浸かってきましたし、ここ最近になってようやく強迫観念みたいなものから解放されつつあるような気がしたり。

 

何かもう、自分をブラック企業・ブラック上司化して酷使するとか、それを幸福・喜び・生きがいにするとか、どう考えてもおかしい話だろうと反省するところです。

 

それぐらいしないと実現できないことが沢山あるってのも事実なんですが、努力と根性で無根拠になんとかしようとするとか、その方がよっぽど現実逃避的なんじゃないかと疑問が湧きます。

 

コンディションが良いに越したことはない、健康な体の方が良いに決まってる、まずそれが前提にあるべきなんじゃないかと今更ながら痛感する次第。

 

楽器は楽しく健康に弾きたいものですね。

 

長年のダメージの蓄積に悩むのではなく、長年の努力と成果の賜物であると胸を張って健康体になれたら素晴らしいことではないかと。

 

【ブログカテゴリー】