最強のベース用フラットワウンド Labella ジェマーソン弦 0760M

フラットワウンドとおすすめ 目次

 

 

超絶ぶっとい

 

最強とは言っても、最高におすすめというわけではないこの弦。

ま~とにかく、とんでもなくごっつい弦です。

 

1弦:052

2弦:073

3弦:095

4弦:110

 

このゲージを見ても只事ではないのが伝わるはず。

 

しかも、かなり硬質なステンレスのフラット弦と来たものです。

張りたて時のその強靭さと言ったらありません。

マイルドで弾力のある音どころか、「ゴーン!」と重く無骨に響きます。

 

「コントラバスのようなサウンドにしたい!」なんて希望があるのだとしたら、とりあえず1年以上は弾きこんだ方が良いんじゃないかと。

 

それでも完全にほぐれてくれるかは分かりませんし、実際、自分が使用した時はその元気で硬い音に半年は苦しみ続けました。

 

そのパッケージの個体差にもよるのですが、新鮮なものに当たると本当に凄いですね。

大袈裟ではなく、弾き込むことを前提に気長に向き合った方が良いと思います。

 

こいつはちょっと次元が違う存在です。

 

【スポンサーリンク】

 

 

セットアップが大変

 

そのあまりの張力のためか、よほどに強靭なネックでもない限り、まず間違いなくネックが反るでしょう。

 

下手するとペグがいかれてしまう可能性もありますし、マジでとんでもない弦です。

裏通しとかの場合、弦が硬すぎて曲がらないんじゃないかって想像までしてしまいますね。

 

その太さに対応させるためにナットを広げる必要もあるし、弦高も新たに調整した方が良いでしょう。

 

また、自分が使ってた古いトーカイのプレベの場合などは、そのままだと4弦のピッチがどうしても合わなかった為、ブリッジを後方に取り付け直しました。

 

上記の裏通しの話ではありませんが、ブリッジ穴から駒までの距離が位置が近いものだと、弦が上手い具合に曲がらなかったり乗ってくれないんですよね。

 

なるべく穴から駒までの距離を作るようにする、つまりは駒をなるべく前に配置できるような位置にしておかないと、ピッチに異常が出てしまうという印象でした。

 

それこそ、ジェマーソン弦を張ることを前提にしてもう、それ専用のベースにしちゃった方が良いかもしれませんね。

 

人にも楽器にも甘えを一切許してくれない恐ろしい弦ですほんと。

 

これでしか出ないサウンド

 

と、欠点ばかりを書いているようですが、使いこんで馴染んできた際のそのディープなサウンドの魅力と説得力ったらありません。

 

昨今の倍音煌びやかで華麗なベースサウンドとは対極にあるものですが、それだけにその潔さと飾りっけのない凝縮された低音に惚れます。

 

こうなるともう逆に新鮮ですよね。

「まだこんなベースの世界があったのか!」とショックを受けてしまいます。

 

また、この弦の場合、これに見合うローB弦というものがこの世に存在しない為、まさに『4弦の特権』として輝いているようにも感じるところ。

 

あまりにも音が深すぎるので、「4弦が最低音でもべつにいいや」って納得しちゃうんですよね。

 

多弦使いの身ですが、ローBがあってもジェマーソン弦から繰り出されるそのサウンドには勝てる気がしないかもしれません。

 

もはやそれ以上の低音域を求める必要がない、4弦の開放音の威力が凄すぎてそれに満足してしまうという、そんなポテンシャルを持っているなと。

 

扱いは大変だし、楽器は可愛そうになるし、弾いてる方も心が折れそうになりますが、それでもこの弦って弾きたくなっちゃうんですよね~。

 

ジェマーソン弦前提の超ディープなサウンドの4弦もいつかは手に入れたいところ。

 

LA BELLA ( ラベラ ) / 0760M

 

LA BELLA ( ラベラ ) / 0760M"jamerson"set

 

フラットワウンドのすすめ

 

けっこう長くベースを弾いていても、実はフラットワウンドは使ったことがないとか、ぜんぜん馴染みがないなんて人もいるのではないかと想像します。

 

そんな人に一発目からジェマーソン弦というのはあまりに酷かもしれないので、まず手を出すなら値段的な面から見ても、GHSのフラット弦がおすすめではないかと。

 

フラット弦って意外と変なゲージのセットが多いので、それが困るポイントだったりもするんですよね。

 

高音弦だけ太かったり、低音弦だけ細かったり、余計なことはしないで欲しいところなんですが、残念ながら現実には本当にそういうものが多いです。

 

そんな違和感のあるものが多かったりもする中、GHSはスタンダードなゲージでも出しているし、そこまでバカ高いわけでもないので安心できます。

 

GHS M3050

 

GHS M3050

 

それか、もう少し奮発できるのであれば、ラベラのスタンダードゲージを張るのも良いんじゃないかと思います。

 

ジェマーソン弦があまりに特殊なのであって、ラベラも普通なのは普通ですから、そのまますんなり使えるはず。

 

フラットワウンドの場合、目的がマイルドな方向であれば頻繁に交換することはありませんし、それこそ年単位で張ることになるなら、思い切って張ってみるのは有りですね。

 

LA BELLA 760FS

 

LA BELLA 760FS

 

タッチを鍛える

 

個人的に超おすすめなフラット弦の使い方は、パッシブのプレベやOPBに張ってタッチを鍛えること。

 

この際、まずは縦振動どうのを考えなくてもいいですし、シンプルなベースでぶっとい音を出す練習を積んでおくだけでも、発見・習得できるものがあるでしょう。

 

ジャズのベースサウンドに悩む人とかにしても、フラットワウンドを張ってタッチを鍛えることには大きな効果を期待できます。

 

ファンク・ソウルミュージックが好きならば、避けて通る方がおかしいって存在でもありますし、本当、フワットワウンドには堪らない魅力がありますね。

 

テクニカル系のベースが好きなんだけど音がどうも軽いとか淡白で寂しいとか、そういったことに悩んでいたりする場合にも良いですね。

 

シンプルなパッシブベースにフラットワウンドで鍛えてみることには大きな効果を期待できます。 

基本も基本、原点にして頂点、フラットワウンドを張ってタッチを鍛えれば絶対変わる。

 

太い音のエフェクターがどうのこうのと探して悩むんだったら、パッシブベースとフラットワウンドの組み合わせと購入をおすすめする次第。

 

問答無用、理屈抜きに良いものですよ。