ベースソロの難しさ・物足りなさを感じる理由について考える

ベースソロについて考える

 

音色の強さについて考える

 

「強烈な管楽器や歪んだギターに対抗できるベースソロの音色」

 

そんなことを考えたり問われてみると実に答えに困るところではないでしょうか。

 

独断と偏見から言うならばその手の楽器は基本的に

 

『うるさい』

 

そもそもが結構ヤンチャな音って印象。

 

それこそ耳に痛いぐらいの音が平気で出てくる、下手な人間が弾けばとても聴けたものじゃない事態にもなってしまうサウンド。

 

一方、だからこそ人間にダイレクトに突き刺さる音でもあるはず。

 

うるさい一歩手前か完全にうるさい音、それを音楽的にコントロールするのが一つの上手さなんだろうなと。

 

ギリギリを攻められるプレイヤーというのはやっぱり、人に印象を植え付ける術、記憶に残らせる術を心得ていると言えそうです。

 

ギターだったら【ジェフ・ベック】なんかはそんなイメージですね。

 

恐らく、他の人間が弾いたら聴けたもんじゃないピーキーなセッティングの中、超かっこよく音楽的にギターを操っているんじゃないかと想像。

 

遠慮がちに他に合わせて引いてって音ではなくまさにこれ。

 

『攻めてる』

 

並のサウンドじゃヒーローになんかなれるわけがない。 

 

ベースでそういう耳に痛いかどうかってぐらいのセッティングにしてかつ、めちゃくちゃ格好良いソロを弾くというのはなかなか実現できることではありません。

 

ベースソロにおける攻めのセッティングとサウンド、プレイとは何かと考えさせられるところ。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ベースソロの悲しい現実

 

その基本的な役割を考えた場合、耳に入りやすい高いところばかりを強調してたら邪魔で仕方ないのがベースって楽器の性。

 

歌やギター、管楽器等とまともに音域が被ってぶつかってしまうようベースサウンドとか、よっぽど上手く使わない限りは鬱陶しくなるだけでしょう。

 

加えて残念なことを挙げるならば、「いよいよベースソロだ!もう自由だぜ!」と意気込んでみたものの、その瞬間にバッキングが超薄くなったりスッカスカで寂しい状態になるなんてこともざらだから困り物。

 

ほとんどの場合、バンドで自分以外にベースはいないもの。

かと言って他の楽器にベースラインを弾いてもらうのもなんか間が抜けている。

それじゃいまいち良い感じにならないから厄介。

 

今までの音とはまったく別物のサウンドにしたらしたで変に浮いちゃったり、音楽的な根拠や必然が薄れてしまったり、そういう事態も決して珍しくはないはず。

 

そもそもの話、「ここには絶対ベースソロ!」って場面をつくることがなかなか難しいのも泣き所。

 

大体の場合、「じゃあはい、ベースにも一応見せ場を用意しておくからね」って感じに放置、とりあえずスペースを空けるだけって感じになるから悲しい。

 

それでしかも、複雑な進行と展開の中でバリバリ弾きまくることを期待されるとか、あまりに厳しいと言わざるを得ません。

 

「ベースソロかましたい!」ってタイプの人間ではない自分。

やるにしてもシンプルなコード進行で弾く方が嬉しいのが正直な話。

べつにソロタイムなんかいらないし、無理に入れてもらうよりは無い方が助かります。

 

そんな中でも絶対に求められる、またはやりたくなるベースソロってどんなものなのか?

その必要性と必然性、音楽的に強制したくなるほどの音色と説得力を持たせることはできるのか?

ベースを主役に感動的なフレーズを構築実現していくというのは、並大抵のことではないと痛感する次第。

 

「重すぎ!考えすぎ!」って自分でツッコミたくなりますが、

 

『空いたスペースをなんとなく埋めるだけ』

 

みたいな印象のベースソロを入れるのはやっぱり色々辛い。

それだったら無い方がマシじゃないかと思ってしまう面が多々あります。

 

スラップに行くのは物凄く分かる

 

充実したボトムと強烈なアタック。

サウンドのインパクトと見た目の説得力。

ベースならではのオリジナリティとその主張。

 

これらを求めると必然的に、

 

『スラップのソロ』

 

この選択肢が出てくるのも分かる話。

 

ベースソロでスラップやりたくなるのはめちゃくちゃ分かります。

 

「あ!今ベースが主役なんだ!ソロ弾いてるんだ!」

 

ってこれほど分かりやすくストレートに伝えられる奏法とサウンドもありません。

 

・問答無用で主張できる

・見た目とサウンドの迫力で圧倒できる

・お客さんにも分かりやすく伝えられて楽しめる

 

などなど、誰でも一つはスラップソロのパターンを用意しておくと便利で助かるはず。

お祭り感とか問答無用感を出すには最高の奏法とサウンドになりますよね。

 

一方、あまりにも音として分かりやすかったり、リズムの主張が強くなってしまう為か、「ここでスラップは・・・」みたいなことにもなりがちなのが難しいところでしょうか。

 

一発物やらペンタトニック系のフレーズとかには良いですが、メロディックな方向に行けば行くほどスラップならではの迫力も魅力も薄れていく印象。

 

正直、あまり格好いい音にも聴こえないように自分は感じます。

 

「ドゴッ!」

「ズギャッ!」

「ジャギーン!」

 

なんて響きなら格好いいけど、 

 

「ぺい~ん」

「んぬうぺ」

「ぺぺっぺ~い」

 

って感じばかりで続くと何か間が抜けてしまう。

 

後、スラップのソロやってて個人的に困るのが、

 

『劣化マーカス』

 

いとも簡単にこの道が開かれてしまうのが困るポイントだったり。

 

マーカスのことを全然意識してないにもかかわらず、「うおぉ・・これマーカスくせぇ・・・」ってなっちゃったりもするから辛い。

 

4弦の開放をバカスカ鳴らすパターンだと、ラリーグラハムやルイスジョンソンなど、このへんのノリにもなってきてしまいますし、パターン被りしやすいのがスラップの難点でしょうか。

 

親指と人差し指のコンビネーション。

その分かりやすさゆえの悩みどころなのかなと。

 

これをどうにかしようとダブルプルとか色々駆使するのもいいですが、これは自分的にはあまり好きになれません。

 

ペチペチの劣化三味線みたいになっちゃうといまいち。

肝心のベースサウンドよりソロばかりを優先して音が痩せたら本末転倒。

 

【スポンサーリンク】
 

 

結局どうしたものかベースソロ?

 

ベースソロって本当に難しいですね。

 

その音色の追求をすればするほどベースとしては使い物にならなくなったり、曲から変に浮いてしまう事態にもなる。

 

鉄板サウンドとプレイで行くと完全にキャラ被りしてしまったり、何が正解なのか答えがなかなか出せないものだと感じます。

 

「ソロになったらPUはリアに!」ってやると『いかにも感』が増し増しになりますが、それを良しとするかベタでつまらないとするかは何ともかんとも。

 

前述のように『そもそもの必然性』を持たせるためにはどうしたらいいのかって問題もありますし、その魅力がなければ真に魅力的なベースソロというのもなかなか成立しないかもしれません。

 

そういった意味で個人的に衝撃を受けたのは、

 

【チャーリー・ヘイデン】

 

こんなベースソロを他の誰が弾けるんだと唸らされました。

そのサウンドとフレーズの説得力ったらありません。

 

ただ、もっと強烈なサウンド下でのアンサンブルで欲しい音かと言うと話は別。

ヘイデンにドぎついサウンドや目の覚める技巧などは期待しない。

 

ソフトで美しい音、重々しく重厚なサウンドを追及するのも良いけれど、それだけを追及するには自分なんかはま~ったく無教養で品もない人間。

 

コントラバスに落ち着くなんてことも有り得なそうです。

 

そんなこんな、前述したような感覚的にまずいやばいってぐらいのポイントを攻められるベースプレイヤーはほとんど存在していないのが現実ではないかと感じるところ。

 

それが出来る人間、しかも指弾きで実際にやっていたであろう心当たりが一つあるとするならば、ライブ時のジャコなのかな~とは思ったり。

 

ジャコの音ってフレットレスとしては相当に硬質な印象がありますし、実際、大体の音源を聴いてもコロコロしてたりパエ~ンとしてたり、ベースとしては軽い方向の音に聴こえますよね。 

 

でもだからこそ、人の耳に聴こえやすくフレーズも入ってきやすい、強く記憶にも残るのではないかと。

 

恐らく、ライブでの実際のサウンドはさらに強烈で主張してくるものだったはずですし、相当ギリギリのポイントを攻めていたんじゃないかと想像してしまいます。

 

で、それを音楽的にまとめることができた理由として、そのバランス感覚やセンスはもちろん、強烈で自在なタッチがあってこそのものだろうとも考える次第。

 

安易にジャコの真似をすると結構悲惨なことになりますもんね。

 

大体はただ軽いだけ邪魔なだけって感じになるのがオチ。

タッチもセッティングも貧弱で全然主張できない。

勘違いベーシストって感じで終わっちゃう。

 

ギリギリのポイントを攻めてなおかつ、ベースサウンドとしてもグルーブも成立するって半端な話じゃありません。

 

人生の初期衝動にすらなる超強烈なベースソロとそのサウンド。

それってのは一体どんなものなんでしょうね?

低い方に行くか高い方に行くか果たして?

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com