ベースもメトロノームも歯切れの良いサウンドが好き

ベースとクリック 目次

 

 

カッ!と鳴ってほしい

 

電子メトロノームやクリックにありがちな話。

 

「ぽん・・ぽん・・」

「ぴっ・・ぴっ・・」

「とん・・とん・・」

 

って感じに鳴るやつが凄く苦手だったりします。

 

これが「カッ!」だった場合、「カ」に合わせてポイントを明確に決められるわけです。

要は歯切れがよく、拍子も頭も分かりやすくなるってことですね。

 

一方、「ぽ」なのか「ん」なのか、それとも「・・」の余韻が気になったり、それが分かりづらくなる音は本当に嫌になります。

 

その僅かな違いってのがグルーブに影響を及ぼす可能性もありますし、弾いてて単純に気持ち悪くて苦手というのは大きな問題。

 

たとえばの話ドラムのスネアが、

 

「ンタアァァァンンン」

 

常にこんな響きだったら超やりにくいはず。

 

これに加えバズドラが、

 

「ンドムウゥンン」

 

なんて感じだったら話にならないでしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

 

Wittnerのメトロノーム

 

長年愛用しているのがウィットナーのミニメトローム。

 

こいつの音は良いですね。

しっかり「カッ!」とキレてくれます。

 

水平を保たないとずれてしまったり、ガイドするどころか超気持ち悪いことになったりもしますが、まぁ、そのあたりを調節するのも一つのテクニックと言うか、リズムトレニーングかもしれませんよね。

 

究極にアナログなのでストレスが溜まる部分もありますが、でもやっぱり、それだけに音が生で良い。

 

これに慣れてくれば、

 

「ぽん・・ぽん・・」

「ぴっ・・ぴっ・・」

「とん・・とん・・」

 

が気持ち悪くなるのが分かってもらえるんじゃないかと。

 

wittner ウィットナー / Super Mini(メトロノーム)ブラック ベルなし【smtb-tk】

 

ベースサウンドで考えてみると

 

これはもう、そのまま笑えない話になってしまうでしょう。

 

「ンウウン」

 

って感じの立ち上がりになってしまうタッチの場合、自分が思い描くポイントとずれて音のピーク・低音の後鳴りが発生してしまう為、グルーブに悩み苦しみ続ける可能性がそれだけ高くなってしまいます。

 

それを本能的に理解していたり、その後鳴りのピークすらも把握してグルーブさせてしまう人というのもいますが、ま~正直、それはとんでもないレベルでの話だと思うところ。

 

何をやってもグルーブしてしまう、自分のサウンドを出してしまう、そんな領域の話ですよね。

 

一方、そんな超人的な能力を持ってない人間がそれをやろうとしても大抵はまぁ、どんくさく重くかったるいノリになってしまうもの。

 

それを解消するためにアタックや倍音を際立たせようともしますが、肝心のボトムがなくなったり機材の方にそれを求めがちになると非常にまずい。

 

今度はスカスカのベースや存在感のなさに悩んだり、抜けの悪さに苦しんだりするんじゃないかと。

 

だから「ドンッ!」と弾いたらそのまま「ドンッ!」と出てくれる楽器とタッチが重要になってくる。

 

「ドンッ!」と弾いてるつもりなのにンドウゥン・・」じゃ困ります。

 

でも、そういう特性の楽器が非常に多いのが現実。

また、そういうタッチが一般的だったりもするのがこの世の中。

 

想像以上に重要なポイントであるはずなんですが、いまいち放置されている問題のような印象が強いかもしれません。

 

ジラウドと縦振動のタッチ

 

そこを分かりやすくストレートに再生してくれるのがジラウドのベースであり回路、そして縦振動のタッチというわけですね。

 

本当に単純な話なんですが、なんだかやたらとオカルト扱いしたがる人も中にはいたりするのが不思議なところ。

 

発想としては逆にシンプル、本当に単純明解であると言えるんじゃないかと。

むしろ、そうやって変に構えて考える方が複雑で難しく、過度な幻想を抱いているように思えます。

 

と言うかなんかもう、宗教どうのとかまで言い出しちゃったり、自分で神格化しちゃってたり、妄想こじらせちゃってるような人もいるから恐ろしい。

 

こっちゃほんと、音を気持ちよく出したいだけなんですけどね。

 

「ドンッ!」

 

という音を出したいという、その条件に合ってる奏法と楽器を求めるって普通に理に適った話な気がするんですが、狭い視野による先入観やら思い込みってのは怖いものだなと。

 

直球の強み 

 

とまぁ、クリック音・メトロノームの話からは脱線したようですが、普段から分かりやすいストレートなサウンドに触れておくというのは本当におすすめです。

 

立ち上がりが遅くなりがちだったり、コロコロと軽い音になりがちなフレットレスなんかについてもそうですが、タッチコントロールが上手い人はそのあたりが自由自在ですよね。

 

ジャコなんかも様々なポジションを使い分けて弾いてたりしますし、ここぞって時に「ドュンッ!」と腰の入った音を出せるから凄い。

 

凡百のフレットレスプレイヤーとは次元が違うといまだに感動します。

やっぱりタッチが大事です。そして楽器も大事。

 

「ドンッ!」

 

を出せるかどうかでベース人生、本当に変わりますね。

自分の音が好きになります。めっちゃ気持ちよくなります。

 

【ブログカテゴリー】