フレットレスは低い弦高が意外と好き バズも美味しい不思議

バズが出る

 

弦高を低くすると言うと、まずこれが気になるところでしょう。

 

特に太い音を狙おうとした場合、アタックや倍音の方ばかりが目立ってしまったり、いまいち腰のないサウンドになりがち。

 

適正なタッチで弾けば問題ないと思う一方、弦の振幅が小さくなってしまうという物理的問題も無視できません。

 

これはもう、どんな理屈をこねたって絶対に起こる変化ですよね。

 

振幅が大きければ良いというものではないし、それはこれまでも何度も言っていること。

しかしやはり、低い弦高で太くパンチのある音を出すというのは、なかなか難しいのが現実です。

 

かなり高度な演奏技術の習得はもちろん、非常に高い楽器本体のクオリティも求められますし、効率の良い増幅も意識・理解しないといけない。

 

無神経にただ単に弦高を下げるだけだと、大抵は良い結果にならないから難しい。

 

美味しいバズトーン

 

フレッテッドのバズというのはあまり好きではない自分。

一方、フレットレスについてはこれがないと寂しく感じたりもするから不思議。

 

その絶妙な音の詰まり具合や倍音など、それが加わることによって独特なサウンドと生々しさが生まれるから面白い。

 

エレクトリックベースでジャズを弾こうとする場合、コントラバスなサウンドを目指したり、ブンブンとぶっとい音を鳴らしたくなったりするところ。

 

しかし、ここであえてちょっと腰高だったり、リアPUメインのサウンドにしたりすると、不思議な美味しさが生まれたりもするから音楽というのは奥が深い。

 

分かりやすい例がジャコですが、浮遊感が生まれるようなニュアンスが欲しかったり、フュージョンやらコンテンポラリーな方向性を求める場合、ちょっと弦高低めでバズも混じったフレットレスサウンドが活きてくる印象があります。

 

また、メロディを弾くにもこういうフレットレスって良いんですよね。

どんなに文明が発達しても恐らく、機械では絶対に真似することのできない領域であると思いたい。

 

エレクトリックベースのフレットレスだけに許された特権ではないかと。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ネックは真っ直ぐにしたい

 

美味しいバズトーンを求める場合、ネックの状態にはシビアになった方が良いでしょう。

 

このポジションはバズが少なくて太い音、このポジションはバズがよく出て軽い音など、そういう絶妙なセッティングを狙うのも有りですが、まぁ、普通に考えて状態が安定しているに越したことはありません。

 

どのポジションでもタッチ次第で音のコントロールができるという方が安心ですね。

場所によっては露骨に音が詰まるとなると、それが結構なストレスになります。

 

個人的な好みで言えば以前にも話した通り、ほんの僅かに順反りが好み。

特にジャズベタイプのフレットレスに関しては、ほとんど真っ直ぐの方が好みですね。

 

リアPUをメインにしたいし、ブンブンと弾きたい楽器でもないので、繊細なコントロールができるセッティングの方が望ましいかなと。

 

ピッチに対してもその方が条件的に有利なはず。

 

理屈抜きな一本を求めるのも良い

 

・欠点があろうがなんだろうがこいつがいい

・最高に美味しい音が出る

・存在すべてが個性になってて他は考えられない

 

そんなことを言える一本を持っているのであれば、もはや小細工はいらないと思います。

変にバランス良くしようとか考えると台無しになってしまう事態も考えられる。

 

60年代前半のジャズベをフレットレスにしたものを弾いたことがありますが、ああなるとほんと、デメリットもクソもなかったですね。

 

もう、それもこれも含めて世界が出来上がってしまってます。

それでしか有り得ない音が完成されてしまっている。

 

その個体に関して言えば、追い込みまくったセットアップがされていたのも大きいですが、それでもやっぱり、すべてにおいて完璧とか均一というものではない。

 

どうしたってゆるいところを感じるし、扱いにくさも存在する。

 

でも、そういうこっちゃないんですね。

ま~、あれは本当にとんでもない楽器でした。

 

フレットレスというのは理屈じゃない部分がものすごく多いです。

フレテッドにだって同じことは言えるけど、より曖昧で感覚的な世界という印象。

 

故に正解がなんだか分からない、好きなようにすればよい、そんな気がしますね。

フレットレスに関して言えば、弦高をちょっと下げ気味にしてバズも美味しく出したくなるから面白い。

 

完璧じゃないからこそ魅力がより際立つ、そんな世界だなと。

 

【ブログカテゴリー】